人というのは何処までもわからない
自分の事さえわからなければ親もなんのこっちゃ何処に痛点あるのかもよくわからない

ただ向こうの人生うまくいかないようなイライラと、たまたまこっちの色んなイライラとが重なった時に言った言わないの言い争いと共に傷つけたとかどうのこうのまで発展し、すぐに私が死ねばいいのでしょう?と相手に言われると、

ええ?そんなこと言ってないし、どうやってそこに結びつけるのかな?と思ってそこの発言をいじってしまうと同じループを3周、5周、8周……くらいしていく。

まじで母とは口論したくない、
意味ないこと言い合って勝手に傷つかれてしまうし、いやこっちもかなり痛いのだけど、そんなこと発言しても完全に違う方に取られるし結論何を言っても無意味な状態になる、口争いの典型だと思う。


わたしは、生まれたことを恥じている、というよりも
生まれてきて、うれしいとは思えない
寧ろ、悲しいことばかりだし傷つくことの方が多い
そう思うと生きるということは試練と思う
人間に生まれるというのは
辛い目に遭うために生まれてきたのだと思う

そうでなければ人間になんて生まれ変わりたくはない
人間の世界になんて生まれるのは
前世やその前の行いが何か問題だったからなのではないか?とさえ、思うよ


人間に生まれるということは
辛さを実感しろという意味なのだろう

今生きている皆んなそれぞれが
痛みを感じる為の使命あって生きているかも知れない

何かを伝えるために……
とかいうのはやはり人間特有の解釈だよな

結局は
痛みを感じるために生きる
痛い痛いと言って喘ぎ、
痛い痛いといって心身傷つき、
痛い痛いといって… 人は生きる
痛みは生きる意味なのかもしれない

そんな痛みを、
どうにもカムフラージュしたら嘘になる気がした

痛みを感じない方法なんて
本当は存在しないのに
わざと自分で作ってしまうのだろう
痛みを取り除いた気になってしまうのだろう
痛むために生きているのに
痛まない方法なんて探すから
余計に傷ついたことに敏感になりすぎるのだろう


生きていれば傷がついていくものでも
傷を自分で作って自分の痛みを痛みで塗り固めて
痛いことを誰かのせいにして

生まれてきて、生きているから、
痛いのに

傷つけられたと
痛いと
誰かのせいにするのは
防衛ではなく、ただの攻撃ではないだろうか



痛いと、
傷ついたと、
言えるだけましなのだ





痛いと言えなくなったら、
亡き骸のように穏やかで

そのときは
本当に闘い抜いた戦士のように
休息と命の充電期間に入る




いま生きている人は
命という電池を使って生きている
痛みを感じながら
日々命を消耗させながら時を過ごしている










マツコが失踪してから二週間になる

その間にいろいろあった、
失踪した次の日に祖父が亡くなり、その翌日には家族葬で送り出し、行ったり来たりしながらも猫の捜索をひたすらしていて、明け方と世間の人々の出勤前くらいの時間と、夕方も日暮れ時と真夜中と2回ほど探し回った。勿論すぐに動物保護センターや保健所や警察にも連絡し、チラシやポスターなどもマンションはじめ近所の掲示板にも貼ってあるし、迷い猫のサイトも数カ所に掲載してある。


失踪からの日々、悲しむ間もなく時は過ぎていって、この数日間はもう探すのを諦めていた。だから、悲しいだけで何もできなくて、悲しいのを忘れる為に作業したりしている。


お爺ちゃんは、有り難くも皆んなと時間を紡いでこの世からいなくなっていった。残されているものに心の準備期間を与えてくれた。お陰様で、悲しいというよりもただただ素直に"ありがとう"という思いしかない。そんな気持ちでお爺ちゃんの亡き骸をひたすらに眺めた。その横で火葬されるまでの間もずっと三線弾いてたし、歌も歌った。生前と死後も、変わらずわたしの中にはおじいちゃんが同じようにいるのを感じている。

本当にありがとうと思う。いつまでも思う。
これまで命を繋いだ祖先に対してなんの感情も無かったけれど、祖父の死を通して"ありがとう"という想いが芽生えた。それが今回の体験だ。



猫のマツコの場合は、
祖父の亡くなる前日にいなくなってしまったのだが私が外出中で、その時家には母と義父と伯父がいた。いつものようにベランダに出していたらしいが、そこからマツコは柵の下をくぐって何処かへ行ってしまった。



私が帰宅した時にはもういなくて、
皿やキャットタワーのハンモック、おもちゃや、いつも寝ている椅子など、不在の跡が生々しく目に映った。
その日は一時間置きに起きて外を見回った。

その日から寝不足も寝不足だけど、次の日の朝には祖父が亡くなり葬儀だなんだで、失踪した次の日から2日間はマツコを捜索することもできなかった。



皆は、マツコがお爺ちゃんをあの世へ無事に連れて行ってくれたんだと言っているのだけど、もしそうであったとしても、なんとなく私は信じられるようであり信じられない気持ちを抱えてひたすら、現実的に探すしかなかった。
それで数日前から自分の足で1日に何回も外を探すのはやめた。探しても確信も宛もないからだ。ただ闇雲にいくら探しても見つからないし、ただただ、空虚になるだけで、失踪した日から日に日に心が堕ちていくのを感じている。


いなくなって一週間くらいはあまり痛みは強くなく感情にも触れないようにしていたのもあって気丈だったけれど、今となっては時折ふわっと悲しいのが溢れてくる。特に家族と時間を過ごしていると悲しくなる。

だから極力外にいた方がいいのかもしれないけれど。


外にいて解決することでもないし、無駄な外出はしない。スタジオと家の行き来だけで充分だ。



動物にあまり感情移入してはいけないのだと思う。
私の場合、家柄小さい頃から動物に囲まれていたし、動物達が死んでいくのも当たり前のように見ていたが、自然の成り行きに対してそこまで痛くなるほどの哀しみはしなかった。勿論死んでしまうととても寂しかった、、、けれど、動物は生きることだけに力強く徹しているし、いっしょにいてくれてありがとうという感情の方が優って悲しいと打ち拉がれたことは今までなかった。

しかし、こうして大人になって改めて動物を飼い始めると、子供の頃とはまったく違った感情で動物に相対している自分に気がつく。

まるで人のように、親子のように、恋人のように接しているのだ。


だから、悲しくて、いなくなると辛くて、
胸が痛い。喪失感になっている。
思い出してしまう、どうしているかな?と。最初のうちはひたすら、ご飯食べてるかな?お水飲めているかな?他の猫にいじめられていないかな?……
そして、家の中にいた頃の歩いている姿、寝ている姿、目つきや、仕草や行動の全てを思い出し、私は一匹の猫をひたすらに愛し過ぎていたことに気がつく。
だから悲しくてたまらない。
どこに行ったかもわからないし、跡形も無くただ消えてしまうのだから。


わからない。


それで、悲しくて辛い。





こんだけ文明が発達している時代にも関わらず、猫一匹見つけられない…

こんだけ文明が発達している時代にも関わらず、普段現実的な考え方しかしないような人々が、無理矢理、お爺ちゃんをあの世に導いてくれたとかいった空想を語る。

そんな事、、アル?


そんな事、、、誰にもわからないこと、、話したとして、、物語の主人公のように あとは想像でしかない、
"めでたしめでたし"と言うだけで終わるんだよね
それは人だから。



人は動物を所有してしまっているんだね。



でも、動物しか今の殺伐とした人の心を癒すものはないんだよね。


コミュニケーションを取るのも、もはや人同士よりも、それを温度で埋めてくれる猫や犬だったり、そんな存在が何よりも優しく温かく感じるんだよね。



人のように扱ってしまっているんだよね。





だけど、どんなに愛しても、猫だから。。。

動物を愛せるのはうれしいけれど、人間の思うようには、、いかないよなぁ。


マツコを愛し過ぎたかな…

って、ほら、そう言っている私も、既に動物に対する所有のエゴイズムな発言だよね


どうにもならねえな。



あー、悲しい。


生きるって、辛さの連続だね
どんな喜びも裏には悲しみがついてくるから

喜んでる場合じゃないのかも知れない。


喜びの数だけ悲しみがあるとしたら、
楽しいことは避けて生きたらいいのかもしれない


楽しむから悲しいことも増えるのでしょう?


でも逆もあるかな、

悲しいことが多いと無駄に喜びが増えて一気にまた突き落とされる。



結局、生きてる限り、、、
どっちみち、、

同じようなことになっていくのだろう……

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1446.JPG












最近は、感覚が生まれ変わるかのように何を見ても新鮮だし、感覚的に感じるものや感じ方が変わってきた。

それで、自分が作りたいと思っているものは既にコンセプト的にはできあがっていることを知る。

祖父の容態とは裏腹に、わたしの中には祖父と過ごす時間とその余韻の狭間に、新たに生まれてくるものがあるのが不思議だ。

なぜ……………?

と思うけれど、
わたしの中には既に芽生え始めているものがある。


そして、そのエネルギーを感じることは数日前までは痛みでしかなかったのに、今では、物凄い勢いで自分のエネルギーを注げるものになりつつある。つまり、作品はもう作り始まっているのだ。それも世果報というテーマを一貫して…。


一昨日、
去年初めてやった作品の写真や映像を見ていて心底驚愕した。わたしは既にやっていて、やろうとしていたんだということがわかった。

わたしが表現しようとしている事は、よく分かる、まだ技術が見せ方が変えていけるはずなのだ。

今自分の身に起こっている事、葛藤、祖父のこと、感覚的な変化や、政治的なムーブメント、そして普遍のテーマ、今起こっている事は、まるで読まれているかのように前にやった作品には組み込まれている。人の輪廻転生。そして、今年の4月に大阪でMittoさんと踊ったduoもそこに通じていた。何か、物事は常にシンクロしていくのだろう。それは漠然とわかっていても、自分を信じられなかったわたしにはそう考えるのは以前は酷な事ではあったが、…

今では、はっきりと言える。

わたしは既に見つけている。



『YUGAFU 〜水に揺蕩う命の記憶〜』
これは紛れもなく私の追い求め続ける作品だ。既に上演したものではなく、これからも続けるものだ。

やった時は、とても辛かった。…
事務的な現実的な事にとても振り回されて辛かった。乗り越えきれなかった。
でも、やってよかったのだという事を今になって知る。一年以上経ったのに今更のように…。



作品に込めた想いもエネルギーも、わたしにはどう転ぼうとやらなくてはいけないと思って作った作品だ。
わかっていても、わたしにはやった事が実際無駄だったと………自虐的に考えるしか痛みを乗り越える方法が無かったのが未熟だったと思う。その瞬間は尊かったし、作り上げたものは永遠だった。


そして、今はすべてが終わっている、

だけど、これから必ずパワーを養い、前回よりも良い世果報を創ろうと思う。それはどう転ぼうと私は今後後悔をしないと思う。一瞬一瞬が永遠なのだ。作品は妥協していない、、、命を懸けてやっていないから後悔になる、つまり私はまだまだ力がしっかりと余っているのだろう。



YUGAFUを表現していこうと決心できてすこしうれしい。妥協しない、人生に腐れない、、というより、もう腐れたくないよ…

大事にしたいものを伝える
大切に思う人達を大切にしていく

それに尽きると感じた。



今は次の作品に向けインスタグラムにひたすら前回の写真や動画をアップしている。snsではあるが、snsとしてではなく、自身の制作のポートフォリオとして更新している。同じ写真が何枚もあっぷされたり、sns的にはかなりウザいことだろうけど、知ったこっちゃねえよ フォローなんてさ、外してくれて結構なんだ。
人に傍観されてるほどつまらない事考えてないから。


自分のやろうとしてる事で脳味噌は滾っている



負けない、
ぜったいに私は次に繋げる

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1666.HEIC

swO2U532EG.jpg


_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1537.HEIC

↑このページのトップへ