英南西部ブリストルでかつての奴隷貿易商人の銅像を倒した男女4人に無罪評決が出されたことが波紋を広げている。「自由の崇高な擁護者」との評価がある一方、破壊行為を肯定するとも捉えられかねない判断に疑問の声も上がる。負の歴史との向き合い方が問われている。

 「(商人を)たたえたり敬ったりするのが適切とは思わないが、歴史から消すのも違う」。黒人奴隷の子孫で英国初の民選の黒人市長でもある、ブリストルのリーズ市長は評決に驚きを隠さなかった。


米プロフットボールNFLのワシントンは2日、新しい球団名を「コマンダーズ」にすると発表した。

同球団は、以前の球団名の「レッドスキンズ」について人種差別の意味合いが含まれているとの批判を受けていた。

同球団は過去2シーズンは「ワシントン・フットボール・チーム」としてプレーしていた。赤と金のチームカラーは継続する。


今回の球団名とロゴの変更は2020年7月に決まった。米先住民のグループは球団系について長年にわたり他民族に対する中傷や肌の色に対する侮辱的な言及だと批判していた。

球団は1932年に「ボストン・ブレーブス」として誕生。1年後に創業者が野球のボストン・ブレーブスとの混同を避けるため「レッドスキンズ」に球団名を変更した。球団は37年に首都ワシントンに移転した。

肌の色に対する言及や先住民の髪に羽根をさしたロゴについては71~72年ごろから批判の声が出ていた。それでも、球団のオーナーは球団名変更の取り組みについて否定していた。

しかし、2020年に黒人男性ジョージ・フロイドさんが警官に殺害された事件を受けて制度的な人種差別に対する大規模な抗議運動が起こったこと受けて、球団は球団名の変更を決めた。


長野県と新潟県にまたがるJR大糸線の利用促進について、周辺自治体などが議論する「大糸線利用促進輸送強化期成同盟会」が、3月から新たな振興部会を立ち上げることが分かった。大糸線沿線の商工会議所、観光協会などが参加する。3日、JR西日本が明らかにした。

 JR西日本によると、人口減少や少子高齢化、道路整備の進展などにより、大糸線の南小谷―糸魚川間での利用者がピークの1992年度から90%以上減少しており、今後の持続可能な路線沿線活性化のために議論を進めるという。


↑このページのトップへ