月別アーカイブ / 2018年04月

さて、今回は東京の阿佐ヶ谷にあります「gion」さんでございます。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3632.JPG
外観は、緑に光るネオンがとてもオシャレ。
いわゆる純喫茶な雰囲気もありつつ、何か妖艶な雰囲気も。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3631.JPG店内は、カラフルで色使いがとても綺麗。
緑も多め。
お席は、カウンター席とテーブル席が多数。
イスの花柄がかわいい。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3630.JPGそして、何と言ってもこのお店の見所はこちらのブランコ席。
座ってないのでわかりませんが、揺れて飲みにくそうながら、可愛らしい。
写真を撮ろうとしたら、店員さんがササッと周りを綺麗にしてくれました。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3629.JPGコーヒーではなく、クリームソーダにしました。
色は緑か青か選べます。
たっぷりのアイスでお腹いっぱい。

場所は、阿佐ヶ谷駅を降りてすぐ。
是非ブランコ席に座って、感想を教えてください。

年中無休
月〜土 8:30〜翌2:00
日        9:00〜翌2:00

さて、今回は東京の大森にあります「PERCH COFFEE」さんでございます。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2548.JPG
外観は、夏の朝五時くらいの鮮やかだけどほんのり暗い青が特徴的。
お休みの日に撮った写真なのでcloseになってます。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3897.JPG店内は、白い壁とナチュラルウッドの相性が良くて、爽やかな印象。
お席は、奥にソファのお席、コーヒーを淹れてるところを眺めながら飲めるカウンター席があります。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3901.JPG
そして、窓際のカウンター席もありまして、写していませんが、この右側は二人座れるベンチ的なお席も。
こういう窓際の席に座って、道行く人と目が合った時ってなんとも気まずいですよね。
お店入ってすぐ右にも四人がけくらいのテーブル席がありました。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3589.JPGエスプレッソマシンはLA MARZOCCO。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3588.JPGホットコーヒーはブレンドを。
フレンチプレスで淹れておられました。
少し酸味が強めに感じるお味でした。

場所は、大森駅から西へ歩いて10分程。
ちなみに僕は西大井駅から歩いていきましたが、そっちだと15分くらいです。
止まり木のような心地よいお店へ是非。

Instagram https://www.instagram.com/perch_coffee

さて、今回は東京の馬喰町にあります「Bridge COFFEE & ICECREAM」さんでございます。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3864.JPG
外観は、黒のタイルがなんともオシャレ。
ボディビルダーくらいテカテカ。
大きな入口は開放的で入りやすい雰囲気となっています。
IbBR3hcbv_.jpg
店内にあるネオン管。
これでもかって言うくらい薄めの青。
オシャレ。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3865.JPG
お席は、入口すぐに大きなテーブル席があって、ここは5、6人座れそうです。
他に2人がけのテーブル席が3つか4つくらいありました。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3581.JPG
窓際には長いベンチがあって、1人でも行きやすい感じ。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3576.JPG
エスプレッソマシンはSYNESSO。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3578.JPG
営業時間は19時までのようですが、暗かったら間接照明でオシャレな店内っぽいなぁと勝手に思っていました。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3580.JPG
ホットコーヒーは、エチオピアのお豆のものを。
もはや紅茶やんって思うくらいの口当たり。
とてもフルーティーで美味しかったです。

場所は、馬喰町駅を出て神田川の方へ行けばすぐ。
僕は食べませんでしたが、アイスと一緒に是非。

Instagram https://www.instagram.com/cafe.bridge

↑このページのトップへ