トークde全国制覇、1人芝居のアフタートークでも行います!

14日14時のゲストは、埼玉県出身の鹿島田織恵さんと山崎未来さんです!


言わずもがな私は大信頼を寄せる女優の二人ですが、今回このふたりに声をかけさせてもらったのは可愛らしいふたりの幼少時代の写真をSNSで発見したことがきっかけです。
IMG_20190701_174724.jpg
IMG_20190701_174727.jpg
もしかしたらふたりの過去についてはみんな聞いたことなかったんじゃないかな?ということでバシバシ埼玉、そしてふたりの過去について質問していきたいと思います!

1561970586954.jpg
鹿島田織恵
埼玉県出身。
10歳で所沢市民ミュージカルに出演したことをきっかけに舞台俳優を志し、埼玉県立芸術総合高校に進学。その後立教大学にて舞台芸術・身体表現について学ぶ。
2017年10月より「ピヨピヨXXX」の発足メンバーとして活動。
現在、役者・ダンサーとしてミュージカル・エンターテイメント演劇を中心に活動中。

1561970613001.jpg
山崎未来
埼玉県出身。舞台女優。
歌って踊って演技もできる、小劇場アイドルユニット『38mmなぐりーず』情熱のレッド担当だった経験も有り。
現在はフリーで小劇場の舞台を中心に会話劇からミュージカルまで幅広く活動中。
よく食べ、よく笑い、気圧の変化に左右されない。

常連のピヨピヨレボリューションでは『Gliese』『疫病神』『プロポーズ難民』『SHOOTING PAIN』に、出演。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<公演詳細>
『口火きる、パトス』

古代ギリシャ人は言った。弁舌には三つの重要な要素があると。

「ロゴス(論理)」、「エトス(信頼)」、そして「パトス(情熱)」。

弁論部の武闘派部長、柳幹久(やなぎみきひさ)はそれを心得ていた。
心得ていたがために、大きな壁にぶつかっていた。
何故なら柳は、愛を語る舌だけは、持ち合わせていなかったのだ!

歯向かう部員!立ちはだかる自意識!豊富すぎる語彙!

さぁ!柳!
鉄の心を持つ柳!
今こそ、パトスが走るとき!

要は、恋愛経験の極端に乏しい武闘派弁論部の部長が、衝撃と共に恋に落ちる話です。


脚本・演出:山本タカ(くちびるの会)
出演:コロ

【タイムテーブル】
2019年7月13日(土)~18日(木)
13日(土) 18:00
14日(日) 14:00/18:00
15日(月祝)14:00/18:00
16日(火) 19:30
17日(水) 19:30
18日(木) 19:30

【チケット】
2,500円

【会場】
live space anima
新宿区四谷4-9 shinjuku44station 3F
東京メトロ丸の内線 新宿御苑駅2番出口 徒歩5分
JR新宿駅東口 徒歩18分


コロブチカ、単身47都道府県を周る一人芝居の演目のひとつは、『口火きる、パトス!』
恋愛経験の極端に乏しい弁論部の武闘派部長が、あれよあれよと言う間に恋に落ちる!

たった一人の舞台上、勝手に暴れる!傷つく!のぼせ上がる!

これぞ!燃焼系独り相撲の全国巡業!