_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7055.JPG

さて。 続編モノにすると 必ずバタバタしだして続きが書けないジンクスが またもや発動しました
申し訳ありません m(_ _)m

タイトルにもあるけど。
コレは決して否定的なハナシではありません。
最後にどんでん返しが待ってます。


さて。
本来、美容のセミナーは 『 圧倒的に実力のある
美容師の技術を学ぶ場 』であったと思う。

だから、講師の言っている事も 感覚的な要素も多く、『 はっ? ((((;゚Д゚))))))) 』 と理解に難しい人も多かった。

でも。アレだ。 
言っていることが少々ぶっ飛んでいて 理解に難しい…   けど あの人(セミナー講師)が言っているんだからそうなのか!?
だって 作るヘアスタイル凄いもん。 斬新だもん

と。 そんな感じだった。
それでもイマドキのセミナーに比べて 圧倒的に刺激的で満足度の高いモノだった。





んじゃ。
イマドキのセミナーってどうなの?よ?

10年ほど前から セミナーで求められるモノがガラリと変わり、『 明日から使えるテクニック 』 が完全に主流となった。

講師を依頼された側も、キチンと理解してもらえ伝えられる内容をしようとすると、
90分の枠で
多くても 2パターン + ロジック 程度でしょう。


自分の時間(休み)とお金を使って
たった 2パターン+ロジック かっ?!
((((;゚Д゚))))))) なんか勿体ナイな…
フと そう思った。




だったらいっその事 セミナー自体の発想をガラリと転換しちゃったらどうだろう?

たとえば〜
幾らかの金額をお勉強代(セミナー代)として頂き、 僕のサロンワークを1日中 張り付いて見てもらうマンツーマン形式とかどうだろう?
バリエーション多くの 技術も仕上がりも見れるし、薬剤の調合ミックスの微妙な加減も見れる。
どう お客様とカウンセリングして、塗布のスピード感からタッチの感覚まで。
なんなら、ウッカリ ミスってしまったヘアカラーをお客様に気づかれない程のスピードでリカバリーする瞬間に立ち会えるカモしれない。

要は ライブ(サロンワーク)を 1日見てもらった方が よっぽどタメになる情報が 沢山溢れていて、スグに実戦で使える技が 目の前にゴロゴロ転がっているんじゃないか?
って話。


イマドキ欲しい情報が本当に 『 明日からスグに使える技術 』 なのであれば、
現場(サロン)にこそ それはゴロゴロある。

そう思いません?

そんな マンツーマン型の新しいセミナーを思いつきました。
モチロン。
サロンワークですから全て見せます。答えます。

需要があればやってみたいな〜 
というか、
ナカムの仕事(ライブ)をガッツリと 見たい人なんぞいるんだろうか?(笑)


絵に描いた餅で終わらせたくないので、もう少し練って実現させてみよう。









アイディアのドル箱
ナカム こと 中村太輔