月別アーカイブ / 2020年12月

昨日、引退の報告を受けました。

タクと私はこう見えて同い年。性格もプレーの特徴もまるで違う私たちですが、いつからか私たちはお互いを分かり合えたパートナーとなりました。

いや、本当のところは、いまだに”彼の本当”がよく分かりません。正真正銘の天才です。私が出会ってきた様々なサッカー選手たちの中でも、一番訳の分からない男でした。

でも、でもやっぱり、私たちは確実に分かり合えていたんですよね。

セットプレーで、私たちのコンビはたくさんのゴールを生み出すことができました。

「分かっていても止められない」

私たちのセットプレーを対戦相手の方がよくそう言ってくださっていました。それは私とタクとの共同作業によって、なし得たものです。

DF新記録となった2007年の4試合連続ゴール。4試合目に私たちはセットプレーのたびにプレッシャーを感じながら臨んだんです。

成し遂げられた時は嬉しかったな。

私はタクのために、タクは私のために。

あの時だけはそんな気持ちでプレーしていました。

私たちが分かり合えたのは、お互いの境遇についても分かり合える部分が多かったからだと思っています。

20代後半に差し掛かった頃には、タクは鹿島の攻撃陣を、私は守備陣を牽引する存在になることができました。

しかし、私たちはある意味で、いつまでも2つ上のゴールデンエイジに隠れた存在でした。

それは楽しくもあり、光栄でもあったのですが、本音を言えば、時に虚しさを感じるときもありました。

私は、少なくとも一度はタクもベストイレブンに選ばれなくてはいけなかったと思っています。そして、タクはもっと世間に評価されて然るべき選手だったと思っています。

ただ、タクは天才だから、ムラがある選手であったことも事実でした。私はそんなところもタクらしくて、天才ぽくて、大好きだったんですけどね。

タクのプレーをピッチレベルで後ろから見ていられた時間は、サッカー人としてなんとも贅沢でした。

極上のトラップ、シーズン終盤で決まって手がつけられなくなる勝負強さ、そして、上手いだけでなく、スペースを察知して動き出す抜け出しのなんとも美しいことよ。

タクはただの天才ではなく、チームを勝たせることができる天才でした。

最後にJFL昇格を果たして引退することも、タクのキャリアを象徴していると思います。

さすがですね。

今年は寂しい出来事が相次ぎました。年の瀬もどこか心が落ち着きません。

パートナーとしての寂しさとファンとしての寂しさと。今はその両方に打ちひしがれながら過ごしています。

何かがこれで終わりってことは決してないのだけど、あの頃の私たちの物語が、今ここにひとつの完結をみた気持ちになっています。





街クラブ選抜「大和ハウスDREAMS」の監督として参加させていただいていた「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2020」ですが、決勝トーナメント1回戦で敗退となりました。

先日お伝えした翌日の予選リーグ2日目を勝ち抜き、決勝トーナメントに進めたことは本当に素晴らしかった。なかなかの死の組でしたからね。

決勝トーナメントでは敗れましたが、選手たちの個性がピッチでよく表現された、見ていて本当に楽しいチームでした。

敗れた試合も判断力や技術、相手を見てサッカーをする、という部分では相手を上回っていたと思います。

パワーや高さ、球際の勝負で競り負けたところはありましたが、それは今の彼らでは致し方なかったでしょう。

ただ、それでも悔しいのがサッカーですね。子どもたちはみんな悔し涙を流していました。

しかし、彼らには未来があります。それも、可能性に満ちた未来です。

私と彼らがまた未来で交わる可能性は高いと思います。それくらい、楽しみな選手が揃っていました。

私たちは悔し涙に暮れながら、未来のより高いステージでの再会を誓いました。

その日を楽しみに、お互い頑張ろうね。

ワーチャレ、今年も最高でした!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1270.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1260.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1256.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1268.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1261.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1269.JPG

↑このページのトップへ