月別アーカイブ / 2018年09月

先日は、テルさんがツアーで東京に来ていて夜は家に遊びに来てくれました
いろいろ話して楽しくてまだまだ色々話したかったのに、夜遅くなっていて頭がよく回らない上に、ただただ、久し振りに会えてうれしくて結局朝4時まで話していたのに、、足りなかったな… 頭が動いている時にもっと!!お話ししたいです(笑)

そして、うれしい御土産いただいた!!
今週末ですが、少し早めの誕生日プレゼント!戴きました

猫ちゃん鏡
アンティークな、アーチスチックな
XjsRl_bIBK.jpg

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7052.HEIC

床に置いてみたらキューロが興味津々………
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7056.HEIC



そして、マツも、寄ってきた。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7063.HEIC


因みに、マツはもっとフォトジェニックな瞬間ありまして…………

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7037.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7032.JPG


なっ!!!?


かわええやろ?!!!!



そうなんですわ!!!!



テルさん、本当にありがとうございます
また会えるの楽しみにしてます!!

先週一週間、体が全体でとっても疲労していて何をしてもしていなくても「疲れたぁ…」と思わず何度も口にしてしまう一週間でした 

ようやく今日回復してきて本調子出していかねば!と思い、体を鍛えなおすためにも暫くスタジオまで自転車で通おうと思った。自転車だと割りかし飛ばし気味で家からスタジオまで30分かかる。電車の場合も駅までの歩行や、待ち時間、乗り換え等考えたら大体同じくらいの時間掛かるので自転車に切り替えても時間的な損失は無い。

行きは自転車で行ったわけなのだが、夜スタジオ出るときには雨がざんざん降り☔️で結局自転車をスタジオに入れ電車で帰りましたよ、と🚊折角奮起したのに雨に降られてしまった。


私の中では、今日から季節変わりという感じです。
女性って不思議なもので、生物上月の物があるからか尚更一ヶ月間の感覚は体感して季節を纏うようなところがあります。
私の場合は、体が回復した今日辺りからが新たな一ヶ月の始まりという感覚ですそして今日は新鮮な1日を過ごしました。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6799.JPG


ものすごくいろいろ考えていたこの一週間でしたが、
主に考えたる事を纏めると。

●人に期待しない、期待すべきは自分のみ。
●自身の意見は人目があろうと関係なく、明確にする。
●猫は可愛い。
●正義が勝たなくては日本はもといどこにも未来はない。

文章改ざん、記録破棄や隠蔽する政権、諸外国に血税をばら撒き使えもしない武器を買い漁り、被災地の復興に充てる資金は信じられないくらい少なく、どんどん支援さえも打ち切られていく。そのくせ議員の給料は2割増し、それに消費税が上がると考えると、議員どもの給料減らせよ!!外国に大金ばら撒いてるんじゃないよ!!!!
どこの国の総理なのか??どこの国の政治家達なのか??誰の税金なのか??………税金で飯食ってる野郎どもが偉そうに優雅な生活しているな!!国民の為に、国の為に、身を粉にしてみろと思う。
メディアも牛耳られているからどうでもいいニュースばかりで、今の政権に不利な事は一切報じられない。国民は自分から知る努力をしなくてはこの国家の元でただの飼いならされたペットのようになっている。権力を持つ者に対して腹立たしくて考えれば考えるほど余りに汚い大人が多くて泣けてくる

自分さえ良ければ良いというオトナが多過ぎる…
そこが、最近の自分の感情に最も火を付けるところです。それで他の大人も悪いとわかっている事にさえ意見すら言わない。見て見ぬ振りする人が多い。文句言って闘っている人の方がまだ良いのは人間としての温度があるから。見て見ぬ振りし意見の無い人が増えるととても冷たい国だなぁと思う。結局そういう人達も不利な立場にはなりたくないからスルーして過ごしてるだけだろうけど、それも結局自国の事なのにどうでもいい感じの人と、何かしら得してる人からしたら自分達さえ良ければ良いといった部類。
庶民は頭使わずただただ少ない給料に文句言って上の者に従うだけだし、得しているような金持ち大企業や上層部ら首相のお友達らは倫理観とか正義とかアホらしくて笑っているだろう。

ただ庶民の無関心さに関しては仕方がないのかもしれないと思った。それを真剣に考えてどうにかしなきゃ⁈なんとかできないか⁈自分には何が出来るのか⁈という発想や器は持ち合わせていない人の方が大半だと思うし、自分達のことだけを考えるだけで精一杯なのだ。どんなに国が落ちぶれてもヒーヒー言ってでも基本的には上のものに従う意識を持つ従順な国民性。

ただ、政治的無関心の民衆の割合が多いことは危うい事で、誰も入れない票、所謂無投票の多さで結局は政治家は得するように出来てしまっている、国民が無関心になればなるほど馬鹿であれば馬鹿であるほどトップにいる人間達にとってはより好都合なのだ。

無関心と無知は国を滅ぼす。
せめてどちらか意見を持ってそれを表明する。それは国民としての義務だ。選挙に行かない人もかなり増えているようだけど、国民としての唯一の義務を放棄する大人達が信じられない。どこの国に住んでるんですか?って率直に思う。大人がそういう事してるから、次の世代にその悪習が繋がってしまう。若者が担い作っていく未来を今の大人達が破壊している。


今度の総裁選に関しては、国民の直接投票ではないからぶっちゃけどうにもできないけれど… 
やはり、大それた事をしなくてもいいからとにかく、正直公正を掲げられる人がトップであってほしい。しっかりと記録を残し、最低限、悪い事をしない人がいい。
外交も大事だけれどこの災害の多い国においては、現状で被災地支援に最大限取り組むべきだと思うし、今後災害が起こった時にどう対応出来るか徹底的に見直し対策していく必要性がある。特に、東京オリンピックの前にそれを早急にやる必要があるのだから、安倍政権の税金の使い方は思い切り間違っていると、こんな自分でさえはっきりとわかる。やり方がひどい。

北海道の災害支援は5億4000万円でなんと一人当たり缶コーヒー1個分なんだそう。ただ5億4千万てつまり森友学園さえ立てられないじゃん?って。SNS上でも、「宝くじでさえ7億円出るのにね」という声があった🤭
最近のものでも、、、ウクライナに1500億、プーチンに3000億、トランプに武器5000億、娘のイバンカ基金に57億。これって普通に信じられないんだけどどうなってるの?未だに東日本大地震の被災者は家が無い状態ずっと続けてたり、原発では若い人が放射線浴びて危険な状態で仕事してるのに………何にお金使っているの?  至極、腹立たしい。。。
PwprKFHHdi.jpg
Tuu2PCQkhh.jpg
fMIU_zV4nZ.jpg


これを言っても別にどうにもならないけれど、
税金をバンバン上げては自国よりも海外へ消えてしまうお金だし、北方領土も永遠に返ってこないし、拉致問題も解決してませんよ。もう少し自分の国を大切にした方が良くないですか?

日本人の良さもみんなクソミソに消えてくよそのうち。昔の政治家みたいに、命削って世のためにと闘う人は今はいないから、権力持ったら国民を虫けら扱い。自分がよく見られたくてカッコつけているだけ。


汚い……………

大人が汚くて、冷たくて、残念だ。


自分もそろそろいい歳になってくるけれど、偉くはなりたくないとハッキリ思った。偉くなると、人は傲慢になるらしい、貧乏芸人くらいが丁度いい。本当に世の中を変えていく者は身を削らなければなし得ないから、政治家は給料低くて当たり前と思うよ、それでも誰よりも強く志持って民の為になれるような、選ばれし者がやる仕事だから。金持ちのボンボンではなく、人間としての手本となる人がやるべきものだ。

凡人は凡人でいた方がいいのだ。
権力は危うい。
本当に選ばれし者持つべき者が持たないと使い方を間違え勝手に乱射され続けるような武器のようなもの。

大人はそれが欲しくて、更に汚れてしまう。








11/25のLiveは心機一転します!

実は本日をもって事実上共同企画者だった方がプロジェクトから辞退されたので私の方で完全に引き継ぎ心機一転して進めることになりました。今後とも宜しくお願い申し上げます!

まず最初のLiveは11/25(日)にスタジオで行います。

水琴窟の続編ではないのであえてライブタイトルも心機一転しました!次のタイトルはUtakiです。サブタイトルは変わらず「燈」です。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6852.JPEG
ウタキとは、漢字では"御嶽"と書きます。
御嶽(ウタキ)は沖縄では、祖霊の鎮まる聖地や祈りの場所のことを言います。

元々、踊ることは 祈り であり 超自然的なものとの対話であるということ。昔から人々の信仰と共にあるもの。それが所謂、踊ること、舞、の原点です。

私とICHIYAちゃんは前回のLiveから共に踊る中で色々な発見があり、特に私の中では
彼女との舞の中で共有する空気感に温かさと、信頼し互いに委ねあえる強い波動を感じています。

たくさんのダンサーと共に踊ってきましたが、彼女ほど私にとって何かがグググっと来る人は未だいません。踊りの中で感じる事なので、恐らく感情云々で説明できるものではなく、身体がただただ同じ空間にいて呼応しあっているのです。

それが自分の中で、ここ最近で最も久々に舞をしているなぁ…
と染み染み感じたのです。
とても神聖でとても儚い。その中で強烈に共鳴しあえる。踊る愉しさを久々に噛み締めています。

そのような出逢いがあったのと、また、 今後心機一転して新しい冒険が始まっていくのでウタキ(御嶽)というタイトルは、これまでもそしてこれからも純粋に、踊りや音楽を、祈りや想いを込め奏で深めるという意味合いにおいてもしっくりときました。

しっかりと精進します!


そして、一応今日は節目だったので、私なりのここまでのYUGAFUを通して思ったことも記しておこう。

アーティストは自分だけが表現していればいいってものではない。一つのイベントをやるのにどれだけの裏仕事がありそれを一つ一つ準備していくのに場所だけでもお金がかかっているし、他の準備も同様。お客様は時間を作ってわざわざ見に来てくださるのだからそういう方々の為にもしっかりと作品というならば作る上での実験や稽古をして完成度の高いものをお見せできるように徹底するのがプロだと私は思う。
どうしても他の仕事があったり時間も当然致し方なく限られることもある。ただ、一人が出来ない分は他の演者や仲間が時間を作っては手伝ったりしながら代わりにやってくれている裏の仕事もある。そこに対するリスペクトと気づきや認識、思い遣りを持つことがアーティストである以前に最も大切だと思う。

"自分が表現をするということは、他人の労力の上に成り立っている" これが事実です。

表現をする場はどのように設営され運営されているか、小さなイベント一つとってもたくさんの労力あって成り立っているのです。ここはやってみてお金振りかぶって、自分で理不尽な思いを散々してみないと気がつかないかもしれないが、実際にあれやろうこれやろうと口で言うのは簡単でも準備することは容易なことではない。すなわち、企画者は自分で動いて行動をしてみること、そしてそれに伴う結果をしっかりと出すこと。

それと、やはり一度はじめたことは目標が達成出来るまで死ぬ気でやり抜くこと。途中でそんな簡単に辞めてしまうようならば初めから企画なんてするなと言いたいし、手をつけなければいい。他に頑張っている仲間に対しても凄く失礼だし、私としては到底許せることではない。当たり前だがチームとして責任感の無いような人とは表現は元よりどんな仕事もできたものではない。大きな仕事が始まる前で本当によかった。

どんなことがあってもまた日は登る。
新しい一日がはじまっていく。終わった事はすべて忘れ去り二度と後ろは振り向かない。

今回いろいろと 企画者としての立場を経験した上で、やはり一人で大変な時に気がついてはサポートしてくれている仲間がその時々でいたことが何よりも一番有り難かった。そうした小さな気遣いが時々一人で折れそうになる心を温めてくれる。小さなLiveでさえ無事に終わるように後片付けまで後日別日で駆けつけてくれたり、現状復帰までやってくれた。

今後ここからがまた出発点!
基盤を整えながらしっかりと表現できる環境にしていきたい。








↑このページのトップへ