月別アーカイブ / 2017年02月

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2348.JPG

uka 時枝 弘明 さん
Lily 柳本 剛 さん
んで。ナカム ((((;゚Д゚)))))))

フとしたキッカケでしたが、少し異色?の組合せでメシを頂きました (●´ω`●)
お二人とも 畑は全く違えど それぞれのジャンルにおいて 超一流プレイヤーで 話の内容に興味があり過ぎて ナカムの尻尾は常にブンブン💨 
帰る頃には千切れる寸前でした(笑)



美容師 と 美容室

『いらっしゃいませー』と始まって
チョキっと髪を切り✂︎ 
クルッとパーマをあてて
ペタッと色を染める。
『ありがとうございましたー』とお金を頂く

この一連の流れは何処も一緒なんですが、
チョキっと髪を切り✂︎ 
クルッとパーマをあてて
ペタッと色を染める   
☝️の部分が全くと言っていい程違う Σ(゚д゚lll)

プロセスも、考え方も、こだわり方も。
全く違う。




それはそれで。
それぞれの美容室と そこで働くプレイヤーの個性なのですが、そこで育っている若い子は…
1日8時間(+トレーニングなどの時間)月に22日(+それ以外の撮影など)
そう。寝ている時間以外の殆どの時間を所属しているサロンで過ごしているんですよね。

いや。当たり前なんですが…
数年もいるとスッカリ その日々の繰り返しが当たり前になっていて『 井の中の蛙ちゃん 』に必ずなっています。
だって そこのコトしか知らないんだもん。
当然です。問題が起きない日々を過ごしていると それが正しいと きっと脳が理解するのでしょう


怖いのは…  数十年他を知らず(知ろうとせず)
同じ環境に浸かり切った『 カエルちゃん🐸 』
『 ゆでガエル理論 』は御存知ですか?
(知らないヒトはググって下さい😱😱面倒なヒトはリンクより 飛んで見て下さい。)


ルーティーンのラクさに浸かりきってしまい 気づけば 未だ見ぬ 大海を知らずして 終わってしまうのはホントに寂しいですよね。



信じ貫き通す美学もステキですが、
あえて疑い 違いに気づき その都度アップデートして行く方が 今の時代に合うんじゃないかな?

そう思う近年です。
いや… もしかしたら ナカムがワクワクしていたい性分なダケなのか?!(笑)Σ(゚д゚lll)



ふはは。
自分にないモノ。ないスタイル。ない考え方。
幾つになっても出会ったことのない世界は最高にワクワクさせてくれます。
ヒトとの出会いに感謝です (●´ω`●)














ナカムこと中村太輔

_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1484.JPG

もともと お客様の予約&御相談専用で始めた LINE@ ですが、そんなチッポケな柵で 囲ってるコト自体がダサく感じ 今やフルオープンSNSになっております。


お客様からの御相談はモチロンですが、
美容師からの ヘアカラーに対する疑問や質問。はたまた人生相談まで 広く承っております(笑)Σ(゚д゚lll)


ナカムは何屋さんなのかって?


そりゃ。本業は カラリスト ですよ(笑)
現場でお客様の髪をキレイにして差し上げるコトがメインです。
でも。この狭い島国ニッポンとはいえ 周りにスグに問題を解決してくれる ヒトが居ない美容師やお客様も意外に多いんです。
(ナカムはヘアカラーの問題解決が主に特化していますが…)

セミナー活動などで 全国色々と行かせて頂いていますが、その限られたチャンスでしか質問出来ないとか 今の時代ナンセンスだと思っています。


それじゃ
知識と経験をタダで出すのか?って?

今は ググればなんでも答えがでてくる時代(全てが正しいワケではないが)動画だって幾らでもみれる。


そもそも。僕が信念としているコトは
『ヘアカラーで日本の女性をキレイにする』
このシンプルな一言に尽きる。


だから 北から南まで 全ての日本の女性をキレイにするコトなんて ナカム1人で出来る!ワケありません。Σ(゚д゚lll)
だから ナカムを必要とする美容師さんが居れば いつだってホットラインでチカラになります。


そんな時代でしょ。
今は 2017年ですからね。


そのうち もっと大きな規模で何かを始めたいキモチになったら オンラインサロンの形態も ありなのかも知れない。興味はあります。





_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1484.JPG

ナカムホットライン 一応24h
と言っても瞬時に返信が出来ないケースも多々ありますので 余裕をもってご連絡下さいませ(笑)













ナカムこと中村太輔

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2369.JPG

本日のお客様 (●´ω`●)
オーダーはズバリ『 白く 』😱🙀😱🙀
いわゆるホワイトブリーチですね。


ナカムはクリームブリーチを 6%でジワリジワリと時間と手間をかけ 作る派ですが
今日は 話題のアレを入れてブーストしてみました ((((;゚Д゚)))))))



_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2371.JPG


えぇ。モザイク過ぎてサッパリ何だか分かりませんね(笑)カンの良い方は 分かるやもしれません Σ(゚д゚lll)
くれぐれも『あっ!◯◯の◯◯◯だっ!』とかウッカリコメントは お控えください。
m(_ _)m
(ブリーチ用ではないですしね)


《 レシピ 》
クリームタイプブリーチ+話題のブースト粉(20%)  6% 3倍
ゼロテク中心でタップリ塗布し50分放置を2ラウンドし、【カラタス】のムラシャンをON

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1909.JPG

ムラシャンは根元を先にハケ塗布してから泡だてて毛先まで伸ばします (*⁰▿⁰*)

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2368.JPG

【 検証結果 】
ブースト粉のパワーは…
果たしてどうでしょう?(笑)ブリーチ用ではないのであまり期待していませんでしたが、40分超えてもブリーチの伸びがあったような…(あくまで感覚ですがΣ(゚д゚lll))

でも。爆発的な💥ブーストアップはしませんね(笑)期待半分ドキドキソワソワ半分…
ま。なんだか ホッとしました。
はぃ。正規の使い方しましよう(笑)



一方 カラタス君ですが…
一言で言えば『濃いっ!( ̄▽ ̄;)』
いや。俗に言うアッシュ系やグレージュ系のハイトーンに使うには イイ濃さですね。
色持ちキープに一役買ってくれそうです。
ただ、ナカムのようにピュアホワイトを追い求め限界(K)点超えギリギリまで攻め切るブリーチャーとしては少々濃いですね。

本気で抜ききった髪は「紫」になります(笑) まっ。スグに落ちて良い感じになると思いますが ♪( ´▽`)
個人的に結構好きです。カラタス君。





結論。アレです。

日本人(黒髪)ブリーチに関しては何処まで行っても ラクはさせてもらえませんね(笑)
技術 + 根気 + 時間
だからこそ。楽しいし プロフェッショナルとして腕がなります。

急がば回れ。特殊系カラーであればこそ 薬剤に頼らず 技術に慢心せず 向き合い続けたいモノです。









ブースト粉は正しく使いましょう。
by ナカムこと中村太輔

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2295.JPG

夜空に浮かぶ月のごとく。

僕の考える カラリストのベクトルとは、
カラリストが 世間・業界に認知され、
スタイリストとの リアルコラボレーションによって
美容業界・一般に 今以上に 刺激を与え、
単独で仕事(独立・SHOW)ができ、活躍できる環境をつくり
世の中の(特に日本の)女性に
もっとハッピーになってもらえるようにすること。

アメリカはすでに そういう状況ができています。
日本の美容は アメリカに30年遅れているとよく言われますが、
ここ近年で 急激にその差は縮まっています。

しかし、
アメリカですら ヘアカラーが認知されるのに20年。
60年代から存在するヘアカラリストが
社会に認知される意味で 確立したのは80年代。
伝統ある職業として『 アーティスト 』と 呼ばれるようになったのは
90年代に入ってからだそうです。

ヘアカラリスト が カラリスト になり
カラーデザイナー へと進化し、強く認知されること。

僕にとってはまず、そこがファーストステップ。

" 誰も見たことのない世界 "を目指しているのではありません。

夜空に浮かぶ月のごとく、
僕には ビジョンがはっきりと見えています。

コレは、ナカムが28歳の時。

ラフォーレ原宿(ラフォーレミュージアム)にて
カラリスト初の単独ヘアショーをさせて頂いた時に


エンドロールでスクリーンに流したメッセージです。

あれから 12年。
先日のスーパームーンや月食を見ていてふと思い返したコトバ。



想いを新たに一歩づつ確実に。


粛々と前に進みたいと決意を新たにした夜でした。








ナカム こと 中村太輔

Instagram を集客ツールとして活用している美容師が多いのは分かるし まだまだ時代として もう暫くは SNSが主体になるであろう事も理解しています…
実際。ナカムのビックロ並にゴチャゴチャ感満載のInstagramを見て御来店頂く方も多いですし。


でもさ!
どうなんだろう?


_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2353.JPG
(某まとめサイトより拾ってきた画像で決して悪意はありません)


この手のバックスタイルを永遠と アップし続けるのは いい加減見飽きてきてませんか?
いや。ディスってるワケでもありませんし、戦略的にSNSを有効活用出来ているのは プライペートの飲み会🍺の写真をアップしているより 集客ツールとしての実働効果として 100倍効果的なのは理解出来てます。
(実際にフォロワーも多いし)
お客様目線で見ればカタログ的な要素が強く 実用性もバツグンですし…。


ただ、もう数年続いてません?この流れ。
実用性(カタログ)を追い求めパターン化したものから お客様個人のセンス(感性)に訴えかけるようなSNSにシフトし 発信する側の【 個 】がもっと滲み出ているような…

ヘアスタイルが見切れていても良いじゃない
モデルがクシャクシャに笑っていても良いじゃない
被写体に寄り過ぎて果たして何の投稿か分からなくて良いじゃないか!

そもそも SNSなんてそんなモンだし(笑)




そんな気分でツラツラと見ていたら…

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2352.JPG

み〜つけた。(●´ω`●)
フォロワーはまだまだ少ないけど、こういうちょっとしたイイ感じの瞬間を切り取ったようなInstagram
(元imaiiのスタッフなんですが…😂)

純粋にセンス良いなぁ。と。
コレからどんな風に化けるか楽しみな1人です
(●´ω`●)





ナカムのゴチャゴチャビックロ仕様とは大違いです(笑)Σ(゚д゚lll)まぁ。それも個性か
ふはは。











ナカムこと中村太輔

↑このページのトップへ