月別アーカイブ / 2020年12月

31日朝、山口県美祢市の中国自動車道で起きた合わせて10台が関係する事故で、炎上したトラックの焼け跡から1人の遺体が見つかりました。当時、路面が凍結していたということで、警察は、遺体の身元の確認を進めるとともに、事故の詳しい状況を調べています。
31日朝6時ごろ山口県美祢市の中国自動車道の美祢西インターチェンジ付近の下り車線でトラックと乗用車合わせて10台が関係する事故が起き7台が炎上しました。

警察によりますと、関係した車は当初9台とみられていましたが、その後の調べでさらに1台増えたということです。

消防が出動して火は1時間余りでほぼ消し止められましたが、炎上した大型トラックの焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

警察は、亡くなったのは連絡が取れなくなっているこの大型トラックを運転していた40代の男性とみて確認を進めています。

また、事故ではそれぞれ別のトラックを運転していた60代の男性が右足を折る大けがをしたほか、30代の男性が腰を打つけがをしたということです。

現場は片側2車線の、美祢西インターチェンジから広島方向に300メートルほど進んだ場所にあるゆるやかな左カーブで、事故当時は路面が凍結した状態だったということです。

警察によりますと、最初に中型のトラックがガードレールにぶつかり、その後、後続の車両が次々と衝突したとみられるということで、警察が詳しい状況を調べています。

米アップルは31日、中国のアップストアから3万9000本のゲームアプリを削除した。1日当たりの削除数としてはこれまでで最大となる。

中国当局はゲーム販売会社にライセンスの取得を義務付けており、ライセンスのないゲームを厳しく取り締まっている。

アップルは当初、ゲーム販売会社に6月末までのライセンス番号提出を求めていた。その後、提出期限を12月31日に延長した。

ADVERTISEMENT

アップルはこの日、ゲーム以外も含めると、合計4万6000本以上のアプリを削除した。

ロイターはアップルにコメントを求めたが、現時点で返答はない。


大みそか恒例の日本テレビ系『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』が、31日に放送(後6:00)。ダウンタウン月亭方正ココリコへの"笑いの刺客"として、来年1月スタートのドラマ『君と世界が終わる日に』に出演している竹内涼真中条あやみが登場した(※以下ネタバレあり)。 

【写真】この記事の写真を見る(全1枚)


 移動中のバスで刺客として青春ドラマのオーディションという設定のネタに挑んだ2人。収録を終えて、中条は「ちょっと失敗しちゃったんで悔しいんですけど…」と収録を振り返りながらも、竹内と2人で「ほんとうに楽しかったです」と笑顔を見せた。 

 今回は、ラスベガスで一攫千金を夢見る「大貧民」に扮した5人が、大物タレントが扮するホテルオーナーとの対面やラスベガスならではのショーやイベントを体験。何が起こっても絶対に笑ってはいけないという過酷な状況に置かれた5人が、数々の笑いのトラップに対して笑ってしまうと、お仕置きが執行される。ラスベガスという設定で起こり得る、数々のイベントやショーはもちろん、移動中のバスの中で仕掛けられたネタなど、5人の前に"絶対に笑ってはいけない"数々のトラップが待ち受けている。 

 "笑ってはいけない"に加え、さまざまなブロックを設け、さらに今回はラスベガスらしく5人それぞれが手持ちのお金を賭けて、財産を増やしていくような仕掛けも用意。おなじみの常連から豪華メンバーまで、多彩なゲストが登場する予定となっている。 

↑このページのトップへ