まずは、
みんなでよさこいプロジェクトの
GReeeeNの『この地へ』でコラボした
動画を作りました*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚


この後、、、
SNSの写真を集めて
動画を勝手に作成中✨


だって
十人十彩ラブだから💖٩(ˊᗜˋ*)و

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3429.JPG
撮影/イケメンカメラマンの下元敦



【子供達にも伝えかったこと/母のチャレンジ】

後夜祭が終わって、高知のよさこいの夏が
幕を閉じました。

今年
どうして
よさこいの踊り子として参加したの?
って聞かれる時がありましたが

それは
こんな
バカなお母さんでも
努力すれば、諦めなかったら
必ず何か
少しでも変化は絶対あるんだよ。

それは
言葉で子供達に説明するのではなくて。
お母さんの背中で、いろんな何かを
感じてくれたらなぁって。

約14年ぶりに十人十彩の女踊り子として
参加させて頂きました。

あの頃は
ダンスのセンスが無くても
ダンスも習ったりもしていたので
今よりは吸収率は高くて隊列側に
ならせて頂いた記憶が残っておりますが

本祭前に
アキレス腱を断裂してから
ショックでネガティヴになり
全くよさこい踊らなくなり
学校もサボりがちになり留年。

よさこい情報すら
見ないようにしていました。
それは
見てしまうと、いろいろ思い出して
辛くなるから。
でも、
十人十彩の動画だけは
YouTubeで、いつも見ていました。
気持ち悪いくらい見ていました。




時は流れて
2015年頃から
よさこいチーム『夢現いちぜん』のスタッフを
やらせて頂いて
間近で、よさこいの練習を見たり、
踊り子さん達を応援したり
撮影したり
お手伝いしていると

当時の
アキレス腱を断裂したあの頃や
楽しく踊り子として参加していた事を
思い出しました。

本祭で踊れなかった
あの頃を、もう良い想い出にしたいし
もう一度、十人十彩で踊りたい!!

そんな想いが日に日に強くなっていきまして

今回
十人十彩2017の女踊り子として
参加させて頂きました。

自分の殻を破りたい想いもあるけれど

我が子達へ。
こんなバカなお母さんでも
努力すれば
必ず何か変化はあることを
言葉で表現するのではなくて
お母さんのチャレンジ体験で、背中を見て
いろいろ感じとってほしい。

そんな想いもありました。

案の定、、、
やはり
ここ数年、かなり運動不足だし
もともとダンスのセンスが無いから

十人十彩の踊り子としては、かなり
ダメダメだったと思います。

家で毎日
自主練していて
子供達にも
『お母さん、ロボットみたい!!』
『お母さん、ダンス下手くそ!!辞めたらいいのに。
なんでそんなに無理するの?』
って本祭ギリギリまで
心配したり、アドバイスをくれたり。
うん、子供は正直に伝えてくれます。

そして、、、
いつもインストラクターさん達に
ご迷惑を
おかけしておりました。

悲しくなるほど、吸収率が悪くて、
沢山、インストラクターさん達に
困らせていました。
私の振り付けの吸収率が悪くて、下手くそで
練習から家に帰る時に、
どうして私はこんなにダメダメなんだろうかと
車の中で、何度一人で涙が流れたのかな。
声が出るほど泣いてしまう時もありました。

練習用に大きな鏡を購入して
毎日、自主練しても
私のオリジナリティな振り付けに変化してしまい、
本来の振り付けが変になったり

笠だって、本祭になっても
なかなか綺麗に上手く被る事が出来なかったりで
ご迷惑おかけしたと思います。

しかし
それでも
見捨てずに
向き合ってくれて
丁寧に最後まで
指導してくださって。

後夜祭を終えて
集合して、話を聞いてる時に
色んな、十人十彩で過ごした
あの日を沢山思い出しました。


十人十彩はこの言葉通り
1人1人が居て
十人十彩なんだなって。

私は学生時代から、ずっと
十人十彩が大好きなので
SNSから
十人十彩情報を紹介していきます。

有難うございました。

私のベストショットは
この笠の中に入れるコレです。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3396.JPG


玄関の直射日光当たる場所に置いて
曲がって、、、。

段ボール付いてますが
手作りの段ボールで作ってくださったからこそ
とても想い出深くなり
私にとったら凄く豪華でプレミアで
十人十彩2017で過ごした
心臓に響く宝物になりました。



この夏、
十人十彩に感謝。
有難うございました😭

↑このページのトップへ