アルビはもう敗退してたので次節当たる甲府を見ようか、鳥栖には原輝綺選手、神戸には酒井高徳選手がいて、それぞれどこのチャンネルにしようか…凄く迷っていた。

それでも、甲府-法政大はBSでやるので見始めた。

甲府は全くのサブメンバーチーム。外国人選手もいない。
だから次節には普段のスタメンを疲れ無しで出せる。

なるほどね。そう分かったら余計に法政大を応援した。

前半先制はされたけど後半追い付いて、延長へ。

交代で入って来た法政大の14番の子は、なんとなくアルビの早川史哉選手に似てる顔立ち。

大学卒業後、即プロになれる選手は少ない。運や人脈も必要かもしれない。


延長前半、まだ同点。粘るけどやっぱり最後が合わない法政大。疲れてきた。

延長後半、突き放されてしまう。甲府が追加点をしぶとく守り、勝った。


大学時代はほぼ無名、でも突然のラッキーもある。

どこかの強化部が見てくれてる、頑張れ