01
ぶたたチョコ、LOFT店舗とLOFTオンラインショップで販売中です(2016/01/16)。
包み紙を使って作るマグネットなどをご紹介します。

LOFT公式
LOFTオンラインショップ
ぶたたチョコ2016の販売ページ(販売終了)


  03
この6種類が1セットです。


04
中身はチロルチョコ。つまりチロルチョコの包み紙がぶたたになっています。味は全部「生クリーム入りMilk」です。

この、包み紙にオリジナルの画像や文字を印刷してくれるサービスは、個人でも頼むことが出来てとっても楽しそうです。

DECOチョコサイト


DECOチョコサイトでは、チロルチョコの包み紙を活用できるアイテムを購入することが出来ます。ぶたたの包み紙でも作ってみました。


05
購入したのは
・ボールチェーン(税込み216円)
・マグネット(税込み108円)
・パノラマケース(税込み378円)
※価格は2016年1月16日のものです


06
パノラマケースはこんなパーツで出来ています。手前の3つ並んでいるチロルチョコ型の部品に包み紙を巻きつけて作ります。


07
包み紙は全部開けきらずに、折り目や形をなるべく保ったままチョコを取り出します。
チロルチョコの形のパーツに包み紙を巻きつけて、裏蓋を止めるだけ。


08
こんなかんじで飾ることが出来ます。


09
ジョイントパーツを使って重ねることも。


10
ボールチェーンはこんなふうになります。


11
なかなかいいかんじヾ(-ω-)ノ゛


12
こちらはマグネットです。


14
公式サイトの作り方では、一番外側のセロハンだけを使っていました。内側の銀紙にはチョコがついているし、セロハンだけ使うほうが薄くて仕上がりは綺麗かもしれません。でも絵柄によってはちょっと中身の穴の部分が透けてしまいます。画像左側が銀紙付き、右側がセロハンだけで巻いたもの。右側のぶたたのほっぺが黒くなっているのが、パーツの穴が透けている部分です。

銀紙付きのままだと透けないし、折り目がしっかりしていて巻きやすいです。でも厚みが出てしまうので裏蓋を付けるときに少し紙が撚れてしまうことも。面倒でなければ、トップ部分だけ白い紙を切って入れると綺麗にできそうです。


13
中身のチョコは美味しくいただきましょう(σ-ω-)σ

ぶたたチョコに限らず、お気に入りのチロルチョコの包み紙を使って作ると楽しそうですヾ(-ω-)ノ゛


15
チョコが入っていたケースまで活用します。
裏の原材料名などが書かれたシールをはがして、ぶたたのマスキングテープを入れてみました。