根津の弥生美術館にて12/25まで開催されています。
同じなかよし読者だったお姉さんと行ってきました。お客さんは30〜40代の女性中心。
_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0702.JPG
私はセーラームーン、レイアース世代。(他にも好きな漫画はたくさんあったけど…) このセーラームーンの表紙覚えています。
TyQxCCakwC.jpg

1階、2階がなかよし展。創刊時からの原稿やふろくなど展示されています。
私の世代はなかよしといえばファンタジー中心で『闇は集う』くらいしかホラー作品はなかったのに、最初の頃はサスペンス物も連載していたようです。面白そうだった。
ところで美内すずえ先生も連載していたんですね。青池保子先生は『エロイカより愛をこめて』をまだまだ連載中ですが、なかよしにも連載していたとは…。
1階のガラスケースに入ったふろくに反応するお姉さん。「あ、これ持ってた!」と懐かしそうにしています。
ところで『わんころべえ』は巣に帰ってきた感がありますよね。まだ連載しています。

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0704.JPG
先生たちのサインコーナー。(撮影可) 懐かしいお名前がちらほらと。

2階は故・あさぎり夕先生コーナーから始まります。同伴したお姉さんはあさぎり夕世代。とにかくアナログカラー原稿が綺麗! 私は『ミンミン!』がかろうじて記憶にあるくらいです。
その後にあるきんぎょ注意報、ミラクルガールズ、セーラームーン、レイアース、ほほえみ寮、あずきちゃん、CCさくら、デリシャス!など「わあ懐かしい」の連続。そうそう、セーラームーンのうさぎとまもちゃんの裸カラー表紙にドキドキしたんだよね(笑)
『怪盗セイントテール』大好きだったし、『プライベートアイズ』というか野村あきこ先生作品は全部持ってたし、『くるみと7人の小人たち』はラストが小学生対象の少女漫画とは思えなくて名作だと思っています。大人の方が泣けるよ!

「持ってた!」を連呼しまくるふろくたち。レイアースのノート、セーラームーンの(しょぼい)ビニールバッグ、CCさくらの便せんなどなど。後の世代になると人形や靴下がふろくだったときもあったんですね。
全員サービスも全盛期で今見ると100円ショップの物の方がよっぽどクオリティが高い。でもキャラクターが印刷された小銭入れ、筆箱、ビニールバッグなどが嬉しかったんですよねえ。

東京ミュウミュウやぴちぴちピッチはJDのときちょこっとアニメ観ていました。
今のなかよしはちょっとえっちな内容のやつもあるのかな?? イラストを見てお姉さんと「ええっ!?」と驚いていました。ハーレクインの定番のシーク(アラブの金持ち)物があるのも気になる。

懐かしい気持ちになれるしなかなか面白かったです。同伴したお姉さんとは世代もちょこっと違いますが楽しかったとおっしゃっていました^_^
なかよし読者だった方にはオススメです。

_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9672.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9673.JPG
昨年10月末のハロウィンライブ以来の隆一さんでした。土日祝休みでないとなかなか行けないもので…。
去年はツイッターもやっていなかったしぼっち参加でしたが、今回は10名もの方とご挨拶できて嬉しかったです。ただ調子に乗って回りきれるか不安でした。ルナクリどうなるんだろう…。

13時からの物販に12:45頃から並んで13:30頃購入。文庫本なんて長く読んでない(時間がない)けど今回のロゴが気に入ったのでブックカバーも購入。シュシュも今はショートヘアだけど伸ばしたり切ったりなので伸びたとき用に使います。開場してから並んだ方に聞いたら身につけるアイテム系は売り切れていたそうです。

当日朝のご本人のブログでサックスのYOKANさんがいらっしゃらないと知り、そこは少し残念でしたが、ライブが始まると充分に満足いくバンド演奏でした。(YOKANさんがノリノリでお客さんたちを盛り上げようとするお姿が好きなの…)
ベースは今後も徳永さんになるのかな? 去年はベース担当が流動的だったので。

16時開演。イントロですぐに『Landscape』とわかりました。壮大なイメージで始まる葉山さん曲。
1部は主に手拍子して盛り上がる系。去年は2階席で皆さん座っていたのに、今回は1階になったのでみんなでスタンディング。靴のチョイスをミスってしまい足が痛い。
最初は歌詞の入り方が怪しかったりMCが掠れ声だったり少し心配でしたが、『taboo』辺りから明らかに覚醒して声もぐんぐん力強く伸びてきた印象。
とにかく久しぶりの隆一なので心の中は大絶叫。「ぎゃああああーーー! りゅーいちぃぃぃ!! りゅーいちぃぃぃ!! かっこいいかっこいいかっこいいかっこいいぎゃああああーーー!」
最後の投げキッスがマイク通じて「ちゅっ」とはっきり聴こえたので死亡。
1部ラストが『Once Again』だったので「もう!?」と驚きましたが非常に良かったです。

2部は大坂孝之介さんのピアノと隆一の2人でアコースティック。葉山さんのピアノはクリアな音ですが大坂さんは柔らかくて温かな音色。同じピアノを使っているのにこうも聴こえ方が変わるのかと面白いものを聴けました。
数曲披露した後にアコギの福田さんとピアノの葉山さんを呼んで演奏。大坂さんにはキーボードを弾いてもらったり鍵盤ハーモニカの超豪華版(by隆一)を吹いてもらったりと音の厚みが増す演奏が素敵でした。鍵盤ハーモニカの豪華版について「一回失くしたのにまた買ったんだって! 正解だったね!」と喜ぶ隆一。
何の曲からだったか忘れましたが、薄暗い照明の中歌う隆一の隣でパカパカ聴こえてくるパーカッション…あれ、岩丸さんいつの間にいらしたの?? 隆一にもMCで「タダシそこだと端すぎて見えないね」と言われていました。岩丸さんをタダシ(下の名前が「正」)と呼ぶ隆一が好き。数曲披露した後に大坂さんはステージ袖へ。
『Colors of time』は大好きな曲なんですが、とにかく葉山さんのピアノ演奏に力が入っていて圧巻。弾くときの癖である右手を後ろにサッと引く仕草も何回やっただろうってくらい。ライオンみたいに髪を振り乱していました。
2部はRKSからの選曲が多かったですね。今回会場CD販売がなかったので、せっかくなら売ればいいのにな…とも思いました。

3部からはパーカッションのお姉さんが加わり、効果音的な打楽器を色々使いこなしていました。
今回の60の物語で一番意外に感じたのは『liar's himn』。讃美歌みたいな音はオケで流していましたが、人間失格というアルバムの中でも独特に感じたので。まあ人間失格好きすぎるので『So deep』や『古の炎』、『stop the time forever』など大喜びしましたが…!
『HANA』は去年聴いたときも感動したけどやっぱり胸が熱くなります。最後の「wow wow wow〜」がポリープ君との折衝中なのか少し苦しそうでしたがやはりすごい。『glass』もポリープ君を抱えて歌えるのかと思ったら問題なし。『glass』はフルバンドで聴いてこそだよな〜。
去年も披露した『北へ』も嬉しかったなあ。歌謡曲っぽい曲好きなので。
そういえば隆一ソロで長いことギターを弾いていたがっちゃんが登場して『CIELO』を弾いてくださったのですが、私ががっちゃんを見たのは初かどうか記憶が曖昧で…。4〜5年前からライブに通い始めたので。
しかし昔FC内で販売したという『F144B』のマニアックなのに定番曲というチョイスは毎回なんとも。振り付けは先輩方に倣いますが今回もがっつり忘れていました。
去年1曲目だったデビュー曲『I love you』をほぼラストに持ってきたのも良かったです。
『Birthday』を演奏する前に「月イチで歌いたいと思って」みたいなことを話していましたが、今月誕生日の私にとってやっぱり嬉しかったです。ファミマのクリアファイルキャンペーン開始日が誕生日ってだけでもありがたかったのに…!
ラストは『深愛』。「あと披露していない有名曲ってなんだっけ?」で残っていたので。この曲も大好きですが、切ない歌詞なのに不思議と温かく聴こえるんですよね。

MC全体を通してですが、ふわふわした着地点のないいつもの隆一も好きですが(笑)今回は濃密なことばかり話していました。リスいじりもついにやめたのでしょうか。なんというか、今回は「LUNA SEAの一員のRYUICHIでもあり、ソロワークスの河村隆一でもある」ということを強く感じる内容でした。「俺たちは世界規模だとまだまだ」みたいなニュアンスのことを話していましたが、「ファンのみんなは世界と立ち向かえるんじゃない?」みたいに私たちファンを信頼してくださっているんだな、と。
「LUNA SEAのアルバム制作が終わったらソロワークスのアルバムも作り始めます」と話していたので楽しみですね。ソロにしてはだいぶ開いてしまっているので。
_iBCrSQr1N.jpg

大満足の60曲ライブ終了。握手会も参加しましたが去年はド緊張してありきたりなことしか言えず、隆一も返答に困って無難な感じで思い出すたびうわああああとなっていたんです。トラウマ払拭のため話すことも決めてはっきりした声で!と誓う。
「心の芯から温かくなりました!」
おおっ、ちゃんと言えた! ただアホな私、隆一が「ありがとう〜」みたいなことを言ってくれているのに「ありがとうございました!」と被せてしまいましたorz 隆一ごめんなさい…。というか4時間もライブをしたのでやっぱりお疲れ気味でした。ゆっくり休んでくださいね。
Tシャツに着替えていましたが「胸筋パンパンでしたよねー」とツイッターで言われていて「ええっ、そこまで見ていなかったよ!」と後悔。やっぱりゆとりが持てません…。

去年の50の物語のときもそうでしたが、心がすごーく温かくなって3日くらいポカポカしていたんですね。それで今回も同じような気持ちになれて。隆一ソロは私の中で薬ではなくサプリみたいなもので、心をより健康にしてくれる音楽なので今回もいただいた温もりを大事にしてまた頑張っていこうと思います。

nDnVK9dqhF.jpg
0e56H04wOQ.jpg
de4SpT9ZE3.jpg

LIVE-GYMに行き始めて11年目(ソロ挟んだりしつつだけど)で一番楽しい!と思えるライブでした。
あとやっぱり出身地開催は本当に嬉しいしテンション上がる。B'zも久しぶりに鹿児島(市)に来たと話していたけど、来てくださって本当にありがとうございます!(日置市に来たのも嬉しかったけどね!)
それではネタバレ全開の感想行きます。

同伴する友人の車に乗って12:30前にアリーナ付近の駐車場に停め(すでに満車)、グッズ列に並ぶ。偶然7〜8年ぶりに地元のbrotherさんと再会できて嬉しい。アリーナ内の体育館で販売。屋内とはいえ少し蒸し暑い。1時間ほどで買えましたが販売ブースが小さいから混むんでしょうね。
ガチャ3回やって1個当たり。半分透明でなく真っ黒のケースなので手にした途端、後ろにいた女の人にダブりがないか訊かれた。
ツアトラなど撮影してお昼を食べに少し離れたケンタッキーへ。私は鹿児島アリーナに行くのは20年ぶりなので土地勘のある友人に助けられまくり。
17時開演と早いので16時前に出発。
今回はアリーナC1ブロックなので左下隅っこだけどキャパ5700人だからドームSS席後方ばりの距離感。友人から「ドームを経験するとめっちゃ近く感じるよ」と聞いていたけど本当に近い。

3次販売、いわゆるバックスタンド席はステージ真上。SS席より近いんじゃないかとびっくり。そして最後まで諦めずそこまでしてライブ会場に入りたい人たちばかりなのでノリが良い。開演前にこちら側へおーいと手を振る人たちに応じて和やかムード。開演前のアナウンスが入ると手拍子して盛り上がるオーディエンス。いいねいいねー。アリーナサイズの温かみってこういうときがいい。初日なのもあってみんなテンション高い。

「今回はモニターなし?」と友人と話していたらステージ両サイドにある柱のような縦長のセットがモニターという仕掛け。アルバムジャケットの宇宙飛行士が宇宙を漂って隕石などを避けつつ地球の側でもう一人の宇宙飛行士と手を近づけて…というストーリーでメンバー入場。『マイニューラブ』で開演!

印象に残った曲を抜き出し。

『俺よカルマを生きろ』
新アルバムの中で一番好きな曲。私の好きな曲は大体やらないことが多いので序盤に出てきて嬉しい。

『今夜月の見える丘に』
『OCEAN』と日替わりらしいですね。モニターが夜の海に稲葉さんが歌う姿を合成していたのでどちらでも使えるようにしたのかなと推測。少し前までLIVE-GYM定番曲だったのにここ5年くらいやっていなかったと思うのでお久しぶり。

『有頂天』
1番、2番とAメロのとき稲葉さんが左右のモニター前に立ち「イェイェーイ!」でモニターから「YEAH!!」と吹き出しが出るコミカルな仕組み。
個人的な思い出だと妊娠初期にこれがリリースされたので、聴くたびにつわりの感覚を思い出す一種のトラウマソングと化していたのに克服した模様。

『ultra soul』
「もうやるの!?」と思ったbrother多数。HINOTORIでは1曲目だったけどラストにやることが多い曲。1/3にして会場のテンションMAX。楽しいけどこの先どーすんの!?とこのときは思った。
ベースソロパートでバーン!とモニターに映し出されるベースのモイーニちゃん(モヒーニちゃん?)にどよめくbrotherたち。バリーのときより音が高くなったよね?
そして松本さんの「ヘイっ!」が私の席の真正面でやったらしく、人に隠れて何も見えなかった…少し悔しい。

『恋鴉』
『Da La Da Da』と日替わり。『恋鴉』の方が好きなので初日で良かった。アルバムの中で特にライブ映えする曲だと思った。

『Rain & Dream』
確かこの曲だったと思うけど、稲葉さんがはけてからギターのYTさんが中央に出てきてピンクのライティングを浴びながら松本さんと共演していたけどめっちゃかっこよかった。

『マジェスティック』
直前のMCで稲葉さんが「座りながら歌うかもしれないんで〜」と話していたら本当に座りながら歌っていてかわいかった。

『RED』
『声明』と日替わり。『RED』はマイブームだったのとライブで初めて聴くのもあり、イントロが流れた瞬間歓喜のあまり手をたたいてはしゃぐ。
「♩wow wow wow wow 〜」と大合唱するとき稲葉さんがマイクスタンドの根元を掴んで高く掲げるけど、これが本当にかっこいい。会場中の合唱がマイクに集まっているような感覚がした。
同伴した友人が唯一ピンとこなかったらしいので「黒田選手の」と言うと野球好きゆえ「ああ!」とわかったみたい。

『兵、走る』
左右のモニターに新撰組みたいな青と白のギザギザ旗が表示されたかと思ったらアリーナ両サイドにバッと降りてくる旗たち。(ステージにも旗があったと思う) 「♩花吹雪〜」のときにアリーナ中央席両サイドから扇風機を使って大量の花吹雪を飛ばしていたけど、扇風機の側にいた人は大変だったんじゃなかろうかと思った。歌が終わると旗はスタッフの手によって即回収。そのまま吊るすわけじゃないのね〜。

アンコールのウェーブはスタンドでパラパラ。アリーナは前方の人がやらないと動きようもないのでなし。う、うーん…。あまり待たずにしてメンバーは再登場したけどなんか申し訳ない。

『juice』
HINOTORIでも演奏したはずなので「あ、続けてやるんだ」と思った。ところで「♩花から花へ〜」の所って両腕を左右にひらひらさせなかったっけ? みんな右手を前後に振っていたけど。

『さまよえる蒼い弾丸』
キーボードのサムくんが綺麗な音色を奏でるんだけど、英語版のイントロと同じだったから英語ver.でいくのかと思った。日本語だったけど。これもライブ映えするから大好き。稲葉さんがぴょんっ!と台から飛び降りる演出いいよね。

最後のオツカレー!までの流れが馴染めないサポメン一同。稲葉さんが「横一列に並びました…」と不慣れな感じが微笑ましい。

今回はとにかくup! up! up!なセトリで文字通りLIVE-GYM。お客さんたちも「暑い」と話していたし、汗かいたし、終演後は友人とひたすら水分取った。でもすっごい楽しかった…! B'zってなんだかんだでバラードばかりやるよりアップ〜ミドルチューンのライブにした方が楽しいんだなと。
去年あれだけ心配された稲葉さんの喉も復活して絶好調でホッとした。やっぱ稲葉さんかっこいい! しなかやかでクネクネとステージを移動するのもかっこいい!
私の席からは松本さんがめちゃくちゃ良く見えてひたすら松本さんを眺めていましたが、見つかったピンクのミュージックマンも何曲か使っていてやっぱり嬉しかったんだなーと。5〜6本ギターを使っていたと思います。
今回は会場の規模も小さな所ばかりだから派手な演出もできないけど、それでも一生懸命考えて作られたステージなのもわかった。演出に頼らずあそこまで楽しめるってすごいよ!
あとサポメン一新により既存曲の音が明らかに変わったのも興味深かった。バリーとシェーンのパワー型が抜けたからか、音は軽やかになったかな? 個人的には増田さんいてこその『ねがい』を聴いてみたかったし、もしかしたら『LOVE PHANTOM』をやるのかなと思ったけど。
ベースの女の子がすごいすごいと言われていたけど本当にすごかった。メタルの早弾きみたくベース弾けるし度胸がすごい。すごい女の子を見つけてきたなー!とこれからも楽しみ。
ギターのYTさんは氷室京介さんのサポートで有名らしいけど、弾き方一つとってもかっこいいし華がある。サポメン?と思うくらいの存在感。スラリとしていて惚れそう(笑) でもMCだとクール。
サムくんはモイーニちゃんと同じく若いのにベテランのごとく馴染んでいて違和感なし。親日家と聞いていたけど、あのシェーン以上に日本語が上手いし発音も滑らか。稲葉さんが「あ、ほら、日本語がわかっているから照れているんだよ」と突っ込んでいた。
ドラムのブライアンさんはパワフルだけど叩き方のフォームが綺麗。スティックを放り投げながら叩いたり、見られることを意識したドラミング。魅せるドラムと言ったらいいのかな?

稲葉さんが「31年目、令和初のライブを鹿児島で開けて良かったと思います」みたいなことを話していて嬉しかった。鹿児島に来たのも久しぶりと話していたし。(リハで来ていた、って例の東市来のことかな?)
ラストのLIVE-GYMのテーマで「鹿児島ー!」と叫べたのも嬉しかった。19時半に終わったから外に出るとまだ少し空も明るくて(鹿児島は東京より日没が1時間遅い)そこもびっくり。今回どこに申し込むかすっごい悩んだけど、地元だし土曜だし初日だしと鹿児島で申し込んで本当に良かった。B'z ARIGATO!! オツカレー!でした。

↑このページのトップへ