【Rain】というタイトルで4つのシーンから成る〔Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ〕で構成している作品について。自分なりに明記しておきたいこと。

映像は昨年記録用に撮ったものなのだが、流れで可視化させるとより風景のような感じになり、自分のポートフォリオとして映像を保存するにあたりそれぞれのパートにもタイトル付けを試みてみた。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1552.PNG

また、この雨の書は、作品を作るたびに伝えたイメージに対して素晴らしくしっくりと来るインスピレーションで書き上げて下さる書家の正美さんの字。 プロジェクト名のYUGAFUの書も正美さんが書いています。



 Ⅰ のシーン、タイトルは「11月4日」。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1551.PNG

イントロダクションは、導入としてわたしが体験したとある11月4日の寒い雨の日を思い浮かべながら作った。その日は、気温がぐんと落ちた冬さながらの雨模様で気分がとても落ち込んでいた日だった。そんな日にバイトの帰り道自転車を押しながら、手先足先が雨に濡れて冷えて感覚がなくなるかのようだったのにも関わらず、わたしはひたすらその雨の冷たさを感じると心の疼きが鈍くなるような感覚がして、自ら濡れて浸っていくような感じだった。

自転車を押して歩いているとスターバックスが見えて、店内の窓ガラスは曇っていた。きっと中はあたたかいのだろう…… 家には帰りたくなかったのでわたしはその窓ガラスの曇ったスターバックスに入った。案の定店内はあたたかくて、ふと匂ったシナモンの香りが一瞬だけ胸の奥の痛いところをつついた感じがしてくらっとした。


とまぁ、上に書いた情景は本当にあったことで、その日から手っ取り早く言ったら私は洗脳の世界のようなものに誘われたのである。一人の人に依存し、精神的に激しく破壊的な一途を辿る。その一連を描いたのが「Rain Ⅰ〜Ⅳ」だ。

だから正に11月4日は記念日だ。その日を忘れることはなくシーンⅠのイントロダクションを「11月4日」とした。


「Rain」では全体通して笠や仮面、石や布などの小物を使っている。前半で笠を使っているのは、笠というのは顔を目の部分までを陰にして口元の表情しか見えないわけだが、こうして顔を半分隠すことにより表情や感情が読み取りにくいところに妙な人の見えない表情をもたらす。
私がとある人と出会う11月4日、私も相手も互いの素性は知らないけれど、それが徐々に惹かれ合うというところの雰囲気は、正に笠を被った顔に浮ぶ微笑みのようなものに近く、完全に見えないわけではないけれど、なんとなく感じるものをじわじわと匂わす、人と人の感の触れ合いを意識している。

また笠は民も被るが、僧侶達もよく被るものでもある。何かこの世とは違う次元に精神性を営み、肉体精神を修行するようなもののニュアンスも含め、見えない表情の中にはこの世のものではないような感性を含ませることで、誰かとの繋がりが尚更偶然ではなく見えないものの中で意図されていたかのような、哀しくも純粋な、人との情景を表現したいと思った。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1548.PNG

このシーンの最後は向き合って一度座った姿勢から、立ち上がって次のシーンに移る。
そこから、互いをより意識し合い、どんどんシンクロしながら関わっていく様子を表現していく。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1549.PNG

これが、イントロ「11月4日」の大まかな概要である。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1553.PNG