_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0204.JPG
①テイクアンドテイク(欲しい愛)
②テイクアンドギブ(条件付きの愛)
③ギブアンドギブ(無条件の愛)
④ギブアンドテイク(駆け引きの愛)
⑤ギブアンドフォーゲット(無条件の愛)


あなたのお好みは?

私は
テイクアンドテイクとギブアンドギブが必要で、
ギブアンドギブだけよりも、テイクアンドテイクがあれば良いと妄想してます。

テイクアンドテイクは、子供が大人に。
ギブアンドギブとギブアンドフォーゲットは
大人が子供に。
そして大切な人に。家族に。

子供がギブアンドギブを理解するのはなかなか
ハードルが高いし難しい。
世の中、ギブアンドギブだけにすれば、子供が大損になっちゃうよ。


だから
ギブアンドフォーゲットも必要だし
テイクアンドテイクも必要‬
✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

だってさ、
ほしいものはほしいんだもの。
にっこるも言ってた。

うん、欲しいものあるのは
我慢するのもしないのも自分自身次第だし
その欲があるの仕方がない。
人間には必ず欲があるから

遠慮してしまうとムズムズしちゃうよ。
子供なんて特に我慢しても
歯がゆいんじゃないのかな。


駆け引きは
今まで歩んできたビジネスの形なんだろう。


弱っていて
悩んだり
傷ついたりしてる人には
ギブアンドギブよりも
テイクアンドテイクなんじゃないのかな。


にっこるblogはこちらから
↓   ↓



Y2FWzCWAaO.jpg


レターポットできる人は

見返りを求めない人。


見返りを求めてる人は


レターポット出来ないと思う。

欲が強いんじゃないのかな?

でも
その欲が
他の場所で生かされる可能性だってあるから
見返りを求めてるパワーも開花する事だってあるし
凄いエネルギーなのかもしれないけど
自己中心度合いが高くて
なかなか人が集まりにくいのかもしれない。
そこに被害妄想が発生すれば
デメリットとなる。



私はにっこるの遠距離マネージャーだけど
見返りは求めずに
奪われても構わない覚悟で
にっこるに私の想い、夢や目標を届ける。



そこに
見返りは求めない。


なぜなら
にっこる凄いエネルギー溢れてるから。



ただ、
私は妄想とアイデアを持ってるだけで


それ以上に行動できるのが
にっこる。



そこに
私は見返りを求めるほど
凄い人間でもないし
そんな欲は持っちゃダメ。


専属マネージャーにならせて頂いていることに
感謝しています。



感謝、ありがとう
嬉しい、楽しい


そんな想いがあれば


見返りって言葉は
思い浮かばない。


2012年10月3日。
COWNewStandardを作って、、、。
Facebook 四国、関西、関東モデルメンバー達も
見返りを求めない
素敵なメンバーばかり集まってくれていて。
だから
私は幽霊部員とか気にしてない
✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝
見返りを求めてる人は必ずメンバーから離れていく。
そんな人達の共通点ですら数年前に発見した。



にっこるワールドから
色んな世界を見て触れて

遠距離マネージャー
成長します!!


にっこるblogはこちらから
↓  ↓

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9544.JPG

最近出会った
センス溢れるモデル、
その名も

のんのんのぞみだっ!!!


性格も良いし
色気から可愛さまで
あらゆる表情、雰囲気、ポージングを
惹き出す
山北宣伝部長
その名も
高橋望だっ!!🍀*゜
ニックネームは
勝手に
のんのんとか、のん氏とか、ノン子とか
呼ばせて頂いております
✌(´>ω<`)✌



山北みかんや香北町の想いが熱く
のん氏が企画した
初めて山北で開催した
マルシェでは
去年だと4000人もの来場者✨

行動派で、情熱的で、
優しいのん氏(*´╰╯`๓)♬


明日の
さんさんテレビ岩原さん主催の
忘年会にも
彼女が参加するけども


私が男だったら
これまた
確実に惚れてます‪‪👋🍀*゜


ニジユメさんも素敵やけど
また
のんのんは真逆の魅力があって
そして
優しくて暖かい。



チームからも
彼女をしっかりアピール出来るように
頑張ります!!!!!!

高橋望Instagram
Facebookは
高橋望で検索お願いします🌸✨
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9542.JPG
撮影/西森亜珠佐


さぁ

楽しみだ
(*´╰╯`๓)♬




_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9752.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9751.JPG
撮影/吉川 浩彦

↑このページのトップへ