_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0847.JPG
※加工、編集無しの作品。




カメラマンとして活動していくと
カメラマン達と話をしていく中で

こんな話題が上がったりする。


自分の好きな人たちを撮っていく中で





イベント等になると
苦手な人や、関わりたくない人は
撮影したくない。



こんな話題になる時がある。
ほとんどの人が
苦手な人は
撮りたくない!
と、色んなカメラマンさんから聞いてきましたが




私はその話には共感出来ない。

誰にでも、
嫌いな人は作らないようにしていても
苦手な人や
関わりたくない人って
必ずいるかもしれませんが



 
自分1人だけの感情で撮影者を
選んでしまうのは
好き勝手な作品ばかり
出来上がってしまうと思うのです。




イベントに参加している
全ての人達の想い出作りに
カメラマンとして
協力する事は
凄く大切な事だと思う。


自分の好きな人達だけを撮影するのは
なんか上から目線的な感じだし
自分の感情だけを優先して撮影するのに対して
私は全く共感出来ない。


どんな人物でも
気持ちを込めて撮影する事って
凄く大切な事だと
私は思います。


イベントの時は
友達でも
知らない人でも
苦手な人にでも
様々な人達に
積極的に声をかけ
撮影の許可を得て
想い出作りに
協力する
カメラマンを
私は目指しています。


もちろん、まだまだ未熟者な私なので
完璧には出来ないかもしれないけれど
日頃から
意識を高めて
勉学に努めさせて頂きます。



5ZAbAvO_SU.jpg
※加工編集無しの作品