先日、藤枝myfcの成岡翔選手が今季をもって現役引退を発表した。

オオキクナル。
かつてアルビには、大井健太郎、菊地直哉、成岡翔とジュビロに同期入団の3人がいた。
ビッグスワンで3人揃ってピッチに立つ事は滅多になかったけど、三者三様に経験を積んでアルビに来てくれた訳で、いぶし銀のプレーを見せてくれた。

その他にも同じ84年生まれでは村上佑介、矢野貴章も同時期にアルビにいた。
矢野貴章は今アルビでベテランとして欠かせない。
村上佑介は長崎で引退→指導者へ。

成岡翔は引退後はどうなるのかな。
自身のアパレルブランドがあるから、指導者にはならないかもしれない。
それって元鳥栖の小林久晃みたいに、たまに解説、普段はアパレル実業家とか?

セカンドキャリア。
昔はサッカー選手は引退したら、解説者やコーチから監督になって…というイメージばかりだったけど。

今、現役時代から神戸の都倉賢選手みたいに、ワイナリーでワイン用のぶどう栽培してる選手もいる。
本田圭佑みたいな現役でも監督もやる人も。
セカンドキャリアはなんでもやれる!って中田英寿からかなぁ?

もちろんキングカズみたいに何歳でもやれるうちは現役、って選手もいる。




さっき推し選手がインスタアップしてた。

今日はヤンツーこと柳下監督の金沢戦だった福岡、敗戦だった。
ヤンツーと言えばいつでも厳しく熱い指導。ジャッジにキレて退場もあった。
調子に乗ってたりピリッとしてない選手は即、ベンチ外。

正直、ヤンツーアルビでは菊地選手はあまりスタメンになれなかった。
なんとかして使ってもらえないだろうか?と、いつもいつも考えてた。無理だったけど…



ずっと現役でいてほしいのがサポの気持ち、ずっとそのプレーを見ていたい。
でも怪我ばかりでは無理強いはできない。
必要とされている限り何処へでも行ってまだまだ頑張って!とも思う。

できれば来季も福岡で重鎮としていてほしい。九州は菊地選手に合っていると思うから。