先週からリハーサルのため大阪に来ていて
一昨日の午後、国立国際美術館にクリスチャン・ボルタンスキーというフランス人のアーティストの展示を見に行った。

この展示は凄く印象的なものだった。


ボルタンスキーは、
歴史や記憶、死や人間の不在と存在の痕跡をテーマとして表現し続け、ナチスの暴力、ホロコースト以降の社会における死について問いを投げかけてきているアーティスト。

彼の一貫した創作のテーマから、
永遠に色褪せることの赦されない過去からの現在進行形である闇の中の光を示しつづけているような展示だった。


空間を祀り、空間に陥れる。
作品の中の一つ一つが、見て見ぬ振りのできない「不在」の集合体。そこにただよう響き、光や影、物の角度は、人間の欲望が取り止めなく生み出していく社会の不条理さや世に生まれる人々の哀しみの抜け殻を象っているかのようだった。


そこに対して、見ている者がシンパシーさえも抱くことができずに佇むことしかできない無力さを感じさせるのだ。

写真撮影を許可している事においてとても不思議に思ったけれどどうしても撮ろうという気は起きなかった。何故ならそこは不在の山だからだ。
それを撮影したところで断片的に写る物体はただのインテリアのオブジェにしか見えない。

ただ、言われた通りどこでも写真を撮りまくっている人々が大半で、試しに彼らが携帯のカメラで撮ろうとしているものを覗いたけどやはり無意味な物体にしか写っていない。しかし、撮影している人間達を俯瞰し全体でその空間の構図を見た時に驚いた。無意味なものを撮影している人々の姿があるこの空間の風景が私にはかなり怖いと思った。

見に来ている人がインスタレーションの作品の一部になっているというところに後に一緒に見に行った人と話して気がついた。
この[Lifetime]という展示の完成形は、現代の機器であるスマホで写真を撮影している人々の姿があって完成するのだろう。

私がその展示を見ていた時に、大人が楽しそうに記念撮影する中、赤ちゃん連れで来ていた夫婦のベビーカーの中で泣き叫ぶ赤ん坊の声が響いていたり、展示作品の一部にある心臓音が聴こえたりしている中、大人が酷く無機質に見えてたまたま泣き叫んでいた赤ちゃんの声がまるで誰にも聞こえていないように感じた。

子供の恐怖や悲痛の訴えは大人には聞こえていない。
何も考えず、考えることや感じることを麻痺させられていて、社会の流れに乗せられ、必死に命が訴え掛ける響きには完全に気が付きもしなければ、それを黙認したとしても感覚が疎くてなんとも思わないのだろう。


それがボルタンスキーが創作する作品を通して表現するメッセージの一部になっていると思った。人間が持つある種の性質は常に現在進行形の過ちなのだ。


いつの時代も人は残酷で弱く、傷つけ合うことで得をする人間に支配され不幸が無くならない時代はない。


この葬り去られた光を尚灯し続けること、
それは単に絶望の闇を見せているのではない。
その痛みや響きを代弁するようにアーティストが作品に命を掛けて表現する。入れ替わり立ち替りする無関心な世の中に必ず存在し続けなくてはいけないトランスミッターの役割があるのだ。


戦争と平和は紙一重。


人は選ぶ道をよく考えなければ一瞬で万物の灯火を消し去ってしまう。

生命を繋ぎ続ける人間の一人一人は単体ではなく 過去も未来も、先祖も子孫も、悪も正義も、毒も闇も光も、すべてが自分である。

私がクリスチャン・ボルタンスキーの[Lifetime]で感じたことでした。



_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9969.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9968.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9970.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9971.HEIC

昼間は渋谷Uplinkでピアソラの映画、夕方は銀座の丸の内TOEIにて「洗骨」を鑑賞。今度は「洗骨」の感想を綴る。

"洗骨"というタイトルで一体どんな作品なのだろうかと興味を持つのもそうだが、私の場合沖縄が舞台の作品だしテーマソングに古謝美佐子さんの"童歌"が使われていたのが決め手だった。
内容はどうあれ古謝美佐子さんの歌がテーマに使われていて悪い映画なんてある訳が無い。
沖縄と古謝美佐子さんがキーワードの映画を私が観に行かないチョイスはどこにも無い。(しかも劇中にも古謝さん登場してた!)


そして、
案の定よかった!!!
もう、感想も言いたくないくらい🥺
とても楽しんだし、今日見られて本当によかった。

そして奥田瑛二さんの表情の豊かさに驚いた。表現が深い表現力のある役者さんだなとそこにも感動した。

"洗骨"の意味を説明分より引用。
     ↓

〈 洗骨とは 〉

今は殆ど見なくなった風習で、
沖縄の離島、奄美群島などには残っているとされる。
沖縄の粟国島(あぐにじま)では島の西側に位置する
「あの世」に風葬された死者は、
肉がなくなり、骨だけになった頃に、
縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらい、
ようやく「この世」と別れを告げることになる。 



沖縄で風葬の習慣があることは色々な本を読んで知ってはいたが、洗骨というものがあることは知らなかった。こうして風習というものが土地土地に根付き、今でも行われているものもあれば時間と共になくなっていくものもある。

人間の世界、生きているものは変わり続けるものだから、物事も習慣も変わっていくものだけど、人の心の中やその感性にはいつの時代も変わらないものがあるなと感じた。

親しい人や尊い人を失う悲しみや、子が生まる時に母が感じる痛みや喜び、命のリレー。

そういったものはどんなに文明が発達してもいつの時代も女が命を繋いでいるということと、痛みや悲しみや喜びの本質は変わらない。


とても感動的だったし、シリアスな筈なのに笑いもあった。

いきなり妊婦姿で実家に帰って来た訳ありそうなユウコの結婚相手がまさかの鈴木Q太郎とは!!それに出てくるタイミングも映像の撮り方も流石、どこで笑いを取れるかわかってるような上手い撮り方するなぁ…と思って見入った。


最後に、映画監督の名前、照屋年之。

ふぅん、そうなんだ。 ステキな映画だったなぁ👏👏👏


と思って、帰りの電車で今一度"洗骨"のウェブサイト見ていたら驚いた!!監督って、この照屋さんて、まさかのガレッジセールのゴリさんだった😳😳💨💨💨💨 


えええええええそうだったのか?!!!

芸人てだけでも凄いけど、こういう作品作っちゃうんだから。ふつうに天才かよ!!と思った。


でも良かった〜〜〜〜


本当に面白かった!!!!!!

もう一度見たいな!!!!!!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9670.JPG

映画『洗骨』公式サイト
映画『洗骨』公式サイト。全国大ヒット公開中!照屋年之監督長編第二作、奥田瑛二主演。家族の絆と祖先とのつながりをユーモアたっぷりに描き、世界中の映画祭で絶賛された感動作。
senkotsu-movie.com


ぜひ予告編も見てみて✨

ユーモアと人の心を豊かに感じさせるいい映画をどんどん作って欲しい。そして沖縄の音色ってやっぱり物凄く響く。自分にとって、一番惹かれる音色なのは何故なのかわからないけれど、間違いないな、と確信した。

本日は映画鑑賞日和。
昼は渋谷Uplinkにて「ピアソラ 永遠のリベルタンゴ」を観て、夕方は銀座の丸の内TOEIにて「洗骨」を鑑賞。

まずは、ピアソラのドキュメンタリー映画の感想🎬


ピアソラの映画は彼の伝記に沿ったドキュメンタリーだったがYouTubeの宣伝を見て興味が湧きすぐ見に行こうと決めたものだった。
感想は、私はこの映画を見るより純粋にピアソラの音楽を聴いている方が遥かに彼の人生が滲み出ていていいと思った。
映画はゴチャゴチャとしていて分かりにくかったし、全体的に編集も荒かった。ドキュメンタリー映画にするならもう少し見やすいように出来上がっていないと、自分で新聞や雑誌や写真資料や、音を読み漁っているような感じで忙(せわ)しなくライブの映像出てきたと思ったら、聞かせずにまたストロボのように次から次へと情報を詰め込む。だから、結局、わからない。
勿体無いなと思った。もっと、じっくりと最後あたりでタイトルにもあるリベルタンゴを聴かせるようにしてあまり前半にライブ映像出し過ぎたり音を強調し過ぎないほうがいいな。締まりがなかった。

ピアソラの音楽が好きなだけにちょっと残念だった。

そして、ピアソラの名言的な言葉を聞けてよかったけど、それが、ど頭に出てきてしまったものだからそのあとのその言葉の力といったものが持続されず、強い言葉なのに後々触れられることもなく風化されていった印象を覚えた、それも残念な点だ。


ただ、映画云々ではなく、やはり印象的だったのは彼が言い放っていた言葉だ。

「過去を振り返るな。
昨日成したものはゴミ。」

ピアソラはそういって前日に書いた譜面を破ったり、過去に書いた楽譜を燃やしたりしていたそう。

これって彼の生き方やアーティストリーをよく感じられる言葉だなと思った。

大体自分が生み出したものって売りたくなかったり手元に置いておきたかったり、なぜか大事にしたいと思う人は多いと思うのだけど、それを、"昨日成したものはゴミ"といってどんどん手放す彼に物凄くメラメラとしたクリエイティビティを感じる。生み出す時って、持っているものに執着なんかしないんだなと思った。創造のエネルギーが優っているから。昨日まであったものなんてどうでもいい、今生まれてくるものがすべてだという感覚だと思った。

そんな彼でも「一夏ピアノの前にいたが一曲も書けなかった」と息子との会話で言っていたように、そんな時期もある。いつでも生まれてくるものではないからこそ、創るエネルギーがある時にはそこに命掛けていかなければいけないんだなと、よく感じた。


いろんな意味で勉強になったし、やはりピアソラは天才だなと思った。また彼の音楽を聴くときにはもっと深く聞き入る気がする。彼が死んでも彼の音楽は生き続けている。芸術は魅力でしかない。


_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9607.JPG









↑このページのトップへ