一昨日、プレイヤーとの練習をして
膝の状態がどんな感じか確認をしてみました。
またLimogesのサーフェイスはかなり遅く、
と思えば、深いボールで急には早かったり。
以前にFed Cupのロシア戦、
モスクワでプレーしたサーフェイスと同じかな??
タイミングを合わせるのが難しく
下が柔らかないので、体はすごく疲れる。
しかも今の膝で方向転換をするのにパワーがいるのに
さらに反応が遅くなってしまう。
逆を突かれるとまったく走れない。
昨日から今日の1日かけて、いろいろ考えた結果、
早めの判断をすることにしました。
もちろん無理してコートへ向かい、それなりに戦うことは
できるし、やってしまうでしょう。
でも100%には程遠いプレーになり、あまりにもリスクが大きい。
あえて大会のチョイスがたくさんあるヨーロッパを選んできていましたが
結局2試合しか戦えなかった。
残念でもどかしい思いです。
でも止める決断をするしかなかったです。
きっと1回戦は水曜日。
あと3日、様子を見たところでこの膝は大きな変化はでない感じ。
………
辛い現実です。

ひとまず先へ進むために
ヨーロッパから日本へ戻ります。