明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

プロサッカー選手をやめて一年。「もう一年」より「まだ一年」という気持ちが強い。それはこの一年で様々に心境が変化してきたことが大きいと感じています。

世間で言う「ファーストキャリア」と「セカンドキャリア」にのりしろをつけた上で次のステップに進んだことで、私は"プロサッカー選手"を外してもそれほど変わらない気持ちで一年を過ごしてきました。

しかし、将来のビジョンはこの一年で随分変わってきた。"変わってきた"というより"明確になってきた"のかな。

結論から言うと、ひとまず現場色を濃くしていく予定でいます。

まず今年、S級の取得を目指します。

そして、今年で離れる文杉の公式戦初勝利を目指します。

その上で、来年は次なるステップに進みます。そのための準備も、今年の大きな仕事の一つになります。

また、今年はかわいい娘の進学の年。

様々な変化が一気に起こっていく一年になるでしょう。

その中で、来年以降のもう少し決まっていないビジョンについて、色々な可能性を探りながら最善の選択をしていきたいと思っています。

私にとっての"最善"とは「自分だからこそできること」、それが「サッカーの未来のためであること」。

2020年もよろしくお願いします。