先週の日曜日に東京に戻ってから
blogを書かずに過ごして来ていました。
この1週間.....

火曜日
「PRP治療」という新たな治療に取り組んでみる事にしました。
これはWimbledonにいたときにプレイヤーに帯同しているフィジカルトレーナーから
得た情報がそもそもの始まりでした。
私はこれまで聞いた事がなかったこの「PRP治療」。
彼自身が肉離れをして体験したそうで彼ふうに言うと
「PRPをやった3日後には走れるくらい治りが早い」とのこと。
Wimbledon期間中にトーナメントDr.にも試合前に出来るものか?
聞いてみたところ最低1週間は必要との事。
結局、Wimbledonではできませんでしたが
日本でもできるのか?チームDr.に確認したところ
ドーピングの問題もなく、日本でも可能との事。

そして火曜日に行ってきました。
実際にはDr.と相談して最終的にやる事に決めました。

まだ効果のほどはアスリートで使われたケースが多いわけではないらしく
はっきりと言えるものではないとの事。
でも効果が見られるか、大きな変化はなくそのままか。
悪くなる事はないと聞いてやることを決断しました。

PRPとはPlatelet Rich Plasma (多血小板血漿)の略。

自分の血液を採取し、遠心分離器に血液を入れ血小板だけを取り除き
その取り除いた血小板だけを患部に注入する治療法。

(PRP療法は若返りやしわの軽減などの美容分野で耳にする人は多いようです。)

かなり痛いと聞いていたのですが注射の痛みは全然耐えられる範囲。
実際には患部に戻した血小板が患部に行き渡り始めた頃なのか?
30分くらいしてから2~3日は歩くのでさえ困難なくらい
痛かったです。
痛いというか突っ張り感が大きく足をひきずりながら歩いていました。
1週間経った今はずいぶん痛みは小さくなり
生活には支障がなくなっています。

水曜日
JISSでエコー検査、診察
リハビリの相談

木曜日~
リハビリスタート
ふくらはぎ以外のリハビリ、トレーニング。

というわけで!
すでに始動し始めています。

テニスコートに立てる日はまだ先だし
ツアーに戻れる日もまだまだ時間はかかりそうです。
ヨーロッパシーズンで、かなりごまかしてやり続けた分と
アキレス腱を切っている左足のため
完全に治すまでは中途半端な事はできません。

しばらくはリハビリに励みます!