今、松竹座からの帰り道でこれを書いてる。

みんなアイドルでいてくれてありがとう。アイドルでいることを選んでくれてありがとう。なんか分かんないけど、そんなきもちでいっぱいで、ちょっと泣ける。

この前自軍のデビューが発表されて、喜ばしいことなのにいろんな憶測が溢れすぎてみんな疑心暗鬼になってて、素直に喜んじゃダメみたいな空気感が続いてて、わたし自身も不信感を覚える点もたくさんあったけど現場行ったらそういうの全部吹っ飛んだ。やっぱりわたしはアイドルが好き。アイドル出てくれるみんなが愛しい。目の前がすべて。

自分の思春期を思い返す。部活動に明け暮れていたあの頃、勉強して、学校という狭い世界で必死に人間関係を築き上げていたあの頃。たった数年しかない青春を少しずつ確実に犠牲にして夢を与えてくれてるアイドルたちには頭が上がらない。上から下までさまざまな年齢の子たちがいるジュニアの中で思春期を犠牲にせず生きている子はきっといない。過去に犠牲にした人、現在進行形でしている人、近い未来犠牲にするかもしれない子。今日その全員を間近で見てきた。なんか分かんないけど泣けた。
だって何回思っても、あの時分のわたしは何の責任も担ってなくて、親の庇護下でぬくぬくと自分のことだけを考えて生きてたのに、それと同じ年頃の子たちは自分だけじゃなくてファンのことも考えてくれる。一生って一回しかない。でも「応援してくれるファン」のためにって言ってくれる。なんかもうそれだけでありがたい。
辞めることは簡単。現にわたしも社会人一年目、働き始めて四ヶ月目なんですけど精神病んで現職辞めようとしてるくらい。堪え性ないからすぐ辞める選択しちゃう。でも目の前に立ってる子たちは「辞める」を選択してない人で、やっぱりアイドルでいてくれてありがとうとしか言えない。ありがとう。夢を見せてくれてありがとう。元気をくれてありがとう。

本人たちは犠牲なんて思ってないかもね。きっとそんなマイナスには捉えてないね。でも、やっぱり、普通の人生歩いてきちゃったらさ、全部全部費やしてアイドルでいてくれることに感謝しかなくて。アイドルでいてくれてありがとう。ありがとう。みんな最高に輝いてるよ。



わたしは今、SixTONESを追いかけている。

きっかけは、昨年のYouTubeのMVを知ってという、比較的最近にありがちなハマり方だと思う。そもそも最近のスト界隈の治安の悪さはわたしみたいな入り方した新規のせいなんじゃないかな、と思ったりする……

さて、わたしはそもそも二次元オタクである。ジャニーズにはほとんど興味がなく、母と妹がそれぞれジャニオタなので毎週VS嵐や嵐にしやがれを見たり、少年倶楽部を見たり、あるいは嵐のライブ映像を見たりする程度の家族にジャニオタいたらそうなるよね〜レベルの人間だ。
そんな人間がうっかりジャニーズの世界に足を踏み入れてしまい、周囲の援護射撃もあって過去の少クラやガムシャラを視聴する機会があった。

わたしがSixTONESを知った11月といえば、表題にもしているLove-tuneのメンバーの退所が発表された月でもある。
それまでのわたしは本当に二次元にどっぷりオタクだったので、夕飯時に流れている少クラを流し見したとしても、妹が好きなMr.KINGくらいしか知らなかったわけだ。SixTONESのことも、妹が好きだったのでグループ名と曲調が好きだったJAPONICA STYLEを知っていた程度(そもそもMV見ようと思ったきっかけがあのJAPONICA STYLEのMVが見られるの!?という喜びからだった。事務所は本当ににわか層が曲気になって調べるという行動を理解したほうがいい)で、本当に全然、顔も名前も知らなかった。

ガムシャラを最初から遡って見ていくと、MC役に必ずと言っていいほど登場するジュニアの子がいた。言わずもがな安井くんだ。
回しも上手ければトーク力もあり、アイドルらしい可愛らしさも兼ね備えていて、それでいてとても男の子だなあと思う人だった。言葉を選ばず端的に言えば顔がめちゃめちゃどストライクでわたしの好みだった。年齢を知ってえ、童顔すぎん……? ドタイプやん……となおさら思ってしまった。
でも、彼を知った時点で、彼は事務所を去ることが確定してしまっていた。

その後、自宅のHDDに残っていた2017年ごろの少クラを遡り、Love-tuneのパフォーマンスに出会う。多分時間あった頃だから今年の1月くらいの話。見たのはMOONだったかなあ。
とにかく衣装映えがすごくて、演出もめちゃめちゃかっこよくて、でもとてつもなくアイドルで、今しかジャニーズにハマるきっかけはなかっただろうに、なんでこのころにハマれなかったんだろうってすっごく悔しかった。
顕嵐くんと安井くんの顔面の圧に負けた。いや顔面力……強すぎん……?

でもわたしが彼らのパフォーマンスを知った時点で、彼らは事務所を辞めているし、もうアイドルではないんです。それが本当に悔しくてたまらない。

そして何より、にわかのわたしが今再集結して活動しようとしている彼らについて何か言おうとしたり、追いかけようとしたりしようものなら、ただの冷やかしにしか見えなくてわたしが彼らの長年のファンだったらこんな気持ちで見られるの嫌だろうなって。そう思うと余計に目に入れないようにしたいけど、でもやっぱり、どうしようもなく気になってしまう。情報を追いかけてしまう。

例えば、これから活動しようとする彼らを追おうと思っても、わたしは永遠にジャニーズにいた彼らを知ることはかなわない。これから活動する彼らはもうLove-tuneではない。ジャニーズだった彼らを一切知らず、新しい道を歩きはじめた彼らを知って追いかけたとかなら多分こんな気持ちにはならなくて済んだんだろうけど、SixTONESを好きになった時点でわたしは彼らの過去を知っていることになるし、何より辞めたことで好きになった、なんて思われるのめちゃめちゃ失礼すぎない? と思ってしまう。実際退所案内があったことでわたしは彼らのお名前を認識したわけで。あの時SixTONESを好きになってなかったら、永遠に「隣の畑は大変ねえ……」という他人事で終わってしまっていたわけで。

だけど本当に、彼らが気になってしまう。彼らのSNSは全部フォローしてるし、毎日一回は検索かけてるし、らじらーも毎週聴いてたし、3月末の配信も見てたし、来週からのバラエティも見るのでしょう。

ファンというにはおこがましすぎるに違いない。けれどもわたしは、今後も彼らの動向を見守り続けるのだろうし、この先ライブがあれば行ってみたいと思うのだろうし、安井くんの顔が好みすぎるなあと思うのだろう。去年の横アリ単独の映像見たかったな……

こんな、あなた方のことを知らないにわかのわたしでも、どうしようもなく気になってしまうと思わせる7人は、途方も無いスター性を持っている。

※ネタバレ有。セリフはニュアンス。

 またすごい作品に出会ってしまった……とただただ溜息しか出ない。

 以下、劇場配布のパンフレットより引用

2038年、第三次世界大戦終戦。日本は大敗を喫した。
かつての日本の姿は失われ、土地は数字で管理されるようになった。

終戦から10年

戦争の傷が癒えつつある今もなお、敗戦の責任を軍に求める一部の国民たちと、軍の内戦が続いていた。



 第三次世界大戦という題材を取り扱うこと自体結構切り込むなあ、と観劇前から思っていたものの、観終われば観終わったで想像の上を行く内容に直後は咀嚼するまでに時間がかかり茫然とするしかなかった。
 作中で言及されている内容は観客側に対してかなり痛烈に刺さったのではないだろうか。少なくとも糾弾されている年代直撃の私は刺さったし、現代日本の問題を直接言及していると言える。
 御影が述べていた「何もしなかったをした」は、まさに今の若者のそれで、事実何をしても、どう行動しても現状は変わらないと思わされている節がある。何もしないことは確かに責任を問われないかもしれないけれど、裏を返せば何もしないことで起こったことに文句を言う権利はない。うーん痛烈。
 第三次世界大戦終結後の日本を描くことで、現代日本や人間の身勝手さへの風刺があらゆるところに散りばめられていて、考えさせられることが多い作品だったなあ。
 「お前にとって平和ってなんだ?」という城戸の問いは、観劇している全員に対しての問いかけでもある。問われた御影は「さあね」とだけ答えるが、この答えは百にいれば百通りあるのだろうし、正解もない。与えられている今が決して当たり前ではないことを突きつけられた最後だった。


ここから先は適当な考察と妄想。

・暴動区指定の謎
 冒頭で鎮圧されている暴動において日本軍側として出陣しているVAN。連れていたのは城戸。これが初陣だったのか灰崎が知らなかっただけで実はもう何度も使用されていたのかが気になった。でもバイオロイドが暴動区の鎮圧に使われているようなセリフがあったような気がするのでただ単に灰崎が知らされていなかっただけなのかも。
 またその暴動がおこった地区が暴動区に指定されてまだ一年しか経っていない(元々平穏な地区だったはずなのにどうして指定されたかすら灰崎側は分かっていなかった様子)、にも関わらず現場経験が豊富な灰崎が想定を見誤るほどの戦力であったり武器の所有数であったりと謎が多い。これに関しては城戸が「見せしめ」という言葉を使っていたので、この暴動騒ぎが見せしめの一つであった場合、武器や暴動区戦力向上の一端を担っていたのは実のところ日本軍なのではないか? 力をつけさせ、これなら日本軍に歯向かえるかもしれないという希望を持たせることで暴動が起きる流れを作り出し、その上で騒ぎを鎮圧することで他の国民へ「日本軍に歯向かえばお前たちもこうなる」という見せしめに繋がる。それにバイオロイドの戦力がどの程度のモノか図るいい機会にもなる。
 後半で御影が述べていた「第三次世界大戦が起こってしまったものではなく起こるべくして引き起こされた戦争だ」という文言と前述の流れは同じ。


・須磨について
 灰崎が神永からバイオロイドの事情を聴こうとしていた場面に遭遇した須磨が音を鳴らしてしまったのが故意か偶然かも結構焦点になってくる。須磨が(生駒の先導があったといえども)御影の居場所特定のリスクを背負ってまで灰崎にラジオを聴かせる理由はない。にも関わらず聴かせているあたり、元々須磨は灰崎を巻き込むつもりだったという仮説が立てられる。
 もしも神永から灰崎がバイオロイドの事情を聴かされていたとすれば、灰崎は御影側ではなく城戸側についていた可能性がある。灰崎は暴動区鎮圧作戦の時点で溜飲は下げ切らないながらも城戸の主張を一応肯定している。我が子を軍事利用させたくない(人殺しの道具として扱われているところを見たくない)という私欲から動いている御影側と、国益のためにバイオロイドを使役しなければならないと考えている城戸側ならば、分が悪いのは完全に御影側。御影は既に退役しており軍の人間ではない上、城戸側は国益のためという大義名分のもと灰崎を言いくるめることも容易だっただろう。


・黒沢について
 黒沢の立場が一番謎みが深い。西北西93区に居住地を構えているのは勿論偶然ではないだろうが、一体いつからそこに住んでいるのか、いつから働いているのかは分からないし、冒頭で御影と出会ったときはまるで初対面のように振舞っていたのでまさか軍側と絡むことになるとは思いもしなかった。
 須磨「御影さんが探しているものがまだ見つからない」→探していたものはバイオロイドを倒せるほどの強度がある金属なので、その金属を探すための先遣として黒沢が各地を飛び回っていた可能性が高い(「千早のお父さんが作ったものが今までで最高強度」発言より)。
 御影はバイオロイドを壊すために退役しているが、その退役理由として自ら左足を撃ち抜いている。良彦と直斗・千早を探しに出かけた時に長時間歩くことが出来ない描写があることから自らの脚で動くことが困難なため、部下であった黒沢を使い金属の情報を集めさせて決定打を得てから移動を繰り返していたのかもしれない。
 須磨の口調が敬語であること、城戸が黒沢の顔に見覚えがある程度、神永が黒沢の名前を知っていたことから黒沢は恐らく元中佐であることが予測される。


・なぜバイオロイドたちは御影を忘れていたのか
 劇中で御影→バイオロイドへの愛情や感情は丁寧に描かれていたので彼の感情の動きは分かりやすかったのだが、どうしてもバイオロイド→御影の感情や想いが伝わって来づらかったのが恐らくこの問題に帰結してくる。
偶然御影の声を聴いたVANが「聴いたことのある声だが思い出せない」「知っている声」ということまでは分かっても、それが誰か思い出すまでに時間がかかっている。御影を思い出して「あいつ最近見かけねえな、どこ行ったんだ?」と一度はそれほど外の世界が面白くないからと戻ってきたはずの本部をいとも簡単に抜け出して御影を探しに行ってしまうほど御影に執着心を持っていたにもかかわらず忘れていた理由として、御影が退役する際に、御影に関する記憶をデリートに近い形で封じた仮説が一番自分の中で腑に落ちるのだが……
 全然根拠のない妄想しかできないので疑問点としてだけ挙げておく。

・御影千明について

 終始一貫して御影千明という男がただただずるい。御影には三つの顔があって、一つは西北西93区の子どもたちに対する近所に住む優しいおじさんの顔、一つは部下や同僚に接する軍人としての顔、そしてもう一つはバイオロイドに対して見せる親としての顔。
 西北西93区の子どもたちに見せる顔と、バイオロイドに見せる顔は似て非なるもので、後者は完全に親のそれ。バイオロイドを壊そうと決意した理由からしてかなりつらいのだけども、その過程で(わざと)脚を失ったり最後に壊すことを躊躇ったりと、彼らを壊したくないという気持ちと彼らを壊さなければならないというエゴの矛盾の戦いそのものに魅せられる。
精魂込めて作ってしまったバイオロイドを壊した理由が彼らを愛してしまったからで、愛してしまった彼らが人を殺すところを見たくないからというのが最高だった。破壊兵器として製作された彼らはどうしたって人を殺すことが目的の機械でしかないし、彼らは人を殺すことが課せられた仕事だ。けれども彼らの手によって奪われる人命を思うよりも彼らが人を殺すところを「自分が」みたくない、が明らかに上回っている。結果的には国民のためになるかもしれないが根底では国民のためではなく、結局自分のためでしかない。この時点で御影は御影大佐ではなくバイオロイドの製作者御影千明=バイオロイドの親として行動を選択している。
 そこを考えた上で墓標の前に佇む御影がこんなことになってしまってもまだ会いたいとさえ思う、だったり、愛してしまった、だったり、バイオロイドへの愛を吐露するたびに心が重くなるし、もう少し掘り下げが観たいと思ってしまう。

 ちなみに直訳するとVANITYは虚栄(見栄)、SILLYは馬鹿げた、ZANYはおどけたという単語。つまり軍にとってバイオロイドとは大敗した事実を覆すために「見栄」であり「馬鹿げた」開発でしかなく、「滑稽な」末路しか生まない産物である、という解釈もできるのではないだろうか。これらを名付けたのが御影だとしたらどこまでも皮肉。
御影は神仏・貴人の像。これはどちらかというとバイオロイドからの視点で、バイオロイドにとって御影は神にも等しい存在だった。彼ら三人にどこまで御影が生みの親だという自覚があったかは分からないけれど、少なくとも「壊れたら直してくれる」相手であり、自分たちが攻撃されて(銃を向けられて)も他の人間たちとは違い自発的に攻撃を仕掛けることがない程度には、御影に対して特別な感情を抱いていた、と私は考える。
 御影に撃たれたZANYは何をされたのか理解できず「穴空いた。直して?」「直すのが御影の仕事でしょ?」と淡々と訴えかける。それに対して御影は「直さない」「もう直さないんだよ」と駄々を捏ねる子どもに言い聞かせるような口調でとどめを刺す。壊される直前のVANの表情はあまりにも悲痛で、御影を呼ぶ声はあまりにもなんで? どうして? という戸惑いに満ち溢れている。他のバイオロイドや人間の前では小学校低学年程度の知能しかないながら最も大人びて(ようとして)おり、背伸びをしているVANが御影の前ではただの子どもになってしまうのだ。
 VANが自分たちの都合で作っておいていらなくなったから壊すのかよ、と吐き捨てた時、思わず銃を下ろして違うと言い切ったり、仲間が攻撃されているにも関わらず自分からはVANを止めることも仲間を助けることも出来ず、引き金を引いたときに慟哭するなど、なんかもうただただつらい。もしかしたらまだバイオロイドが試作段階だったころに人を殺さないように教育しようとしたんじゃないだろうかとか考え始めてしまう。学習型AIを搭載しているし感情を持っている彼らならもしかすれば理解してくれるのではないかと期待して。
 御影にとって、バイオロイドは昔犯した罪(何もしなかったをしたという責任を取らされているという意識)から作り出したはずだったのに、出世し第三次世界大戦が引き起こされてしまった真実を知るにつれ自分がとんでもない間違いを犯してしまっていたこと、その上その間違いに対して愛情を抱いてしまったことから壊すことに決めた。というのが背景にあるのかもしれないなあ。





・そのほか適当な妄想
 御影が退役した時の負傷ってどういう処理だったんだろう……銃の暴発扱いなのかただの事故処理なのか、それこそ"名誉の負傷(バイオロイドの暴走)"扱いにしたのか。ちょっとだけ気になる。だって国家機密中の機密であるバイオロイドの生みの親がただで退役できるなんて思えない。その上行方くらましができるほど軍は簡単でもないはず。足の負傷→退役志願→受理される前にバイオロイドの制作方法などを焼却、行方くらましが妥当なラインかもしれない。大佐という立場を持った人間が退役を志願している最中にいなくなってしまったなんて外聞が悪いにもほどがあるので表向きは退役処理をしており、事情を知る城戸からは「逃げ出した」人間、事情を知らない灰崎からは「いつか(どんな形であろうと)戻ってくる」人間として認識されていた可能性も。


 登場人物の年齢が出ていないので適当な推察。何もしなかった若者(特に政治に無関心であったこと)などから十年前時点で御影は23-24歳程度だと仮定し現在34歳あたり? 言葉遣いから同じ大佐である城戸・灰崎も同等程度だと仮定。しかし灰崎は中佐である生駒と恐らく同期であり、生駒は階級差より城戸に対しては敬語を使用している。このことから年齢は城戸>灰崎・生駒≧御影なのでは?
 西北西93区の子どもたち。良彦の戦前は生まれたばかりで知らない発言・炭鉱で働いていること・18歳になったら軍人になろうと思うという発言から良彦は13-14歳と仮定・兄である千早、その友人の直斗は子供じゃないです発言・ラストシーンの俺たちが日本を守りますから発言(これ=軍に入るという意味だった場合まだ18歳未満と言えるため)から16-17歳程度と予想。
 でも大佐は大体40代半ば、中佐は四十歳程度、少佐は三十代半ば、少尉が二十代前半であると考えると役者の年齢で図ろうとするのが間違いで実際は予想よりもっと上の年齢の可能性も無きにしも非ず。とはいえ作中で大佐以上の階級は登場しないし、城戸が国家と密な関係にありそうなことが示唆されているので大敗して上層部が一掃→当時若者であった御影たちが一斉に昇格・大規模軍事作戦(バイオロイド製作)に御影・城戸が携わっていた可能性もある。この辺は完全に根拠のない妄想なので適当に流し見してやってください。


 とりあえず観劇し終わった直後の殴り書きなので、また後日改めて書き直すかもしれません。落ち着いて考察を深めていきたいと思います。

↑このページのトップへ