_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0699.JPG

2016年の大掃除でコイツがでて来ました…
泣く子も黙る【 imaii百茶 】
ナカムが28歳の時に発表したモノなので、既に12年の歳月が経ってますね ((((;゚Д゚)))))))


ゴリゴリの体育会系カラリストだった imaiiカラリストが 総力をあげて創り上げた【 imaii百茶 】

この imaii百茶 にはナカムの サロンカラーにおけるヘアカラーのルーツが全て詰まっています



そう。

ナカム的 " 茶色 " について。
今回のblogでは 茶 (ブラウン) の奥行きを感じて頂けたら嬉しいです。




" 四十八茶百鼠 "

" しじゅうはっちゃ ひゃくねずみ " と読みます。 

これは、江戸時代後期 の言葉で
私も15年ほど前に偶然出会ってから、深く感銘を受けている一語です。 


江戸時代後期ごろ・・・
町人や商人は徐々に生活が豊かになってきて、
着るモノの素材や色に変化がでてきたそうです。

良いものを着たい。
キレイな色を着たい。

そう思うのは 当然の事ですが、
幕府のお役人様は 良い顔をしません。 


なにせ階級社会にして、
着ているモノの素材と色が 身分に関係なく
大して変わらなくなってきてしまっているのですから・・・・。


そこで、
" 奢侈禁止令 (しゃしきんしれい) " を
幾度となく発令しました。

分かりやすく言えば、
贅沢禁止令です。 

それは、
庶民の " 着物の色・柄・生地 " にまでも
細かい規定を設けたものでした。 

確か、食べてよい物の他に、
花札やカルタ、花火などの遊びまでも
禁止されたようです。


衣服(着物)に関して 公然と身につけられる
素材は " 麻素材 " もしくは " 綿素材 "
そして色は
" 茶色 " " 鼠色 " " 納戸色(紺色) " のみと限定されてしまいました・・・。

現代では ありえない話ですが、
もし、みなさんが普段着て良い色に
制限をかけられたらどうします??

『 隠れてコソコソ着る?』
『 諦める?』

そして、庶民の人々の色彩への欲求は
逆に この3色に集中し、
それぞれの色の中に 微妙な色調を工夫し 着物を染め上げ、
繊細な色彩の違いを 楽しんだのです。 

そのため、
とくに 茶色 と 鼠 系統の多彩な色合いが生まれ、
そのつど、新しい " 色名 " が次々とつけられたそうです。 

決して 華やかではない 色文化ですが、
粋で洗練された 日本の色彩文化 がここに誕生しました。 


四十八色の茶色 と 百色の鼠色

その微妙で繊細な色彩の違いを 当時の人々は
見極め、楽しんでいたというから驚きです。

(※)本当は共に100をゆうに越える名前がありますが、
言葉のゴロ遊びで、四十八茶百鼠 と言うそうです。

コレは 僕達日本人の祖先の話。
遠かれど、その遺伝子を 僕達は受け継いでいるはずである。

そもそも、日本人は
色彩を分析し 見分ける能力が世界でもトップクラスなのが
科学的に立証されているらしいが、
その遺伝子のおかげであるのかもしれない・・・ですね。 


僕たちカラリストはは 色を扱う仕事をしています。
人の髪で その色を表現しています。

日本人を中心に活動していると、
そのヘアカラーの大半は
" ブラウン " であると言って間違いはないと思います。 

そう。  " 茶色 "  なのです。


だからこそ、
日本人カラリストとして 茶 を極めるのは必然であり、
薬剤 (カラー剤) をそれぞれの素材に対して 微妙な割合で配合し、
個々の髪色を創りだすこの" カラリスト "という仕事は・・・

まさに " 四十八茶百鼠 " の精神を
引き継いでいるのであるかのように思えます。

ある有名なコピーライターの方が面白い事を言っていました。
『 もし、江戸時代に ヘアカラーが存在していたらどうだったのでしょうね? 』

着物の色彩と同じく、それぞれの髪色にも
微妙で繊細な 茶 の色彩表現があったのかもしれない・・・


そんな空想ごっこをしてみながら
現代に目をやってみると、
言葉は悪いかもしれないが
" 色彩に対しての表現が 現代は非常に幼い "
そんな気がします・・・。

深くないというか、奥行きがないのである。
ヘアカラー1つをとってみても、
明るい、暗い、軽い、重い・・・。
その程度だったりする。

90年代にブームで始まったヘアカラーは、
今や社会的に認知され、誰もが当たり前のようにするようになりました。
これはもう、立派な文化であると 僕は思います。

そして、
現代の茶色の文化は 間違いなく
ヘアカラーなのであると 僕は思います。

日本には こんなにも素敵で奥深い
" 色彩の文化 " が過去にあったのだから、
みなさんも もっと繊細に色に こだわってみてはいかがでしょうか?

とりあえず、いつも身につけている
" 髪の色 " から…。