わかったことがあっただけに清々しいと感じるところと、同時にとてつもなくわからなくなっていく感覚と、凡ゆる感覚と疑問がトランスする。

それが体の中でトランスしているというわけではなくて、自分の体は透き通った膜になって中に濃紺と輝く星が瞬くような宇宙空間があるような感じで、わたしの脳はもはやもう頭には無いという夢遊の実現だ。

ここまで来て、日常的で無意識的な恐怖心と心的な感性が少しずつ解離してその中に宇宙の闇がじわりと伝うのがわかる。でもそれは決して液体のようなものではなく、あくまでも、どこまでも、"無"なんだ。

無が伝う時に、スパークしている星は哀しみの欠片みたいなものなのだと思うけれど、そこには感度しか残っていないから一体どの痛みから来たものなのかはわからないだろう。

人は感覚的な"有"を重視し、し過ぎている。無が漂っていたことはもう殆どの人は知らないと思う。スパークさせておくべき痛みの活きる領域が、人の感性の洞窟のような空間がほぼ残されていないだけに、感性も忘れて去られてしまう。

空間が消えると響きが消える。感度も薄れて無くなる。

感性は生み出せない。

元々あるものを消し去ったらあとは一生貪欲で浅はかな人間という血肉の塊でしかなくなる。人間という動物はどこまでも汚くなれる。どこまでも落ちぶれることができる。魂なんか簡単に棄て去り大事なものも消し去り欲望に埋もれ同じような血肉の塊で飢えた人間達と集団的にさらに埋もれる。集団でいると我が物顔でさらに血肉は汚く濃ゆくなる。人はそうやって集団で落ちぶれていく。救いようもない光景に感性が悲鳴をあげるのに限りがある、それは水の中で苦しいと思った瞬間に何秒で這い上がるか…それと同じで、我慢してその波に飲まれているうちにそこの住人となり血肉の塊で飢えを感じて肉体をギタギタに叩いていくことしかできなくなる。そしてそれはその中で年月を重ねてしまえばしまうほどに餓鬼の闇に沈み、更に光と感性のスパークしている魂を見つけてはそれを餌食にして血肉の塊は仲間を作って陥れていく。人の作り出す凡ゆる社会、コミュニティー、政治的なものには誘惑と危険があり、裏を返せばどこまでも汚い。

群れから離れなければやがて、魂が無くなり血肉の塊で妬みや情念の蠢く世界で体を焼き尽くすことになる。魂は魂が震え合うものと共鳴する。
集団心理に侵されていると魂は響きを失ってしまう。

人間という血肉の世界はとても危険な世界だ。
魂の響きと輝きを失っていない人と出逢うには、心の声をしっかりとあげられる環境に身を移さなくてはならないのだ。でもそんなことも痛みに蓋をし続け周りの目だけを気にして自分自身の胸の奥を感じないようにしているうちに、埋もれていき、いつのまにか自分という個性さえもわからず"集団の中の自分"という同じカラーを維持するための感性しかなくなってしまう。

誰かの商品となり、誰かに認めてもらい、常に誰かという周りの目を気にした世界だけに生きて、人ひとりの存在が果てしなく狭くなる。資本主義の罠でもあると思う。国も社会もそうやってできている、、どうやってもそこで生きていくしか、魂があろうとなかろうと根本的に肉体を有した血肉として生まれてしまってはその中で生きていくしか仕方がないことでもあるが……


しかし未来はどうにか変えていける可能性を秘める。魂を欠いた欲望に埋もれた血肉は腐って朽ち果てるしかないが、まだ埋もれていない感性は救える。共鳴し合えるものと出逢い、もっと響きを強く広く渡らせ合う。


もしかしたら、感性の腐った血肉さえも蘇らせる力を発揮できるかもしれない。でも、あえてそこには期待しない。これからももっとも大切なのは若い者であり、またその下の世代や子供達、新しい命だ。 力を持つことは大事ではない、それよりも一人一人が洗脳されないようにすること、集団心理に侵されないこと、それぞれが個々を意識できること…そうでなければ、弱いものを蔑ろにしない社会が一向に成り立たない。



戦争経験者以降で今の50〜60代の大人達が、現在の20代〜30代の社会を形成した。若者がどうのこうのと非難できるだろうか?
大人は自覚が無いだけに物凄く罪深いと思う。



というところで、軸を意識し今日も運動に取り組もう。良い一日を…

srOI1lm68C.jpg
Images used from my favorite art sight.

Wa8MuGRvo3.jpg


wfgjZtgbdp.jpg

jxUvLJ2gxt.jpg


41ANPAwVcm.jpg