011.jpg
前回ここまで作りました。今回は応用編。「マステをちぎって貼って絵にする」これだけのことを今回も親玉がくどくど説明します。


■細かいところの作り方■
013.jpg
植木鉢に入った植物の根元の小さい葉っぱいきます。土や葉っぱや植木鉢の白が入り乱れていて難しそう!こんな細かいのやってられません。葉っぱは後乗せでいきましょう。下絵の葉っぱは無視して土やら木やらの茶色を貼ってしまいます。


014.jpg
たまたまうまく小さくちぎれたときは細かいところに貼って、そうでなければてきとーに。

しかし土で隠れてしまった小さい葉っぱはどうやって作ったらいいのか?


015.jpg
↑写真分かりますでしょうか。クリアファイルに下絵をはさんで、クリアファイルの上から小さい葉っぱを作っています。

016.jpg
拡大するとこんなかんじです

017.jpg
出来上がったパーツをはがして

018.jpg
キャンバスのほうに貼り変える。

019.jpg
小さいほうもクリアファイルの上で作って

020.jpg
キャンバスのほうにぺた


しかしクリアファイルははがせるけどそれほどはがしやすくないので、シール台紙の透明なやつを使ったほうがいいです。使いかけのシールの空いた部分でもできるかも。なかったら100円ショップで透明台紙のシールを買ってこよう。シール台紙なら当然するっとはがれます。

このシール台紙は「剥離紙」というらしい。「キセパ」とも呼ばれているらしく、なぜなのか調べたら「黄色いセパレーター(台紙)」の略なんですって!へー!よくシール台紙になってるあの薄い黄色いやつですね。マステ貼り絵の小物作りに使う場合は透明なのが必要だからトメパ? しらんけど。


■残りも同じように貼っていくだけ■
021.jpg
次は椅子いきます。
ここからはもう説明というより親玉の制作記録みたいなかんじ。


022.jpg
椅子が終わったらぶたたとテーブルの脚→天板の厚み部分(色が濃いところ)→天板→ぶたたの左手の順で貼ってます。貼る順番は前後しても、マスキングテープなのでぴらっとめくって下に貼っちゃったり修正も簡単。

背景に柄テープをいっぱい使ってごちゃごちゃしているので、ぶたたと椅子テーブルは無地テープを使ってます。


023.jpg
お花は細かすぎるので完全に塗りつぶしちゃいました。


024.jpg
お皿とケーキまでは直接貼りましたが


025.jpg
クリームと飾りは別で。


026.jpg
ほとんど出来上がり!あとはテーブルの上のお花です。


027.jpg
茎を作ってからお花部分と花瓶を。花瓶は薄いマステを使って茎を透けさせてます。


028.jpg
出来上がり!

作ってみると意外と細かいところが多かったです。細かいのがイヤな人はもっとシンプルな図案にしましょう。


029.jpg
側面にも窓があります。


030.jpg
逆側。こちらも窓を側面にもまわりこませてます。このキャンバスの厚みがなんとなくかっこいいすごい作品に見せてくれるのです。


この作品の実物は、現在JR名古屋タカシマヤ10階催会場で行われているイベント「LINEクリエイターズハウス」(2020/12/23/水~2021/01/05/火※元旦を除く)で見ることができます。


■まとめ■
マスキングテープをちぎって貼るだけ。


というか、この親玉の作り方は「マスキングテープを使った塗り絵」と表現したほうがいいかも。

図案サンプル.png
ポストカードくらいの大きさにこんなシンプルな図案も作ってみたい。


ブタタウミミシ.png
これも良さそう。


ブタミンゴ.png
ブタミンゴの図案はピンク系をたくさん持ってる人向け。背景の細かい柄は無視してしまおう。


前編でも書いたように親玉は「マステ100本入り福袋」を買ったのでたくさんマステを持っています。たくさんあると確かに便利ですが、実際100本全部使うわけではないので各色数本あったらいけると思います。同系色の無地と柄物両方あると便利かな~。ぶたたを作るだけなら薄いピンクとちょっと濃いピンク、茶色の3本で。すごい柄のぶたたも面白そう。

100円ショップの数本セットで100円のマステでもまったく問題ありません。10色入り100円とかもあるので活用しましょう!メーカーによって微妙に厚みや質感、粘着力が違ったりしますが、制作にはほとんど影響ありません。あと思ったほどたくさん使わないのでだいぶ長持ちします。


それから詳しくは知りませんが作った作品を売る場合マステの柄の著作権とかがかかわってくることもあるようです。売り物を作るための著作権フリーのマステが売っているのを見たことがあるのでたぶんそういうことです。お気をつけください。

親玉が書いたこの作り方は、個人的に趣味で作ることを目的にしていますのでそのへんよろしくお願いいたします。