2018.2.10「DAY 1 」

この場所でのLIVEはDaizyStripperにとって初めての会場。


少し独特な箱の構造で会場の天井がとにかく高くて照明映えするなという印象。



_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2711.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2710.JPG




そして


LIVEが始まる




_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2761.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2764.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2765.JPG



緊張感の中「AGAIN」から始まり、次曲「TRUTH」を演奏しようとして始まりの音が流れた時に客席から歓声が聞こえた事が印象に残る。
他にも「DIRTY STARRY」の始まりのSEが流れた時にもね、大きい歓声が聞こえたのが凄い印象に残るよ。

あーゆー歓声聞くとね、単純に俺達の心も凄く上がるんだ。
君達が想像してる以上にトレゾアのチカラって凄いんだよ?




そしてこのツアー恒例のその日の会場からランダムで選ばれたオーディエンスのリクエストによって演奏する曲が選ばれるコーナー

〜貴方の「忘れられない」1曲〜

この日選ばれた曲は

「東京ホライズン-Day&Day-」!!!!

久しぶりの久しぶりの久しぶりの久しぶり過ぎるこの曲、、、

だけど俺はリアルタイムで曲のコード進行思い出しながら気持ち込めて演奏させていただきました。




2018.2.11「DAY 2」


実はこの日から前髪を短くしてからLIVEをした

↓↓↓↓




↓↓↓↓



_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2725.PNG


小さな変化に気づいたやつらなかなかやるなあ◎

すぎょい◎



そんな

LIVEはね、DAY 1に負けないくらい白熱したよね

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2758.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2759.JPG


この日、

実は超超超個人的に印象に残ったのは

「La Vie en Rose」

その理由は「ステージに住む魔物」or 「ROCKの神々」によるイタズラで
この曲の俺がギターソロを弾く直前にギターソロのフレーズが飛んで頭の中真っ白になってしまい心の中で

「あ!デタ!!1年に2〜3回くるこのパターン!」

「仕方ない!ギターソロはアドリブアレンジで演奏だ!!」

って思ったからアドリブプレイ


結果

まあ、これはこれで面白い。

そもそもギターソロは音源通り弾かなきゃいけないルールなんて何処にもないし
それこそ、Ken様のようにほぼ毎回アドリブで演奏されるGuitarist様もいらっしゃるし
良いキッカケになったよね。

その瞬間瞬間の閃きを大事にしたいしその時の感情をより楽しみ表現たいと更に想えるキッカケになったよ。



そして今回の


〜貴方の「忘れられない」1曲〜は


「彼女はエメラルド」


NICE チョイス!!笑


その時にステージの上で言ったけど
この曲は、まゆが一時期DaizyStripperを離れて4人で活動していた時にも演奏していた曲で
今までは、まゆが弾くギターソロもその4人で活動していた当時は彼の分も俺が弾いていたけど
このソロは、まゆのように軽やかに弾けなくて、すげー練習しまくって克服した思い出がある。

あの頃にこの話は誰にも言えずひたすら隠してたけど
こうしてステージでも過去の自分の弱さを言って自分の弱さ認めることも大事だなって。
ごまかし続けないで自分の弱さを認める強さもあるんだなってDaizyStripperを通して感じたよ。


まだまだ色々な発見や経験をして生きたい。


俺は成功よりも失敗から沢山の事を学んだからこれからも真剣にいっぱいチャレンジした上で失敗した事から得た事を未来の自分に繋げたい。



大阪、インストアイベントも含め素敵な3日間をありがとう。


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2673.JPG


2018/2/6

この日のLIVEはいつもとは違った畑のアーティストとの対バン。

会場入りから空気感の違いを感じ普段とはまた違ったドキドキを感じる俺。

そして始まるリハ、、、

風弥、ReiがKidsの頃から憧れる対バンの先輩様達に見守られながら俺達はリハをしたんだけど、
緊張のあまり風弥くんはリハで曲の構成をミスったり普段はしないようなドラミングをしていてぎこちなかったね。笑

この話はLIVE当日に夕霧がMCでも言ってたくらい俺達にとっては、あの巨匠風弥がああまでもなるなんて事が印象的だったの。

....でも

自分自身の過去を振り返ってみれば約5〜6年前にDaizyStripperがBAROQUE様とゼップ東京で対バンをさせていただいた日に俺達のリハをBAROQUE様の圭さんが観てくださっていて俺は

「やべえ!圭さんが観てくれてる!」

って気づいてそのまま「Sunday Driver」をリハでしてその曲の俺のギターソロをワイルドにミスったよね。笑笑

その後、Reiくんが「なおじ?圭さん意識し過ぎ明らかにギターソロをミスったろ!?笑」

って笑われた事もあったなと。

そう思うと風弥くんの気持ち分かるなあ。


話は戻って2/6のLIVE本番は本番でね、すごくやり甲斐のある濃い時間になったよ。
いつもとは違う世界での対バンだったから、夕霧がいつもの様に

「こっちにモッシュ!!」

って言っても会場の半分位が

「え?」

みたいな空気感だった。

まだdecadeモッシュが定着してなかったDaizyStripper結成当初を思い出したよ。

だけどその分、会場のオーディエンスのほとんどの人達が更に音に耳を傾けて俺達のLIVEのプレイとサウンドを楽しんでいたのが印象に残りました。

例え畑が違っても俺は俺らしく決して周りにハマりにいかず自分のSTYLEでLIVEをして全力でDaizyStripperできた事が何より楽しかったね。

俺はこのDaizyStripperの仲間達とこれからも沢山の事をチャレンジして生きたい。

そして
素敵なイベントに僕達を誘っていただいた
DAIDA LAIDA様にこの場を借りて改めて感謝です。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2671.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2595.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2626.JPG


おまたせっ😈🍼!!!

福岡2daysの日記

まずは

夕霧もLIVEなどのMCで言っていたように
DaizyStripperにとってこの場所がとても懐かしく想い出もある場所なんだという事。

それは約10年前に対バンのイベントLIVEでここに来てそこで対バンをしたバンドのLIVEを観るたびに
「あのバンドかっけえよな!」って夕霧と話合ってキャッキャッして刺激をうけまくっていたなと。


今回久しぶりに会場ついてそんな話を沢山していたよ。


そんな今回のLIVEで印象に残ったのはね、
まずはSEが鳴った時とメンバーが登場してからのトレゾアの歓声がNICEだった😈🍼

あの時間も遠慮なく声出してもらって構わないからこれからも自由にメンバーの名前言っちゃって
^_−☆


そして、恒例コーナー
〜貴方の「忘れられない」1曲〜
初日福岡、会場のトレゾアから選ばれた1曲は....

「Adam」

あの曲が完成しトレゾアの前で演奏し始めたのは
6年位前かな。

その当時この曲を演奏するたびに繊細かつ手数の多いフレーズが苦手だった俺はLIVE中ドキドキガチガチしまくりでしまいには不安が押し寄せて手が震えだしてしまってその気持ちを落ち着かせる為に俺の音楽の先生 風弥の事を良く見て緊張を和らいでいたなあー

って

思い出しながら演奏をしてたよ。

今では変にドキドキガチガチする事は無くなったけど
過去のそんな思い出も時が経てば必ず良い思い出になるんだって再認識した日。


2日目の福岡BEAT STATIONでのLIVEで印象に残ったのは

「キューソネコカミ」

夕霧が熱い想いを込めサビを歌い終え、Reiくんのベースソロになってその後、俺のギターソロになる間近でReiくんがマイクを通して

「魂のギターソロを聴け!!」

って言った言葉が俺の胸に深く突き刺さった。

音楽は理論やリズムに忠実になぞってやる事だけが全てではない。
たしかに理論やリズムは大事だけどそれ以上に大事なのは「魂」だよなって強く再認識するキッカケとなって
彼の言葉を聞きその想いが俺の心を瞬間にして鷲掴みされ言葉を背負った俺のGuitarが会場中を包んだあの瞬間は紛れも無く
世界中他に何処を探してもDaizyStripperにしかできない空間だ。

言葉のチカラって凄い。

こうしてReiくんから改めて学んだ。

だから俺はこれからも人の心を鷲掴みして包む言葉を発していきたいし
人の心を鷲掴みするGuitarを弾いて生きる。



福岡、素敵な2daysをありがとう。



↑このページのトップへ