月別アーカイブ / 2018年06月

今週は写真家の塩島さんとフォトセッションをしました。

丁度、紫陽花の見頃を迎えたばかりの日だったのでそれを見物がてら鎌倉に行って参りました。

明月院という通称あじさい寺と言われるお寺に行きました。あじさい寺と言われる寺は鎌倉にいくつかあるのですが、私の大好きな映画「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」でマドンナのいしだあゆみさん演じるかがりさんと寅次郎がデートで行くあじさい寺は成就院だそうで、それを明月院だと信じ込んでいた私は行った後から知った事実で残念でしたが、また今度成就院へ行ってみたいと思います。



明月院の紫陽花

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0167.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0133.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0168.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0169.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0170.JPG




他にも別のお寺を見学し最終的には、海へ🌊


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0159.JPG


坊主にしてから始めての撮影だったのでこうしてできた写真を見ると新たな自分を見つめているような感覚がします。


あと、手を使って色々遊びました。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0144.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0145.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0135.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0150.JPG


もう少し研究が必要だな・・・

本日もイメージを膨らませて励みます


最近思い切って坊主にしました

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0102.JPG
どうせ坊主にするんだったら奇抜にいきたいと思い金髪にしました。ただすぐ髪の毛が生えてきてしまうと思うので金髪坊主の時期はとても短いと思います。

そして、坊主になってから会った人がほとんどいませんが写真では好評です。外を出歩く時は、帽子を被っているのであまり人目にはついていないです。

坊主になった動画もあげています
よかったら

坊主が似合うと言われてますが、何かあったの?と言われたりもします(笑)特別何かがあったわけではなく、前から人生に一度は経験したいことの一つだったのでこれは20代のうちにやろうと思ったのです。20代も9月で終わるので、今はとりあえず突発的にやりたい事を優先してやってます。どうせ歳なんてとり続けるだけだから若い時間ってすぐ終わるし、やりたい事やれって感じで他人のことや先の人生のことなんてこちとら全ーく考えていませーん。

でも最近友達の一人が病気とか言って無駄に物凄く心配しています。聞いた時から結構家で爆発していた時なので色々重なって気分がもやついてそのせいで週明け坊主にしたという突発的な環境要因もあります。ただ友達が病気なことはいっつも元気で元気印の元気玉みたいな人だからこそ私は心配で、自分自身のテンションのコントロールが難しくて困ってしまいました。家族とか友達を想う気持ちって物凄く強いもので、その人達が病気になるだけでなんでこっちがここまで元気が無くなるの?というくらい、病気になった当人よりも恐らく今の私は心の元気が無いです。

なので、どうにもならないので踊りに没頭しています。
寂しさが紛れる瞬間というのが何かを作ったり、新しいものが目に入ったり、自分の動きの可能性を1ミリでも見出せたり、無いものがゆっくりと形になっていることを実感する時です。

そういう時はアドレナリンが出ているのかほんの束の間でもホッとしてそこに浮遊している自分がいます。

恐らく私は、自分から大事なものがなくなってしまう事が怖いから誰か好きな人達が病気になると真っ先に一番最悪なことを考えます。そこから、とりあえずその人達がもしも、いなくなったときにその後自分がいかに息をして立っていられるかを何個かイメージしまして、最も気持ちを麻痺させ傷がつかない方法は何かを勝手に探して悶々としております。

これくらいバカセンシティブなので、あまり悲しいものをみたりドラマチックな作品とかを見るのも好きじゃないです。誇張されたアメリカンなエンターテイメントも好きではないし、とりあえず、心がぽっと静かに温かくなるものが好きです。かといって人が病気な時にそんなの静かに見ていられるほど落ち着いてはいないので、昨日から精神を鍛え直す為に少しでもネガティブなこと考えたり悲しみに溺れそうになったら筋トレをしようとおもいました!自分の体をいじめ抜いている時ってある種の快感がありますが、それでもグッと力が入る行為なのでその瞬間ストレスって発散されているんだと思います。嫌なことや心配事ばかり考えてしまう時はそういうものを溜め込む時なので、いちいち筋トレで発散していかないと本当に心が病みます自業自得なんです。


実際に、医学の研究でも筋肉を鍛えることでうつ病のリスクをかなり下げる事が分かっています

「筋肉にはうつ病などの精神疾患の原因となる物質を解毒する機能がある」というスウェーデンの研究所の報告ですが、運動をする事で筋肉に「pgcー1a1」というタンパク質が発生し、これがうつ病の原因物質とされるキレヌリンを分解するキヌレニンアミノトランスフェラーゼ(KAT)という酵素を発生させる。

他にもよく見かける説明は、そもそも脳内で分泌されるドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質が不足がすると感情が不安定になったりうつ病の原因になるらしいですが、筋トレをするとそれらの神経伝達物質の分泌を促すということ。そして筋トレは成長ホルモンの分泌を促すので成長ホルモンは筋肉の成長や脂肪の代謝だけでなく精神面にも作用することがわかっているそうです。

よく有酸素運動のほうがうつに効果的と言われているみたいですが、実際には有酸素運動と無酸素運動に明らかな差がないことも判明されているようです。とりあえず、メンタルやばい時は体動かせという紛れも無い事実ですね

なので私も昨日から真剣にグダグダ妄想止まらない時は筋トレをしてます。今日は昨日よりは気分がイイですスッキリとまではいきませんが少なくとも、心がざわつくことに対処策を見出せたからだと思いますが、今日もルーティンとして筋トレしがっちり踊り、寝ます

体が健康な人で、何か不安で発狂しそうな時は運動をしまくりましょう!!


昨日の夜中に飼猫が脱走しました。

もう2度と会えないのかも知れないと思った時、一瞬強い恐怖と戸惑いとどうしようもない悲しみに襲われました。いつもそばにいる筈の子が、突然いなくなってしまう時、自分が狂おしくなるのと裏腹に現状はただただ平坦で、「いない」ということの事実を永遠に、永遠に提示し続けられているようでした。

一晩中近所を歩き回り続けました。貼り紙し、名前を呼び、色んな隙間をライトで照らし、家に帰って、また落ち着かずに外へ行き同じことの繰り返しでした。

そして今朝5:30頃マンションの屋上庭園の床の下に隠れているのを見つけました。

その時は、まだ帰って来ていないのにも関わらず顔が見えただけで安堵でした。生きていた、そして、ちゃんと建物の中にいてくれた。それだけで、心にエネルギーが湧き起こりました。

良かった、本当に良かった。

生きててよかった。

元気でよかった。

丁度家で騒動を起こしていた真っ最中にいなくなってしまったので、騒動は鎮火したけれど心にはぽっかりと大きな穴が空いている

自分が抱く問題というのは自分でしか解決ができない。心の痛みも恐怖も蟠りや悲しみも、家族でさえ解決はできず自分で向き合っていくことしかできない。自分の弱みに無理に意地を張っていつも溺れてしまう。

どうしたら、もっと強く生きていくことが上手くなれるのだろうか。

わたしは物体なきものになりたい。

身体を持つから痛みがある、心を持つから弱みがある、自分にどんどん溺れ行き着く果ては海の底に沈んでいるような自分なのだ。

言葉も使わず、体も使わず、水になりたい。

水になって流れてしまいたい
水なって蒸発してしまいたい
水になって、水のように生きたい

水は誰をも恨まず、誰からも恨まれず、感情や心という厄介ものは持たない。心をなくしてしまえば、どんな痛みも消えるかも知れない。心をなくしてしまえば、ただ生きてることさえも案外ラクなものかもしれない。


水はいい
誰からも恨まれず、誰のことも嫉妬せず、

水は何もせずにうつくしく威力のある輝きを秘める
絶えず動き続け変化し続ける
エネルギーを持つ


わたしも水になりたい

水という物体なき流動に蠢く無色透明なものになりたい。

↑このページのトップへ