長野県と新潟県にまたがるJR大糸線の利用促進について、周辺自治体などが議論する「大糸線利用促進輸送強化期成同盟会」が、3月から新たな振興部会を立ち上げることが分かった。大糸線沿線の商工会議所、観光協会などが参加する。3日、JR西日本が明らかにした。

 JR西日本によると、人口減少や少子高齢化、道路整備の進展などにより、大糸線の南小谷―糸魚川間での利用者がピークの1992年度から90%以上減少しており、今後の持続可能な路線沿線活性化のために議論を進めるという。