月別アーカイブ / 2013年12月

2014シーズン最初の試合は勝利。



とはいえ….
まだ実質カレンダー上はまだ2013の年末。
なんだか妙な感覚なのはあるけどシーズンスタートには
変わりがないので2014と思わなきゃいけない。

今日のBrisbaneは朝からすごく暑かった。
なのでPat Rafter Arenaで出来たのはよかった。



もちろん湿度は高いのでかなりの汗だけど
それでも太陽の陽射しが直接当たるわけじゃないので
全然違う。



6-3,7-5

1st set、私のサービスゲームから始まり
2-1upで相手のサービスゲーム1ポイント目で
リターンがコードボールで相手側に落ちてラッキーポイント。
2ポイント目は走らされて左手でやっと返したボールが
返ったものの戻る余裕はなく見送るしかなかったけど
ラインズマンはアウトのコール。
すかさず主審が目の前に落ちたボールをオーバーコール。
私はちょうどネットに張ってあるもので見えなかったのですが
相手はチャレンジするもののやはりボールはイン。
リプレイになったポイントはダブルスフォルト0-30。
結局このゲームでブレイクに成功して
流れを引き寄せることができて1st setを取りきることができました。

2nd setに入った辺りで少しドッと疲れが出始め
動きが悪くなったと思った矢先、1-2からの私のサービスゲームを
簡単に落としてしまい1-3。
しかし踏ん張りどころだといい聞かせ、すぐにブレイクバックで2-3。
4-4から再びブレイクに成功して5-4up。
30-30からが取れず5-5に追いつかれる。
しかし再びブレイクして6-5up。
ここでは追いつかれることなくキープできてゲームセット。

サービスのタイミングの取り方を少し変え始めたので
まだリズムが自分のものになりきっていなくて
イメージとかけ離れたミスになることが多い。

それとバックハンド。
やっと腰の痛みが消えて腰の捻りを使えるようになったけど
まだ痛かったときの癖が抜けきらないのか
力が抜けてしまうことがありボールをふかしてしまう。

この2点が大きな課題となった試合。



それ以外は久々の試合だったけどまずまずのスタート。



試合後はやっぱり久々ということもあって疲れたっ。
明日は試合はないので軽めの練習のみ。

WTA Brisbane International
Brisbane, Australia

Singles 1R

Kimiko Date-Krumm (エステティックTBC)
 vs
Olivia Rogowska (AUS)

Won 2-0 (6-3, 7-5)

いよいよシーズンインです!
まだ年が明けていないのに….

今日、ドローもできて1回戦の対戦相手は
地元オーストラリアのWCでO.Rogowska。
タフな大会の中では悪くないドローなのは確か。
でも今年のITFのVancouverの大会で対戦しましたが
ボールはスピードこそないけどフラット系で
しつこくてけっこういやらしい。
Vancouverで対戦した時も簡単じゃなかったけど
明日はお互いに前回以上に簡単じゃないはず。
シーズン最初の大会で始まってみないと試合勘もどうなるかわからないし
彼女にとっては地元。

ここまで腰と肩の痛みを感じずに調整できてきました。
体も動いているのでAustralian Openに向けて
少しずつ上げていくことを心掛けたプレーをしたいと思います。

試合はPat Rafter Arena/11:30startの1st match
練習できてて良かったっ!!!

久々の試合なので
どんな展開のなるのか?
試合で体が動くのか?
試合勘はあるのか?
まったく予想がつかないけどシーズン最初の試合。
じっくりプレーができればと思います。

↑このページのトップへ