_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3109.JPG

数年前からヘアカラーの塗布に関して アシスタントを使わなくなったナカムです。

基本的に ハイライトなどのホイルワークを始め全てのヘアカラーは 必ずナカムが1人で塗るようにしています。
(時に猫の手も借りたいほど忙しい時は同クラスのカラリストに手伝ってもらうことはありますが…)


①塗って ②時間を置く
コレさえすれば誰だって 髪を染めることは出来ます。自宅でだってセルフで出来る位ですし。


近年はカラー剤の進歩がハンパないので、誰が塗ってもそれなりにキレイに染まります。
アシスタントの子が塗ったのと 僕が塗ったカラーは 10メートル離れたら大した違いは分からないかも…知れません。
((((;゚Д゚)))))))



しかし。
カラー剤の塗布感・量・タッチ
そして 施術のスピード と リズム。
この要素が 大きく違うと 実は仕上がりと 次回来店時までの褪色の仕方に大きく差がでます


誰が塗っても同じ。
ではありません。((((;゚Д゚)))))))
全く違います。


先ほども言いましたが、塗って時間を置けば誰だって髪を染めることは出来ます。
しかし。
ワザワザ 時間と手間とお金をかけて
ワザワザ 中村を指名して御来店頂いたお客様には 出来うる限り最高のプロセスで
仕上がりはモチロン。その後の褪色までの導線をデザインしたいですしね。
♪( ´▽`)



猛スピードで常識がゴロゴロと音を立てて変化し続ける時代。
『 安かろう悪かろう 』な神話は完全に崩れ
『 安くたって それなりに 』な価値を当たり前に求める時代になりました。
(ナカムもフツーにそうです)

だからこそ。
美容師がプロを語る以上『 それなり 』の仕事じゃアカンのです。
ナカムはヘアカラーの専門家ですから ヘアカラーの技術に関しては尚更ですね。



今日も引き締めてサロンに参ります。





ナカム こと 中村太輔