月別アーカイブ / 2017年07月


WWFジャパン からの提案。
【 WITH STAMP 】

以下 文中より。

絶滅のおそれがある野生生物をまとめた
「レッドリスト」には、
よく知られた動物たちもたくさん。
その数ぜんぶで約2万4000種以上。
とても深刻な問題です。

なのに、ここ日本では、なかなか身近に感じない。
手を差し伸べたくても、
どうしたらいいのかよくわからない。
というのが実際のところ。

だから、つくりました。

WITH STAMP。

つくって、買って、押す。あとは、シェアするだけ。
購入金額の一部が寄付になるから、
毎日の暮らしの中で、誰でも気軽に、簡単に。
野生動物の保護活動を支援できるんです。

日本ならではのハンコ文化で、
人と自然と未来をつなぐ後押しを。



子どもが出来ると 様々なシーンで動物など生き物とふれあう機会が増えますが 絶滅危惧種など どう支援していいか正直分かりませんでした。
家内が見つけてくれた この WITH STAMP。

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5906.JPG

僕の 『 中村太輔 』 の 【 太 】 と
息子の 『 中村一朗太 』 の 【 太 】 が同じなので
ホンの少しの支援ですが、
購入させてもらいました。(●´ω`●)

息子氏の「 初めてハンコ 」にはピッタリですね



届くのが楽しみ。オススメです。



ナカム こと 中村太輔



















全国津々浦々 美容室は数多くあれど、
いやはや。
ヘアカラーの料金設定 って不明確…よね。


カット料金は THE 明朗会計 。
素晴らしい。

5ミリだけ切って整えたって、 
1メートル切ったって料金は一緒。
5分で 切り終えたって、
1時間 かけて切っても料金は一緒。

単純明快
【 デザイン料 】である。



それに比べて
ヘアカラーの料金設定はどうだ?

ワンメイクだの ハイライトだの ローライトだの
ブリーチだの ヘアマニュキュアだの 
ロング料金だの ショート料金だの…

「おぃ。いったい幾らかかるんじゃい?!」
( ̄▽ ̄;) お客様の心の声。
うん。 きっとそうだ。



材料費はヘアカラーが 美容室の中で1番かかるので、少なくて済む ショートより
沢山 薬剤を使う ロングが高いのはまぁ分かる

だったら
いっそ 量り売りで良いじゃないか!

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5783.JPG
(グミの量り売りが大好きです)

もう。 毎週月曜日はヘアカラー特売日とかで
100g 50円!みたいな(笑)
野菜の値段みたいに 変動するのも面白い。



と。 ノリで書いてみたが、
1番シンプルで明朗会計なのは
デザイン料 として一律しちゃうのがいい。


なんだろな〜。
恐らく 多くのサロンがぶつかる問題なのだろうけど、お客様の目線からは 不透明な問題なんだよな〜 (@ ̄ρ ̄@)



パッと 答えが出ないけど、
きっと何か 新しいアイディアで 画期的な風穴を開けられそうな気がする。


もう少し考えてみよう。








ナカム こと 中村太輔
















息子氏 一朗太。
本日より 1泊2日の親が同伴しない旅行に送り出しました (●´ω`●)

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5828.JPG

旅のしおり に書いてあったお菓子は
『 500円まで 』 (*⁰▿⁰*)
おかしのまちおか 🍪🍭🍘 にて
限度額イッパイ 499円 っ!
ホールインワン寸前のベタピンでお菓子を買い込み 意気揚々とバスに乗り込んで行きました

見送りの ママさんの中には号泣しながら送り出す方も… Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
でも。チョッピリ分かります。その気分。

そう。 サマースクールってやつですね。
みんな 友達と2.3人で参加してる子が殆どですが、恐らく最年少の 息子氏はソロで参加。


うーん。
可愛い子には旅をさせよ
といいますが…
パパ👨ママ👩が居ないお泊まり…は人生初。
何だかコッチが1日中ソワソワしてます(笑)


今日のスケジュールは
バスに乗って 鴨川シーワールド で1日中水族館と沢山のショーを満喫した後に、
入浴・食事。
夜の水族館を探検した後は…
大水槽の前にて 寝袋で寝るっ!

羨ましい〜 (●´ω`●)

ちなみに。昨日の夜に 「 寝袋 」を教える為に画像をググってみたのですが、、、

_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5859.JPG
彼はコレが良い…そうです(笑)

んで。 明日は無人島に行って海を満喫。
きっと 一回り大きな オトコになって帰って来てくれることでしょう ( ̄^ ̄)ゞ

ふふふ。楽しみです。










ナカム こと 中村太輔












ナカム こと 中村太輔 です。
最近。 Instagramがレインボー🌈好いてます
基本的に インスタで集客的なものは 全く考えておらず インスタ映えしそうなヘアカラーを中心に載せているので 完全に趣味色が…

と。
なんだか 派手な? ヘアカラーばかり やってそうなイメージがあるようですが、、、。

全くもってそんな事ありません
((((;゚Д゚)))))))
ただ、フツーのありふれたヘアカラーもそんなにしない様に心掛けています。


前編の続きですが、
やはり 基本的なスタンスと言いますか、
身体の芯にある部分は メチャクチャ コンサバティブでとんでもなく フツー(凡人)なので
思いつくアイディアも基本的にフツーです(笑)

手堅いと言うか… 無難と言うか…
まぁ。ハズレのない感じ。
適度にハズレないで 嫌われない感じ(笑)
(*´Д`*)


でも。 コレが1番イヤだった。
当たり障りない感じを どうにか脱出したい。
でも… 内心 ハズれるのが怖い… ( ̄▽ ̄;)

そんな優柔不断な自分に決別する為に
決めたルールがあります。


それが
自己否定。


と書くと 今度はネガティヴかっ?!
((((;゚Д゚))))))) と誤解されそうですが、
コンサバティブな領域のアイディアしか浮かばないのであれば、

そのアイディアを考えた自分を否定する  ということ。

自分で自分の、出したアイディアにダメ出ししちゃったモンだから 仕方なく次を考える…
んで。
閃いた次のアイディアも…    否定(笑)

こうして自分で自分の首を絞め続け、
過去の引き出しのアイディア。
無難なアイディア。
が出揃ってしまうと、、、。

さぁ。困った。
自分の経験のした事のない未知の アイディアを絞りだします。
そこで出てきた 多少強引?かもしれない位のアイディアを やっと採用するルールです。



前編にも書きましたが
僕は【 天才 】ではないし、
不思議ちゃんでもない。

ポンポコとアイディアが降ってくるワケでもないので、 【 ヒラメキ 】を得る為に いつも【 自己否定 】 をしています(笑)

ヒラメキ と 自己否定
全く逆の意味のような言葉ですが、
僕の様なフツー思考な人間にとって表裏一体。

とても大切にしたいと思います。






近々に大事な撮影があるのですが、
アイディアが浮かばず…
2日に渡って こんなblogを書いてみた ナカム こと 中村太輔 でした。































天才に憧れた。
いや。 正確に言うと、普通の人が想像もつかない答えやヒラメキ を出せる人に憧れていた。
20歳の頃は 不思議ちゃんに憧れていた。

天真爛漫な性格と言動は 僕にない世界観でスゴく キラキラして見えた。

1 + 1 = 2

どうしても この答えしか出せない自分が 途轍もなくイヤだった。
1+1=3 と答えてみたら どうなるのだろう…?
何処かで 周りからの 見られ方を気にしていたのカモしれない。


葛藤し続けた末に行き着いた答えは…
当時の僕が1番キライな
“ 凡人を受け入れる ” 事だった。

凡人である自分を全て受け入れた僕は
次に 片っ端から “ 自己否定 ” を始めた。


服を買いに行けば…
無難な 黒・ネイビー・グレー のオンパレードだった自分を【 否定 】する。
何気なく いつもの感じで手に取った 服を自分で否定する…
((((;゚Д゚)))))))
逆に カラフル・原色 とギリギリアウト…か?
と思えるモノばかり 買うようにした。

もう。アレだ ((((;゚Д゚)))))))
レジに並んでいる時も 不安で仕方ない。

「こっ…コレ 着るのかよ…?!:(;゙゚'ω゚'):」

とてもじゃないが、
買い物していてウキウキなんかしない(笑)
周りの目が気になる性格だからこそ ハラハラ ドキドキ していた。

でも。 その次の日。
その チョッピリ派手な? 服を着て家を出てみると…
『おっ?!なに?なに? 印象違うじゃん!』
と変化に皆んなが気づいてくれる。

中には (お世辞かもしれないが) その変化を褒めてくれる人もいた。
不安で ハラハラドキドキで着て行った 服を褒められた日は 途轍もなく嬉しかったのを 今でも覚えている。

そうして。
ナカムはスニーカー始め、ヘンチクリンに派手っぽい キャラクターになっていった…(笑)


(後編へ続く)






ナカム こと 中村太輔













↑このページのトップへ