_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1152.JPG

ヘアモード2月号で公開した
【 ピクセルインベーダー 】が大好評でして…
恐れ入ります… ((((;゚Д゚)))))))

『 どーやってるんですかー? 』等の質問をDMなどでチョコチョコ頂くのでココに書き記しておきます。 😂🙏


【 用意するもの 】
・ 筆(平筆が好ましい)
・ ブリーチ(パウダーよりクリーム推奨でオキシは絶対に 6%)
・ 描きたいピクセルイラスト
・ 折れない心 と 途切れぬ集中力
・ 自分を励ましてくれる応援団


先づ ピクセルカラーを入れる場所を決め、それ以外をブロッキングしましょう!
ホンの表面しか色(ピクセルカラー)が付いていないと、殆ど柄が見えないので3〜4センチの厚みのあるセクションを分けとります🐌


_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1152.JPG

あとは…ブリーチでひたすら描きます。
筆のススメかたも 上下左右を上手に使い 柄がボケたり 余計なトコロに付かないように…
神経を張り詰めてヌリましょう(笑)

シッカリ描けたら ラップ を貼って
『 次のスライスへ 』
ラップの上に新しくとった毛束を下ろし、ラップ越しに 前回の柄を地味ぃ〜に
再び チョコチョコチョコチョコ と…



_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1153.JPG

コレを ひたすら続けます(笑)
今回は4パネルに分けて施術しました

ブリーチは多すぎ厳禁。少なすぎ厳禁。
ピクセルっぽさをシッカリ出すために角(カド)を強調するなど… ((((;゚Д゚)))))))

言い出したらキリがないのでこの辺で 😭
ヘアモード2月号の仕込みはサロンワーク中にやっていたので、スタッフの皆んなからの声援のおかげで 最後のパネルまで集中できました(笑)


そうそう!大丈夫なコト。
ブリーチは放置時間が(途轍もなく)長いコトも考慮して、膨張しづらいクリームブリーチを推奨します ♪( ´▽`)
クリームの硬さも重要ポイント 😺😸😺😸


兎に角。腰を据えてジックリと。
共に 世界へ向けて ヘアカラーの壁を越えたカラーデザインを発信して頂ける仲間が1人でも増えますよう 願いを込めて… 🙏💫

こんなblogを書いてみました。


#giriout