月別アーカイブ / 2010年04月

只今、スロベニア時間で朝9時過ぎ。

成田ーヴィエナーグラーツと飛び
グラーツには迎えがあり、マリボーまで車で50km。

こちらは予想していた以上に寒いです。
朝の時点で10℃前後って感じかな。

不安材料だった試合ですが
日本サイドの希望はまったく受け入れられず
当初の予定通り、土日の試合に決定したようです。
たったの4時間のみずらした夕方4時からのスタート。
日本からの長時間&乗り継ぎでのフライト、
時差など考えるとルールはルールとはいっても
かなりアンフェアとしか思えません。
協会サイドでもう少し早く強くITF側へプッシュしてくれれば
何とかならなかったのか??
と思ってしまいます。

ただ今はそんなことを言っている暇はありません。

明日の4時に向けて最終調整が何が出来るかといったら
何もありません。
ジタバタしてもしょうがないので
ぶっつけでやるしかありません。
ただストリンガーが今夜、日本から到着するため
ストリングも明朝しか調整することができないことだけが
今の私には不安材料。
それも考えても仕方がないので
出来る状況の中でやるしかなさそうです。

開き直ってどこまで出来るか?
今年最初の赤土でのプレー!
チームの力を借りてやってみます。

今日はドローミーティングがあり
そのあとから練習で汗を流してコートや
雰囲気を確認しながら最後の調整です。

おはようございます!
いよいよこれから自宅を出発。

試合がいつからスタートなのか?
まだ最終的なことは聞かされてはいません。

普通の状態でもアウェーで不利な条件。
ましてや今回の火山噴火という予測の出来ない事態で
調整が難しいのですから。
厳しいアジアオセアニアをくぐり抜けて掴んだこのチャンス。
極力、フェアな条件で戦える体制を
日本テニス協会サイドは、選手の気持ちになって
最大限にITF側に動いてくれたものと信じて......

行ってきます!

スロベニアに向けて出発です。

経由地は予定とは変更になりますが
トランジットの時間が短くなる分
現地に着く時間が早まります。
長いフライトで乗り継ぎがある場合は
トランジットが効率いい方が助かります。

明日、出発できるのは選手4人に監督、トレーナーの6人のみ。
可能ならば後発でコーチ、ストリンガー、チームマネージャーが
来ることになります。
こんな状況なのでトレーナー一人、Dr.、ヒッティングパートナーの
同行は断念とのこと。
誰か一人でもいないとなるとベストな状態を保つのは難しい。
残念ですが、後発組の3人だけとはなんとか合流できることを
願っています。

そして試合の日は、ヨーロッパまでの長いフライト、
時差が7時間ほどあるにも関わらず
現状は最悪の提案をされているとのこと。
あまりにもフェアじゃない!!!

どうなるのか今の段階ではなんとも言えませんが
明日、スロベニアへ行くしかなさそうです。

行ってきます!

↑このページのトップへ