月別アーカイブ / 2016年05月

3


最近、

四国大会の空手がテレビで放送されるけんど

子供達も出てるの?

って

よく聞かれるけんど



RKC放送で放送される

空手の四国大会は


極真空手の四国大会です.


空手って

色んな流派があって

色んな団体が存在するけんど

極真空手さんのはフルコンタクト空手と言って


中学、高校の県体や
インターハイとか、国体では
取り扱われていません.

どちらかとゆうと

ボクシングに近い感じです
(๑^︶^๑)・.。:*・♬*


私の息子と娘がやってる空手は

学生さんの
県体だとか、インターハイ、
国体とかで正式に扱われている
空手やから

規模は
こちらの空手が全国的にも多いんです.


ちなみに
来週は、明徳義塾中高の体育館で
高知県空手強化練習が開催されるけれど
それに息子さんも
参加予定です☆☆


高知県に住んでいたら
極真空手さんの方が規模が大きいんじゃないの?

って
空手知らない人は
思われてるようですが


全日本空手道連盟、略して
JKF
日本で1番大きい規模の
空手連盟です☆☆

エイベックスで歌手のAAAさんなども
コラボしてますよー

ホームページは
こちらから
全日本空手道連盟






2

この写真を5分ほど見てから

娘が学校で使いゆう

学習鉛筆で

14年ぶりに

鉛筆デッサンしてみたで


高校の時に

担任の先生と
美術の先生に

美術の大学へ行きなさいって

美術の先生の
師匠がやってる
造形教室を紹介されて

1年くらい通いよったけんど

その日ぶりに

鉛筆デッサンしてみた


消しゴムは使わない

一度も消さない

下書き無し

ぶっつけ本番で

見本を5分ほど見てから

描いてみた٩( ᐛ )و




絶対
間違えても
消さない

やき、沢山

間違えてしもうたけんど

何処が間違えたか

分かるろうか




眉毛とか

顔の輪郭とか

影とか

耳の形、耳の穴


15分くらいで描き終えたけんど


下手くそやわ


5


空手は

息子が
泣き虫やったき
当時大阪に住みよった
近所の叔母様のおすすめなどで
始めた空手やけんど

私も

空手を理解せないかんと思うて

空手を2年間ほど
習ったけんど

深くは
勉強したりしたことなくて


ここ最近

めっさ

空手について

独学で勉強したけんど


空手には

色んなチーム(◯◯会)
があって

色んな流派が存在するけんど

それって

1人の人が

あーしたい
こーしたい
ってゆう気持ちから
独立して

自分が新しく

作ったりしゆうってことが

ここ最近分かった.


バカな私やから

前までは

仲良くすればいいのに
とか
子供が第一ながやき

面倒なことは
せられん
とか

いろいろ落ち込んだり
悩んだりしたけんど

結局

空手をしっかり勉強してなかったき
それぐらいしか
思えんかったけんど

やっぱり

今のチームで
不満があったり
今の会で
不満があったりしたら

そこで
いろいろ動いてしまうと

結局

子供に悪影響になるし
親だって
いろいろ悩んでましまうし
必ず
誰かを傷付けてしまうと思うから


何かに不満があったら

そこで
いろいろ動いて
誰かを巻き込んで
傷付けてしまうよりかは


その会から離れて

新しい会を作って
新しいチームを作った方が

1番ベストやと思うがよね.




私は

今の息子が存在するのも


致道館のおかげやし
日本空手協会のおかげやし(大阪時代)

日本空手道連盟のおかげやし(現在)

高知の空手協会のおかげやし


だから

今のままで

じゅうぶん

ありがたい空間だなと

思ってます.



一時期

いろいろ聞いて

ため息出る事が多かったけんど


結局


子供が

大好きで
やってもらいよったら

問題ないもん

*:.。.(*ˆ﹀ˆ*).。.:* 



高知の空手は

素敵なのです
٩(๑•̀ω•́๑)۶



もし

不満があったら
自分で

新しい
チーム
新しい
協会

を作ったら

不満は

一気に消えるんじゃないのかな?

(๑^︶^๑)・.。:*・♬*


だって

空手で
色んな流派があって

色んなチームがあって

色んな協会が存在するのも


1人の不満から始まって


そこから

新しく作れば

楽しく

ワイワイ

出来ると思うもんね

٩(๑•̀ω•́๑)۶



私は

息子と娘が

空手から

感謝の気持ちを学び

仲間の大切を学び

師範に大事なことを
学び

礼儀作法を学び


ニコニコ


楽しんで

やってるから


今のままで


ありがたや

ありがたや


です

(๑^︶^๑)・.。:*・♬*







↑このページのトップへ