やっとこさ初詣に行けました。

除夜の鐘を聴きながらの初詣より、こうひっそりした初詣も良いなぁ〜と思いながら歩きました。
もうちょっとしめ縄太くして欲しかったな🤣

午前中は父の命日で、墓参りもしました。
風が強くて寒かったです。
ちょっと思い出した事がありまして。
ぴのこのこさんの12月24日のブログです。
勿論、その日に読ませてもらったのですが、父を思い出す内容でした。
例年、クリスマスくらいから年明けまで繁忙期で休みが無いので、バタバタと日が過ぎて今日思い出した次第です。
7年前に父も含め家族で正月を迎えた後、出張で鹿児島に向かいました。
父は合併症で闘病しており、酸素の機械を使い始めていました。
携帯式の機械も準備し、鹿児島の仕事が終わったら松島に旅行に行く計画を立てていました。
ところが、1月14日の夜に倒れ、1月15日の明け方に亡くなってしまいました。
病院の先生曰く両腕にアザが沢山有っておそらく転んでたんだろうと言われ、誰も気付いてあげられなかった事を思うと悲しい気持ちになります。
1月14日の夜もトイレに行こうとしたのかバタンと顔から倒れたらしく、顔を切っていたそうです。
死因は肝硬変で、先生曰く何日か前から苦しかったのではなかったのかなと言われて、父は長くないのを知ってたのに家族に黙っていた事を容易に想像する事ができました。

ぴのこのこさんのブログを見て助けられる事、助けられない事、勇気が無くて助ける事に踏み出せない事。
色々有るかと思います。
自分が知らない人でも、目の前の人に不運な事が起きてしまった時に悲しむ人は必ず居る事を忘れない様に、、と思いました。