昼間は渋谷Uplinkでピアソラの映画、夕方は銀座の丸の内TOEIにて「洗骨」を鑑賞。今度は「洗骨」の感想を綴る。

"洗骨"というタイトルで一体どんな作品なのだろうかと興味を持つのもそうだが、私の場合沖縄が舞台の作品だしテーマソングに古謝美佐子さんの"童歌"が使われていたのが決め手だった。
内容はどうあれ古謝美佐子さんの歌がテーマに使われていて悪い映画なんてある訳が無い。
沖縄と古謝美佐子さんがキーワードの映画を私が観に行かないチョイスはどこにも無い。(しかも劇中にも古謝さん登場してた!)


そして、
案の定よかった!!!
もう、感想も言いたくないくらい🥺
とても楽しんだし、今日見られて本当によかった。

そして奥田瑛二さんの表情の豊かさに驚いた。表現が深い表現力のある役者さんだなとそこにも感動した。

"洗骨"の意味を説明分より引用。
     ↓

〈 洗骨とは 〉

今は殆ど見なくなった風習で、
沖縄の離島、奄美群島などには残っているとされる。
沖縄の粟国島(あぐにじま)では島の西側に位置する
「あの世」に風葬された死者は、
肉がなくなり、骨だけになった頃に、
縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらい、
ようやく「この世」と別れを告げることになる。 



沖縄で風葬の習慣があることは色々な本を読んで知ってはいたが、洗骨というものがあることは知らなかった。こうして風習というものが土地土地に根付き、今でも行われているものもあれば時間と共になくなっていくものもある。

人間の世界、生きているものは変わり続けるものだから、物事も習慣も変わっていくものだけど、人の心の中やその感性にはいつの時代も変わらないものがあるなと感じた。

親しい人や尊い人を失う悲しみや、子が生まる時に母が感じる痛みや喜び、命のリレー。

そういったものはどんなに文明が発達してもいつの時代も女が命を繋いでいるということと、痛みや悲しみや喜びの本質は変わらない。


とても感動的だったし、シリアスな筈なのに笑いもあった。

いきなり妊婦姿で実家に帰って来た訳ありそうなユウコの結婚相手がまさかの鈴木Q太郎とは!!それに出てくるタイミングも映像の撮り方も流石、どこで笑いを取れるかわかってるような上手い撮り方するなぁ…と思って見入った。


最後に、映画監督の名前、照屋年之。

ふぅん、そうなんだ。 ステキな映画だったなぁ👏👏👏


と思って、帰りの電車で今一度"洗骨"のウェブサイト見ていたら驚いた!!監督って、この照屋さんて、まさかのガレッジセールのゴリさんだった😳😳💨💨💨💨 


えええええええそうだったのか?!!!

芸人てだけでも凄いけど、こういう作品作っちゃうんだから。ふつうに天才かよ!!と思った。


でも良かった〜〜〜〜


本当に面白かった!!!!!!

もう一度見たいな!!!!!!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9670.JPG

映画『洗骨』公式サイト
映画『洗骨』公式サイト。全国大ヒット公開中!照屋年之監督長編第二作、奥田瑛二主演。家族の絆と祖先とのつながりをユーモアたっぷりに描き、世界中の映画祭で絶賛された感動作。
senkotsu-movie.com


ぜひ予告編も見てみて✨

ユーモアと人の心を豊かに感じさせるいい映画をどんどん作って欲しい。そして沖縄の音色ってやっぱり物凄く響く。自分にとって、一番惹かれる音色なのは何故なのかわからないけれど、間違いないな、と確信した。