月別アーカイブ / 2010年08月

昨日はかなりの痛みで歩くのもままならない状態。
階段の昇り降り、太ももを曲げて上げたり、足を伸ばした状態で
持ち上げたりはまったく出来ず
車の乗り降りも一苦労でした。

夜、寝る前くらいから少し痛みが和らいで来た気配。
朝、起きると歩くのが痛くない。
ベッドから足を降ろす足も手を添えなくても降ろせる。
1晩で大きな大きな変化です。

かなりの回復!

生活に支障がないレベルに戻り一安心。

レスト、アイシング、低周波、軽いマッサージを繰り返す治療。

明日には大きな変化は見られないだろうけど
1日でここまで来たことは嬉しい。
まずは3日ゆっくりして様子をみるつもりなので
明日もやることは同じ一日になりそうです。

やはり朝になっても痛みは引かず
棄権することにしました。

昨夜の状態でかなり厳しいとは
思っていました。

朝、会場へ行き
すぐにWTAへ状況を説明し棄権の旨を伝え
練習をしてみることなく諦めました。

それもUS OPENが控えているからこそ
決断が揺るぎませんでした。

ドクターにエコーチェックをしてもらった結果
筋肉にダメージはなく
かなりの腫れがあるのとこと。
今はレストが必要とのことです。

軽い肉離れかと思っていたので少し安心。
落胆はしていません。
もちろんせっかくLLで掴んだチャンスを
生かして1回戦を突破したのに
戦わずにして棄権は残念です。
やはりグランドスラムでのパフォーマンスを
第1に考えると迷いは生じません。

ここで無理せず棄権したことで
US OPENまで時間があります。
まずはしっかり休んで足を元に戻すことに
専念します。
Stnfordから始まったハードコート。
San Diego,Cincinnati,Montrealと4大会。
Stanford以外は予選だったのでほとんど休む暇なく
戦い続けてきました。
気を抜けない日々でした。
来週の予定していたNew Havenも止めて
NYで調整です。
もう数日はMontrealでケアしていきます。

□■STAFF通信■□

WTA Tour
Rogers Cup presented by National Bank
- Montreal, Canada

8/18(水)現地
COURT 5 Starting at 12:00 noon 2nd Match

Singles - 2nd Round

Kimiko DATE-KRUMM     (エステティックTBC)  54位

    vs

Marion BARTOLI       (FRA)  17位


Kimiko DATE-KRUMM withdraw (棄権)

↑このページのトップへ