※このシリーズは、インスタで適当に書いたけど、ブログに残してもいいかなと思える文章を加工せずにそのまま転載するだけのシリーズです。1回目は12/27に書いた「スポンジの話」です。どうぞ。

--

お気に入りの言葉があって
#pianopiano
ピアーノピアーノ

イタリア語で

ゆっくりやろうぜ

って意味です。

ざわざわしたり、焦ったりしたとき口に出して言うと、抑え込むんじゃなくて、ふわってシャボンに飛んでいく感覚で、楽になります。

今年は本当に本当につらく苦しく挫折した一年でした。

そこからトンネルを抜けて、頑張るのをやめて、走るのをやめて、アクセルを踏み込むのをやめました。

全イニング150km/h ストレートが絶対正しい

だったのが

マウンド立たなくてもいいやべつに

くらいまでなりました。

そしたらモテるようになった気がするww

こころをスポンジにたとえたとして

水を吸うスポンジもあれば
撥水性の高い水吸わないスポンジもあります

その2種類だけではなく、人の数だけあります

多分、どんなにがんばっても、水を吸う度合いは変えられません。

それはそう、そのひとらしさだから。
水をたくさん吸える良さ、水を弾ける良さ。

要は、何が心地いいか。

水を吸わない人は、吸いすぎる人の気持ちはわからない。それは悪いことではなく、仕方ないこと。だって、吸わないんだもん、もともと。

水を吸いすぎる人は、水が重くて。
重いと感じる自分を責めたり、絞るのをがまんしたり、水がたくさんやってくる場所にいる自分じゃないといけないんだと思ったりする。

わかるよ、わかる。

でも、吸うのも絞るのも自分で決めていいんだ、ほんとは。

水から距離を置くのもあり。

吸わなくてすむ場所に逃げてもいい。

伝わるかわからないけど、、 こころは変えられない。けど、楽になることを選ぶことは、たぶんできる。時間やお金がかかることもあるけど、、でもたぶんそのほうが

楽。

そんな感じです。

せっかく雨も止んだし夕方まで時間があるので、赤坂見附から、次の予定の南青山まで歩こうかな。

休職を言い渡された時に、真っ青な顔と絶望とともにあるいた、同じ道。

今、力を抜いて、わらってはたらけている自分で、あの日の轍を踏みしめてみる。

そんな2016年末です。

生きててよかった。
よくがんばった!おれ。