月別アーカイブ / 2019年04月


_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8038.JPG
奈良ありがと。

見てわかる通り、全国屈指の天井の低さを誇るライヴハウス、奈良ネバーランド。

大阪での広いステージとは違い、動きが制限される中で何ができるか。

こういう時こそバンドの実力というか、底力が試されると思うので、おれはこういうライヴハウスがとても好きなんだけど。

みんな的にはおれらのことが見えたり見えなかったりしまくるから色々あると思うんだけど、だからこそライヴの楽しみかたってのはそれだけじゃないんだぞっていうところを、おれらが音で気づかせてあげることが出来てたら最高です。

マイクなくてもうしろまで声が届いちゃう距離感のライヴハウスってあんまやらないから、すっごく生々しくて息遣いすら聞こえそうで、ライヴって感じがびしばしして楽しかったです。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8037.JPG
平成もおわりますね。

平成ラストのライヴのラストを平成マキシマナンバーで飾るってのは、なんだかとても感慨深かったです。

この曲がうまれたとき、平成がおわるとも思ってなかったし、こんな景色をうみだせる曲になるとも思ってなかった。

時代が変わっても色褪せず愛される曲であってほしいし、そうあり続けれるようにおれらも成長していくので、令和もよろしく頼みます。かしこ。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8021.JPG
次は鳥取。

こちらも3年ぶり。おまたせしたね。

時代が変わり、令和1発目のライヴです。

だからってなにがあるわけでもないんだけど、なんかそういう付加価値的なのって、なんかいいよね。

記憶に残るライヴにしてやりましょ。

それじゃまた。

め。



_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7984.JPG
大阪ありがと。

おなじみの場所だからそりゃ期待はしてたけどさ、期待以上だったよ!!

みんなすごかった!はなまるあげる
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7989.JPG
大阪の写真たちとてもかっこよくない??

いつも大阪のライヴに来てくれるカメラマンの方が撮ってくれた写真たちなんだけど、ライヴの臨場感や空気感をとても良い感じで切り取ってくれました。ありがとうございます。

だけども、どんなに素敵な写真でも現場の全てを伝えれるわけじゃないんだな。

前から言ってるけど、おれらはもちろんだけどフロアのみんなもとってもかっこよいし、音は空気を震わせて耳や体に届くし、においや温度、色んな要素が組み合わせってライヴってものは完成するものだから、ブログやツイッターなんかで伝えられるのはほんの断片だけなんだな。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7974.JPG
だから現場でまってるよ。

行動にうつすのはとてもめんどくさいし大変なことだけど、それにおつりがきてお土産持って帰らしてあげれるライヴをこのツワーでぶちかましてこれてるのでね、騙されたと思ってきてみてね。

そうそう。バグサミに出演することが発表されましたな。この話をもらえた時はとても嬉しかったんだよみんなも楽しみにしててよ。

おひさしぶりに共演できるバグラグさんはもちろん、アルルカンやキズ、他の対バンのひとたちにもおれらのかっこいいライヴを見せてやる気しかないよ。

このツワー1本1本を血肉にしてビルドアップしてったら、絶対びっくりさせれるライヴができるようになってるはずだから、それも目標のひとつとして、一緒にファイナルまでぶちかましあいましょ。

おれらは仲間でありライバルだ。負けねえぞ、かかってこい!!
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7994.JPG
次はおひさしぶりの奈良ですね。

前回の47ツワーぶりです、お元気してますか??

おかげさまでソールドアウトしたみたいです。

天井が全国屈指の低さで有名なネバーランドさんなので、遊びにくる人は覚悟しといてくだちい。

平成最期のライヴ、記憶に残るライヴにしたりましょ。

それじゃまた。

め。


_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7920.JPG
滋賀ありがと。

帰ってくるのに3年かかってしまんた。ただいま。

3年前とは会場が変わって、オープニングアクトで立たせてもらったあの日から6年ぶりに帰ってきたユーストン。

色々とバタバタのスケジュールだったので、滋賀ぶらりすることができなかったんだけれど、ライヴでとても良い思い出つくれたよ。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7921.JPGライヴという空間は、己を解放することが許されてる特別な場所だと思っています。

ステージに立ってるほうはもちろん、フロアにいるみんなもそう。特におれらみたいなカロリー消費の激しいライヴだと解放してなんぼみたいなとこあったりなかったり。

解放なんてしたくないわよ!ほっといてちょうだい!って人ももちろんいるとは思うんだけどね、おれもライヴ見る側の時はほっといてタイプの人間だから気持ちはとてもわかる。

だからむずかしいとこなんだけど、だけども、おれがステージに立ってライヴする側の時はちょーわがままなんだけど、そんなのかまわず会場にいる全員解放してもらいたい\( ^O^ )/
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7959.JPEG
こんな感じでおれが先陣をきってもっと解放してくからみんなついてきなさい。

音楽が鳴ってるときはもちろん、そうじゃない時も歯茎むき出しにしておれらを求めてこいやこのやろう!!
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7916.JPG
滋賀のみんなの歯茎を少しだけ出すことが出来た気がします。いい歯茎してた。

おれももうちょっと出せた気がするから、また見せあいっこしに帰ってくるね。またね。

さて、次は大阪。

大阪はもう歯茎むきだせるのわかっとるので、全力でむきだしてこないとあきまへんで。

忘れられない時間にしてやりましょ。

それじゃまた。

め。

↑このページのトップへ