みなさまこんばんは。
DAOKOです。
先週、香港アートバーゼルのカイカイキキ&ギャラリーペロタンによるアフターパーティーに
村上隆さんからお声がけいただいて、ライブパフォーマンスをして参りました。
急遽初香港! 早朝の出発から胸が高なっておりました。
J-WAVEの生放送後数時間で出発だったので、準備と興奮で眠れず、
飛行機の中で爆睡してしまいました。4時間だから、あっという間!
数時間でこの世界にトリップできるなんて...

IMG_7416.JPG
IMG_7584.JPG
 IMG_7420.JPG

日本ではみることのできないパースの街並み!
滞在時間一日ではとてもじゃないけれど周りきれず、
お買い物したかったな。チャイナなお洋服欲しかったなー、なんて。

IMG_7579.JPG

ライヴ会場は特別な数々のアート作品に囲まれた素敵な空間!

IMG_7581.JPG


アートバゼルには無かったカイカイキキの作品も沢山飾られておりました。
刺激ばちばち空間。私の好きなINVADERの作品もあり、コーフン!
渋谷や都内各地にも街中にINVADERのストリート・アートがみれますねっ。

IMG_7383.JPG
アートバゼルにて📷 Mr.さんと!!!(超パンクス痺れる)

IMG_7491.JPG
MADSAKIさんと📷 マッドサキさんの作品だいすき!

IMG_7494.JPG
パーティの最後には村上隆先生とお世話になった皆様と!📷

最高な夜でした。
弾丸香港上陸、一瞬で夢のような体験でしたが、
今後の糧となる刺激と経験をたくさん吸収できた旅でした!
またゆっくり香港練り歩きたいなあ。
発展しまくってましたよ、渋谷で日々感じている発展途上感をゆうにこえてしまう程。
めまぐるしく発展している最中の街はエネルギーがありますね。
渋谷の成長もたのしみ!

 IMG_7582.JPG
東京へ戻ってきて、
久々に絵を描いてみたり。

IMG_7508.JPG
二枚ほど、Instagramにあげております。
お絵かきやっぱしたのしーと思いました。
絵も写真も音楽もそうなのですが、
なんでこれらをこんなに素晴らしくおもうのかと考えたときに、
作品のなかには、普段日常で頭を悩ます要素である
人間関係も時間も存在していなくて、
愛や青春で構成されているのだと気づきました。
そら美しいわっ。ファンタジーとちかしいものなのかもしれません。
憎しみで作られていたとしても、作品になればうつくしいものになる。
音楽の中でしか、表現の中でしか、生きてるという心地が得られないのは、
そういう理由なのかと。
表現ってさいこうっ。音楽最高っ。

ちなみに私はさいきん、
全身全霊で青春を音楽で感じているのですが、
特にドミコ聴いてると全細胞が青い春になりますね。

一度このブログ内でもご紹介しましたが、
なんだろうもう言葉では言い表せない位、迸るぱっしょん。。。
自分のなかの細胞と奏でられる音楽がぱちぱち反応しあってるかんじ。
そういう音楽と出会えたことに、感動する、本当に。
素晴らしい感覚だなあと思う。特に生で演奏を感じているときに!
ライブ、めちゃんこ格好いいのでぜひ体感してほしいなあ。
私が出演するサカスプにもドミコ出演決定していて、愉しみ!
たったったらたらたららった〜 

今回、最後となるBLUETUESDAY。
20:30~のTS ONE MUSIC ARROWS~BLUE TUESDAY~は
皆さん聴いて頂けたでしょうか?
聴き逃した方はこの後、25:30~再放送がありますので、
再放送で最終回、お楽しみくださいね。
最終回のテーマは「女性ボーカル邦楽特集」でお送りします。
 
①心ここに在らず  /  ポルカドットスティングレイ  
※official動画がありませんでしたのでリンク無しご了承ください。 

福岡を拠点にした、超常ハイカラギターロックバンド。
2015年から活動を開始!(さいきん!)
加藤マニ監督がMV監督をしていた「人魚」という曲から知って、
最近の女性ボーカルバンドの中で一番好きだなあ。
この曲は昨年11月にリリースされたE.P. 骨抜きE.P.に収録されています。
今年バズるぞー!って感じがSNSや情報をみているとひしひしと感じますね。
メロディーラインが、キャッチーかつエモくてツボです。

②神様のヒマ潰し  /  GO!GO!7188
※official動画がありませんでしたのでリンク無しご了承ください。 
 2000年代前半を代表するガールズバンド。GO!GO!7188。
なつかしい!と思われる方も多いのではないでしょうか。
私は実は最近までちゃんと聴いたことがなかったのですが、
この曲にたまたま出会って、すごくこの曲が響いてしまって、
聴くようになりました。「浮舟」は中学生の時に耳にしていたのですが、
今聴いても新鮮!こういう雰囲気のガールズバンドって格好いいなあ。
この曲が好きすぎて、 DAOKOの
サウンドプロデューサー兼エンジニア兼マニピュレータの浦本さんに、
これめっちゃ最近はまってるんですっとお話したら、
浦本さんと片寄さんタッグが手がけていたというミラクル体験も致しました。
サビ前の独特な抜けるようなメロディが本当に凄い。
胸に突き刺さるこんなメロディーを 私も作りたい!究極のエモですね。

③凛として咲く花の如く  /  紅色リトマス   
 ※こちらもofficial動画がありませんでしたのでリンク無しご了承ください。 

な、なつかしい!これは個人的に懐メロです。
小学生の時に、姉がよく家で音ゲーのポップンを神がかった手つきでやっているのを、
みているのが好きで、 そこから自分でもやってみたら、この曲と出会って。
どうやらポップン以外にも「beatmaniaシリーズ」を代表する1曲でもあるみたいですね!
音ゲーのアンセム的存在なのかな。私は全然音ゲーは得意ではないのですが...。
THE 撫子ロックンロールという印象ですよね。疾走感のある曲調に日本ならではの和メロが
使われていて、日本の美しい音楽だなあと、今聴いても思います。
ヨナ抜き音階とか、率先して使っていきたいですよね。

最終回、いかがでしたでしょうか?
IMG_7585.JPG
T-FMさんから青を基調とした華やかな花束をいただきました🌸
 全35回に渡る放送、100曲以上の曲たちを紹介してきました。
皆様の音楽となった曲たちが、あるといいなあ。
どれも私の愛する曲たちでした。
 
これからもちょくちょく、ブログのほうでは、
オススメの曲を随時ご紹介できたらなと思います。

今後ともどうかDAOKOをよろしくお願い致します!

-DAOKO-