月別アーカイブ / 2014年07月

10時半頃にベッドに入ったのになかなか眠れず…
いつしか寝れると思ってたけど、いつまで経ってもダメで
諦めて電気を付けて本でも読んでたら眠くなるだろうと思ったけど
眠くなることはなくずっと読んでられる。
いい加減ヤバイと思って本もやめてもう一度寝てみることに。
そのときですでに1時過ぎ。
電気を消してまた寝る体制になるものの
なんとなく眠いけど寝れる気がしない。
でももう時計は見ない!
ずいぶんしてからやっと知らない間にうとうと。
朝方まで寝てるのか寝てないのか?って感じで
眠りは浅い感じで朝を迎えたって気がする。
でも意外に目覚めは悪くなかった。

練習は時差ボケのわりには元気にできたかな!?
でも練習が終わると急にしんどくなって脱力…
お昼も食欲は少しない感じ。
部屋に戻ってすぐにお昼寝。
さすがにあっという間に寝れた。
そして…なぜか目覚ましの音が鳴らなかったのか?聞こえなかったのか?
寝坊。
陽夫さんに部屋の電話で起こされました。
すぐにコートへ向かい午後の練習。

ヨーロッパから来たプレイヤーたちは
やっぱり暑さと湿度にかなり参ってる。
私は東京の湿度のおかげでそれなりにできてる。
でもこの数日でなんだかんだみんな慣れるから関係ない。

今日のPallo Altoはさらに暑かった。
夕方遅めで38℃くらいになってたみたい。
湿度もそれなりだけど、とにかく日差しが強い。
どうやら日曜日くらいまでは暑いらしい。

さてと今夜は眠れるかな?

あっ!
ドローもできて1回戦は
Pliskova に決まりました。

やっぱりここもかなりの暑さ。
日差しが強い。

とはいえ…
朝晩は涼しく過ごしやすい気候。
朝晩は20℃前後。
日中は30℃前後。

今日は確実に昨日よりは暑かった。

昨日も書いたけど
日本と比べるととにかく湿度が全然違うから
暑いといっても比べられない。

さて、今日から会場での練習 。
午前中は大会側で準備してくれたヒッティングパートナーと
スタジアムで1時間。

午後はプレイヤーと1時間。

その後のトレーニングはStanford大学の施設のジムで。
さすがはStanford!
アメリカの大学はやはり施設どれもすごい。
ここStanfordのキャンパスが広いはもちろんだけど
今日、使ったジムの充実度!
大学ってことを忘れちゃう。
でもあまりにも重いウェイトやダンベルばかりっていうのもスゴイっ。

会場のコートは日本と比べるとやっぱり遅い。
アメリカにしてはそれほど遅い方ではないないのかな???
ボールはPennでかなり飛ぶ。
実際、プレイヤー同士の練習になるとまたフィーリングも違うので
慣れるのにもう少し時間が必要。

ホテル生活になると東京での生活と比べると
時間がゆったりする。
やることは大きく違うわけじゃない。
やっぱり東京では移動の時間がかかるのが何よりも大きな違い。
あとはお家の片付けやら食器を洗ったりする時間もない。
たかがちょっとしたことだけどちょっとずつの積み重ねで
けっこうな時間になってる。
ツアー中はそういう時間がなくなることでゆっくりできる。

さて移動後の2日目の夜。
いつもこの2日目の夜が寝れるかどうか?
昨夜はけっこう早い時間から眠くて眠くて…
9時半頃からウトウトしててほとんど意識はなく、
10時半にはもう限界で寝ちゃった。
朝7時半までグッスリ。
今夜さえ眠れれば大丈夫なんだけど…

無事に到着。
ヨーロッパと比べると10時間以内のフライトはあっという間。
映画を2本観て…
急いで寝て…
そうしたら着いちゃった。

San Franciscooの空港からレンタカーで2時間くらいかかると思い込んでたけど
30分くらいでした。
どこかの街とこんがらがってるみたい。

ホテルにもうすぐ着くところで
先にランチを摂ってからホテルにチェックイン。
アンパックをして…
シャワーを浴びて…
会場へ行ってみて状況をチェック。
もうすでにプラクティスデスクにはスタッフがいてくれて
明日の予約ができました。
そしてドリンクもタオルもボールの準備もできていたので安心。

今日は移動があるもののOFF!
会場でもろもろチェックしたとは電話屋さんへ行って
アメリカの番号のプラン設定を変更。
アメリカ&カナダでの1ヶ月半の滞在の間の準備ができました。

ホテルの部屋にいるとすぐ寝ちゃいそうなので
そのまま早い夕食を摂りました。

明日から練習。

ここStanfordがあるPalo Altoは昼間頃から夕方までは
かなり日差しも強く30℃くらいありましたが
湿度が全然違うので日陰になると私には肌寒い。
建物の中は冷房で寒いし…
自然の気温差、冷房による気温差
どちらもとにかく大きな違いがあるので気をつけなければ❗️



やっぱり空が青いっtr気持ちがいい!!

↑このページのトップへ