月別アーカイブ / 2017年09月

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7055.JPG

ここ最近思うコト。 コレからしたいコト。
沢山あり過ぎてワクワクしかないんですが、今日は少し(1つ)だけ書いてみよう。


実はずっとセミナー活動に疑問を持っていた。


ヘアカラーの専門家として21年目を向かえます
僕の夢は 業界に入った頃から1ミリもブレておらず 《 ヘアカラーで日本の女性をキレイにしたい 》 そして 《 ヘアカラリストという職業を日本で確立させ夢のある仕事にする 》 この二点。

1996年に業界に入り、上記の二点をコンセプトに ヘアカラリストとしてデビューしました。
最初の10年は 『 兎に角 ヘアカラーをしていても当たり前の文化 』 を作るためにサロンワークと様々なセミナー活動に業界全体が全力を尽くしました。

テクニック、カラー剤 共に素晴らしく進化し、10年経った2007〜8年頃には 髪を染めていても 『 不良 』と呼ばれる事もなく、ファッションの一部として認知されるようになったと思います。



そこから もう +10年。 ( 2017 )
街ではキレイなヘアカラーをしている人が多く見られる様になりましたが…


何か違う…
思っていた10年後と違う。
なんかこう もっと自分を表現する為の手段の1つにヘアカラーがなっている…ハズでした


何かが違うというコトは、
行ってきたプロセスの何かを変えなきゃダメだ。
軌道修正がきっと必要であって、
何もしなければ
『 現状維持(横ばい) 』 もしくは 『 ジリジリと衰退 』 が待ち構えている。


そこで。 1番に目をつけたのは
セミナー活動

アウトプットする手段として1番有効的なのは
間違いなく セミナー活動だと信じていた。
そこを 今回は疑う事で 全く違う視点からのアプローチに変えてみたい。




さて。どーするか。
と 言うことで 書き疲れちゃったので
後編に続く(笑)


スイマセン :(;゙゚'ω゚'):

















ナカム こと 中村太輔

















_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7082.JPG
塩基性カラーの魔術師と呼ばれ、
緻密に計算されたロジックとテクニック。
大胆と繊細さを兼ね備えたカラーデザイン

8月5日に この世を旅立った jooji さん。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6589.JPG

彼の創るデザインも素晴らしいが、
特記すべきは 彼の美容人生における膨大な経験から積み上げられた カラーロジック。
ナカムも心から尊敬する1人です。

joojiさんは2017年から
構築してきた理論を後世の美容師に《 継承 伝達 育成 》する 自身の 【 第2章 】 をスタートさせた矢先の出来事でした…。


【 緊急告知 】


彼の 【 第2章 】 の意思を引き継ぐべく
御親族の方が joojiさんのHPを開設されました。
本日 解禁です。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7083.JPG
ブリーチ専門家として10年の月日を過ごした 彼のノウハウも余すことなく公開しています。
( 残された資料が膨大すぎる為 徐々に更新していく予定だそうです )

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7084.JPG

今。美容業界はブリーチブームが来てますが、
1つ前のblogに書いてある通り この先 必須のカラーテクニックになります。
(ハイブリーチだけでなく 明るさを自在にコントロール出来ること)
途轍もなく価値のある内容です。

是非 ご覧下さいっ!
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7082.JPG




ナカム こと 中村太輔












非反応型持続性染料 その名も!
【 レインボー染料 】 ♪( ´▽`)


情報の出所は以前に 某風雲児マイスター(仮)さんより 聞いていましたが…
思ったより早く プレス発表されてビックリしています。 ((((;゚Д゚)))))))

僕の知っている情報も 100%確証を握っているワケではなく 間違った情報を流すわけにもいかないので 控えておきますが、


間違いなく
ヘアカラーの世界が変わります。
歴史が変わります。


ネットで発表されている事としては、発色の良い染料開発に成功した!
としか書かれていませんが、、、

今までの常識が 180度ひっくり返るほどの インパクトがあります。

それぐらいの進化。
全く別次元。



思い返せば1950年代だったかしら?
ジアミンの歴史は半世紀以上に及び、そして ソレに代わる物が出てこなかった事が 思えば不思議でした。
【 レインボー染料 】は、ヨーロッパからスタートするらしいですが、この染料が日本に入ってくるのも時間の問題。
今から楽しみで仕方ありません ♪( ´▽`)っ!


聞いた話ですが、従来(ジアミン系染料)のカラー剤とは違う 使い方になり、
その為に必須となるコントロール技術もありますが、きっと!きっと! スゴい事が起きます。

小さなことでクヨクヨなんかしてられません
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
時代が動き
毛染めの歴史が変わる。

その瞬間に立ち会えることに今から興奮して仕方ありません! ((((;゚Д゚)))))))
嗚呼 ワクワクがとまらない〜っ!






ナカム こと 中村太輔



















しろやぎさんから おてがみ ついた
くろやぎさんたら よまずに たべた
しかたがないので おてがみ かいた
さっきの てがみの ごようじ なあに

と。 お手紙ネタのナゾなポスト。
わかる人には分かるでしょうか…。


さて。
愛情と表裏一体の 憎しみの感情。
【 愛憎 】


個人的には 好きの遥か向こうにある
「 悲しみ 」 と 「 怒り 」 の感情はあれど、その矛先はいつも相手ではなく、僕は自分に向ける為
「 憎しみ 」の感情があまりピンと来ません。

「 悲しみ 」 と 「 怒り 」 の感情を 自分の中で深く自己整理しているウチに 相手への 「 感謝 」 の気持ちに感情がシフトします。

『 バカヤロウ 』 よりも 『 アリガトウ 』 の方が
きっと。
きっと 全て上手く行く。そう思いたいものです。



よく 占い的な本を読むと 『 博愛主義 』 と
ナカム こと 中村太輔 は出てくるのですが…
要はそういうことなのでしょうか ♪( ´▽`)

明日も皆さんが笑顔でいれます様に。






ナカム こと 中村太輔













【 継続は力なり 】
【 石の上にも三年 】
日本には 古くから長く続けると良い 的な表現が染み付いている。
だから仕事始めて 2.3年で 『 辞めたい…っス 』とカミングアウトしてくる子に向かって
『 最近の若い奴はスグに… 』 とか言いよる。

【 継続 】 と 【 変化をしない 】 の2つは 時間軸が似ているようで 中身が全く違っていて あたかも継続し続けている様なツラして 何十年も同じ仕事を続け 実のトコロ鳴かず飛ばずな状態になってしまっているのが一番コワい。
変わらない のではなく、変わる勇気がないだけの弱虫君だ。

今いる環境を 変える事だって 途轍もない労力が伴うけれど、外に出て環境を変える事は 労力だけじゃ出来ない。
『 道無き道 』に踏み出す勇気が必要だから。



今ね。
凄い勢いで職業が無くなっているんだよ。Amazonの登場で 日本の本屋さんは1日1軒失業してる。
駅の改札でパチカン鳴らしながら 凄い勢いで切符を切り ラッシュアワーのお客さんをさばいていた カリスマめいていた駅員さんだって もう見る事はないだろう。

安泰な仕事なんてない世の中なんだよ。

つい最近 小学校の授業を見るコトができる機会があったんだけど 
「 コンピュータ化されるであろう職業 」を黒板に書き出し、将来はどんな仕事が生き残れるのか? なんて内容を 先生と生徒が話し合っていた。



ホンの数日前に 入社して間もない子が 美容師を続けるか本気で悩んでいた。

違うカモしれない! と思った心の声に素直に向き合い 職業を変える選択肢を選ぼうとしているキミは きっと現代の刻一刻と変わり続ける荒波に適応できる 優れた勇気を持ち合わせているヒトなんだと思う。

凄いよ。ホント。

そして やっと分かった。 
イマドキの若い子は根性がなくて スグに辞めちゃうんじゃなくて、コレからの時代に適応できる能力を先天的に持ち合わせているのだ。


大丈夫!きっと大丈夫… 続けていればいつかきっと… と心の中で唱え続け
_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6956.JPG
コッソリ《 アタリ 》を抜かれた 棒きなこ を駄菓子屋で買い続けていた 昭和の小学生時代を思い出した。



継続する事の美学? 何ソレ?美味しいの?
と言っときながら imaiiという組織で ヘアカラーの専門家として ナカムは なんやかんや カラリストになって 21年が過ぎました。
が。コレっぽちも凄いと思っていません。

強いて言えば 人の髪を染めた実例がケタ違いに多いので、その経験値くらいでしょうか?
筋がよけりゃ 3年ほど一緒に働き スポンジの様に吸収して頂ければ 僕の技術と感性は 殆どコピー出来るかもしれません。


僕は自分より年下の子の方が 多面的に優れていると思っています。
石の上にも三年… と言わずとも スマホ開けばそれ以上のデータと経験は ウェブで見つけることは出来るし、ヒトと会う約束だって 時間を気にせず夜中だってできる。
昭和の黒電話時代は 相手が家に居なかったらアウトだもんね。(笑)
『 オマエはウチの娘の何なんだ! 』 と良くお父様に言われビビったもんです…。



脱線しました。

折角 美容学校に通い就職したけど、
『 違う! 』 と思った子が居ました。
以前なら
勿体無いなぁ… もう少し続けてみたら…
と思っていた自分に変化があって。
思い切って 飛び出て
星の数ほどある仕事の中から コレだ! と思えるアタリに出会えたらトコトンやれば良い。
そう思える様になった。

_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6957.JPG
きっとソレが その子にとっての アタリ なんだろうな。 ♪( ´▽`)
スゴいね。
またひとつ 若い子から教わりました。




ナカム こと 中村太輔




















↑このページのトップへ