テーマ「母親だから出来ること ~安心して子育てをするために~」
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5697.JPG
高濱正伸先生


講演会とか行くのって多分初めて。


あ。
もしかしたら母が創価学会に入っていたので
幼い頃一緒に何かの先生の話を聞きに出掛けてたかもしれませんが……。

ちなみに母は〝信者(?)〟では無かったです。
母親を若い時に亡くしてて、実家が岩手で中々お墓参りに行けないからという理由で入っていただけです。
なので私の事を勝手に学会に入れたりとかはしなかったし、何かの集まりの時も友人に誘われたら行くくらいで積極的に活動をしていませんでした。選挙の時も声がけなんてしてなかったです(笑)誰に投票したって上に立ってる皆はお金バカになるだけさ、ってね。

母が私によく言ってた事。
宗教に入って居る人は悪い事は言わない。
タメになるか判らないけど、普通の人間として当たり前の例え話をしたり、死後の話をするから聞く分には悪くないと思うよ?って。
ただ、それだけ。


そんな訳で、大人になってからは初めて講演会に参加。

旦那様と来てる夫婦は、私達入れて2~3組。
あとは皆母親。
俺、帰ろうかなぁ…って旦那は言ってました(笑)

私はつまんなかったらどうしよう?
つまんなかったら間違いなく寝るぞ?って思ってたけど、話し方が上手な先生で、結果行って良かったです。
楽しかった😊


ぅむ……なるほど。
と、
あぁ……そうでしょうね。
が、半々。

考えが古いので、高濱先生がおっしゃってる子供の接し方が似てるんです、うち。
そしてやはりウチは旦那の方が母さんだし、私は父さんだなぁ…って。


〝やっぱり❗️〟思ったこと。
「育児は1人でするものではない」
「母親の笑顔は父親が作ること」

なるほど!だったのは
「イジメにあう子は、やられた時に怯む」
です。


女の人の心理の話は面白かったです。

自分が付き合うならちょっと悪いくらいの男性に惹かれるけど、自分の子供にはそうなって欲しくない。
だから我が子を守ってしまいがち。
それはお腹を痛めて産んでるから仕方ない本能だって。

母親はそれでモンスターペアレントになる。
それにビビって先生達は子供たちに教えないといけない日本の文化(少し理不尽な大人都合の駄目なものは駄目!)を教えれない。
それは草食系男子を育てる。

守られてる子供は何か大変な事が起きたとしても人事と考えて危機感のない子になる。
痛みを知らない子供は、人の気持ちを考えられない大人となる。

母親がモンスターペアレントになる理由。
それは子供を守るための本能と、日常のストレスから。
そ〜ならない為には……
もっと自分の時間を作り人とネットワークを持つ事が大切。そして可愛い子には旅させちゃいましょう!

父親は、嫁が笑顔を居れるように気を配る。
女はリアクションを喜ぶ生き物だから、赤べこのように頷いとけ。と(笑)

んで、俺だって頑張ってるのに!と思われないように嫁は旦那のご飯やお風呂を一番にしなさい。
男は馬鹿だからそれで家の主である事を認識して頑張れる生き物だ。と(笑)

そうすると夫婦関係に余裕が出てきて、お互い良いパートナーになれる。

それを感じて育つ子供は健やかな成長をする。

あと、
子供がグレたら、まず歳など関係なく仕事をさせるといい。社会勉強が一番効果的だ。
出来ないなら、子供を仕事場に連れてゆき、親の働く姿を見せるといい。

あと、
子供がイジメに遭わない為にも〝怯まない気持ち〟を育てる事。
そのキーワードは〝好き〟です。
好きな事に没頭出来る子供の心は強い。

という、高濱先生の今までの経験や体験で感じた例え話を1時間半聞いてきたわけです。

てか、私は説明下手ですし、
先生が伝えたかったことをココで話そうとしても難しいのですが、心理的にはものすごく突いてる気がしませんか?


私は不良にはならなかったものの、まともに育って来た方ではなく。でも今こうして居れるのは
母がコンパニオンのリーダーだったので社会勉強が早かったのと、父(大工)の働いてる姿を時々見に行っていたからなのかもしれません。

でも怯まない心は育たなかったナ…。
だから小心者のまま。喧嘩の現場とか大っ嫌い。
今もキラキラしてる人とか憧れるけど、反面付き合うのは怖い。
(今も何とか改善しようとしてますが、改善するには〝自信〟……かな?)

逆に心が折れかけてる人の隣にいる方が楽。
今は家族優先なので出来ないけど、今までは全力で付き添ってあげれたから。
それにイジメ、ノイローゼになるなどのメンタルダメージの経験者なので気持ちがわかるんですよね。

あとは、老人といる方が楽。

まぁ……片寄ってること😱


なので、少なくても怪獣兄弟には
〝喧嘩〟をする子でも〝イジメ〟の経験はさせたくない。

するのも、されるのも、駄目だもの。

今回、私はこの講演会で思ったこと。

「怯まない心をそだてる」

このキーワードを子育てしていくうえで取り入れたいと思いました☆