福島県相馬沖で高級魚「トラフグ」の水揚げ量が急増している。海水温の上昇やトラフグを捕るはえ縄漁船の増加が影響しているとみられる。地元関係者はブランド化の好機ととらえ、「福とら」と名付けて、「常磐もの」の新たな顔の一つとして売り出していく考えだ。

山口県や愛知県などで名産のトラフグはかつて、太平洋側では千葉県以南、日本海側は秋田県を中心に生息。福島県沖ではほとんど確認されていなかったが、近年、相馬沖でも多く捕れるようになってきた。地球温暖化の進行で海水温が上昇し、その影響で生息域が拡大しているようだ。

県水産海洋研究センターによると、2018年の県沖での水揚げ量は0・18トンに過ぎなかった。19年に2・8トン、20年には6・3トンと増え続け、21年は27・8トン(暫定値)に上っている。

 トラフグを捕る漁船も増加。相馬双葉漁協によると、昨シーズン(20年9月~)は5隻ほどだったはえ縄漁船は、今シーズン(21年9月~)は20隻ほどとなり、水揚げ量の増加につながっている。相馬沖の代表魚種だったコウナゴがしばらく水揚げされていないこともあり、単価が比較的高いトラフグが狙われる構図となっている。

 地元の相双漁協や観光協会は、ブランド化に向けて力を入れ始めた。はえ縄漁船で水揚げされたトラフグの名称を「福とら」と定め、毒を持つフグの調理師免許取得の支援、地元の旅館や飲食店でフグ料理を提供できる体制づくりなどを通じ、地元での浸透を図っている。

 相馬市中村の「 割烹かっぽう やました」では、約40年前の創業時からフグ料理を提供してきた。水揚げ量の増加に伴い、3年ほど前から全てのトラフグを相馬産の天然物に切り替えている。新鮮なトラフグのもっちりとした食感と豊かな香りはそのままに、輸送費などのコストを抑えられるため、割安に提供できる地元店としての強みがある。

 同店2代目の鈴木光二さん(39)も、トラフグが地域を潤す効果に期待する。「観光やお土産など、食べるだけではない恩恵を与えてくれる。特産化するためにも、フグ食文化を地元から根付かせたい」と話している。


政府は3日午前、専門家でつくる分科会で、和歌山県にまん延防止等重点措置を適用する方針を示し、了承されました。期間は今月5日から27日までとしています。

和歌山県に適用されるのは初めてのことで、対象地域は県内全域となる見込みです。政府は午後の対策本部で正式決定することにしていて、重点措置の対象地域は35の都道府県に拡大することになります。

漫画のせりふや作品の内容を無断で掲載したインターネット上のいわゆる「ネタバレサイト」をめぐり、福岡県警は3日、著作権法違反の疑いで、東京都内の運営法人と金沢市在住の男性会社役員(44)を書類送検した。

 書類送検容疑は令和2年5月、小学館のアプリで連載されている漫画「ケンガンオメガ」のせりふや登場人物の名前を使ったテキストデータや漫画のこまの画像などを、サイト上に無断で掲載したとしている。

 捜査関係者によると、役員はサイトに掲載した行為を認める一方、「引用の範囲で、編集した自分に著作権があると思った」と話している。漫画アプリで作品を読んで文章を作成し、こまはスクリーンショットで保存したという。


 小学館関係者が昨年4月、福岡県警に相談し、同9月に刑事告訴した。

↑このページのトップへ