_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9726.JPG
遂に公開されたCrossfaith 2017 LOOKBOOK。僕とマネージャーのRewとでデザインからLOOKBOOKとディレクションさせてもらっているのですが、今回は我々の服をこう纏って欲しい、もっと言うなら俺たちのバンドのTシャツ着るならこれぐらいの気持ちで着てくれよ!ってところが伝えたく初のLINE BLOGを書かせてもらいます。

昨日、僕はSUPER BEAVERとのツアーを終えて北海道から戻って着たところなのですが、ツアー前に大阪でとある少年に会った時に言われた言葉が今も頭の中でループし続けているのです。
彼はCrossfaithの音、メンバーやそのファッションに影響を受けて15,16歳の頃はただ真似をしていたそうです。そしてそれは誰にもある時間でしょうし、その時間がすべての始まりだと云えるでしょう。ただ彼は前回会った時に「ただ真似をしているだけではそのアーティスト、もっと言うならそこに根付くカルチャーへのリスペクトの表現にはならない」という様な旨の話をしてくれて、僕は彼のCrossfaithへのただならぬ愛とリスペクトを感じました。そしてそれは彼が彼自身への愛とリスペクトを送り始めたとも言える訳です。

のっけから何を言ってるんだと言われるかもしれませんが僕は世界にひとつだけの花なんて、生を受けたもの全てに個があるなんて考えは違うと思っています。それは個性などではなく、あくまで生まれながらに特性がそれぞれに齎されるというだけの話。

あなたが何かに出会って本気で愛し、本気で忌み嫌い、その中で本当の消化を経てまた違うあなたに成る、そして自分ならどうするか?という事を繰り返してその末に個が、本当のあなたがあるのではないかと僕は思います。



そんな話もう良いからTシャツ見せてよってね、良いでしょう、けどね、僕はCrossfaithのTシャツに袖を通すならそれを自由への闘争服にしてくれていいけれど決して制服じゃないし、それで集団へのキーになんてして欲しくない。我々のTシャツ一枚が、Crossfaithというバンドが、本当のあなたへ続くイントロダクションの様なものになれればと本気で思っていますーー


へへへいそれではここからは軽〜くお酒でも飲みながら肩の力抜いてクローゼットのあの服と、最近インスタで見たあの服と合わせようかなぁなんて思いながら見てもらえたら幸いです。

では、どうぞ。


・ Mazed Thoughts 
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9723.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9724.JPG

我々の新たなコンセプトツアー‘Operation X’をフロントに掲げ、バックには睡眠中の脳内での情報処理活動伴うノイズを視覚化しアトランダムに並べたLong T-shirts。敢えて太めだったり一癖あるボトムスと着て欲しい一着。

  Satellite Symbol
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9720.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9716.JPG

オリジナルに染めたイエローのLong-Tshirtsに宇宙空間にシンボルをイメージしたデザインの人工衛星が浮かぶ。Crossfaithのシンボルをフロントに構えながらもチルな空気のコーディネートで生きるかと思いマス。

・ Kill'em All
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9714.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9715.JPG

スタンリー・キューブリックによって1987年映画化された『Full Metal Jacket(フルメタル・ジャケット)』のポスターデザインから着想を得てKill'em Allの歌詞をマッシュアップした一枚。ブルーとレッドのアクセントをボトムに入れても、ストレートにミリタリーなボトムスにもー

・ Left Overs
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9717.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9725.JPG

ー多くの者が人間を終えその渦の向こうへ、取り残された彼は偶像主義者となりただ祈りを捧げる事になる……

アイロニーな架空のストーリーをフロントに、バックには髑髏シンボルを施した一枚。着るなら是非バチバチのオールブラックでどうでしょ☝︎

・ A.I
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9719.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9718.JPG

オリジナルで染めたタイダイボディーにXENOの世界でのガイドを務めたA.Iをフロントに、バックにはシンボルを施し、有・無機質のコントラストを表現した一枚。僕はブラウンのボトムスでパシッと締めてみました✌︎

・ Pipeline
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9722.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9721.JPG

CROSSFAITHのロゴを導管の様に繋げポップアート調に仕上げた一枚。ゴツめのスケートシューズと合わせてラフに着て欲しいー




重ね重ねになるけれど何故我々が、一バンドがLOOKBOOKを撮るのかというのはただTシャツをカッコよく見せたいって事ではない。という事を伝えたいなぁ、、と思い、いきなり冒頭から少し語り過ぎた様ですが、ずっとぐるぐるしていた事だったのでここで綴った事が少しでも見ているあなたに伝わっていれば幸いです。LOOKBOOKを見て僕、私ならこうしてみようかってなってくれたら最高に嬉しいなぁ。。


そしてそして、まだまだ続くOperation X Tour、是非あなたの街のライブハウスに実際に来てマーチを手にしてみて下さい。

夏のマーチもまた違う空気感のシュッとしたやつだったりチルなやつだったりもう着手してるのでお楽しみに。それでは次はライブハウスで会いましょう :)

See you in da pit & Life is Sweedish \m/

Hiro