_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9718.JPG
川崎のわしじゃ。

仙台から帰ってきてひきこもり生活しとったら髪伸びた。表情もそれっぽくしちゃってまあ。

ヘアメイクという世界観を創り出してくれる技術ってすてき。

特にこのジャンルのメイクってのは別人にしてくれるから、おかげさまで自分の世界に入ることが出来てます。

うちのメイクさんはもう8年くらいの付き合いになるんだけど、信頼感ハンパないからなんも言わなくてもいい感じにしてくれます(最高)

みんなが見ているおれはメイクさんあってのものなので、感謝しておいてください。

というわけで、クラヴチッタで初の?ワンマンやってきました。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9719.JPG
有観客ワンマンが初だったみたいですね。

ホームと言っても過言ではないくらいよ場所なので、そんな気がしないのはしかたない。

しかし、近年稀にみる気持ちと体の回路が全然うまくはまらないライヴをぶちかましてしまい、個人的にめちゃくちゃ悔いの残る結果となってしまった。

めちゃめちゃ楽しかったんだけどね・・・悔しさで帰りの車もよく寝れました(よかったね)
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9724.JPG
小松さんが見切れてるよ。

久々カメラ向けてもろたから緊張してしまったっていうことにしておきましょか。

だれにでも失敗ってあるよね。こういう時にね、昔の偉い人はありがたい言葉を残してくれました。

『失敗は成功の母』

思えば配信ライヴというものを始めてからおよそ1年。

色々とシビアな面が露呈して、これじゃああかんなと自分と改めて向き合い、足りない部分をブラッシュアップしてきました。

その過程で失ったものに、名古屋大阪仙台でライヴをやって気付き、新たな気持ちで挑んだ川崎だったわけだけど・・・バランス崩しちまったな〜σ(^_^;)

σ(^_^;)←この顔文字人生ではじめてたぶん使ったけどだいぶ腹立つ顔しとるわね。

そんな感じで個人的に悔いの残るライヴにはなってしまったけど、その分得るものがあったのでチャラ!!

つぎのエリアでこのツワーはおしまいなので、この5本で得たもの総動員してぶちかましてやるので覚悟しといておくんなまし。

それと、色々と今後の予定が発表されました。

ただいま絶賛レコーディング中ですので楽しみにしといてください。とりあえず指弾きが上手くなった気がします。

それじゃまた。

め。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9681.JPG
仙台にお邪魔してきました。

久々なのでよく目に焼き付けておこうと思って前髪まとめてみましたけどどうですか?

およそ1年半の月日が空いちゃったね。

そもそも関東から北上すること自体がおよそ1年半ぶりなので、名古屋大阪よりだいぶひさしぶりじゃん!!って感じでした。

また帰ってこれて本当に良かったです。

街は、以前より少しさみしさを感じる部分もあったけれど、相対的に見て元気そうでなにより。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9685.JPG
今回ライヴをさせて頂いたマカナさん。

6年ぶりだって!!!!!!

色々忘れちゃってたけど、入りして時間が経つにつれ色々思い出しました。とりあえず搬入めちゃたいh

過去はあまり振り返らないタイプですが、こういうタイミングで過去の自分と今の自分を比べてみたりします。

そりゃあの時のおれより全然かっこよくなってる気しかしないけれど、あの時だからこそ持ててたものもあるよなーと思うこともあったり。

色々なことに対しての感情の動きかたも歳を重ねれば良くも悪くも変わっていって。

そんなことに気づく度、『初心忘れるべからず』って言葉を胸に刻みなおしてるんだけど、愚かな生き物なので時間が経つと刻んだその言葉も薄くなっていくのよね。

なので仙台に来てまた刻みなおすことが出来て良かったです。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9691.JPG
そんなことを書いていたら、おれは今どれだけのものを持ててるんだろうかと思いました。

自分のデータを視覚化できればいいのにな〜なんて思ったけれど、これしか持ててないんかって現実知るのもしんどそうだからやっぱりいいや。

さて、家を飛び出してライヴをするターンは今ツワーはこれでおしまい。

つぎはカウントダウンライヴでおなじみクラブチッタさん。

ワンマンでやるのははじめて?だよね??

あそこ行きすぎてるから記憶が曖昧だけど、大きな場所なので小さいライヴハウスとは違った開放感のあるライヴでどんな景色を作れるのか、鼻の下のばして楽しみにしております。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9682.JPG
それじゃまた。

め。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9637.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9641.JPG
名古屋のおれ。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9655.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9656.JPG
大阪のおれ。

なにが言いたいかって角度って大事ってこと。

2日間ありがとうございました。

ツワーにでるのもツーデイズも1年以上ぶりだったので、体大丈夫かな〜って心配してたけど全然大丈夫でした。

ただ、今このブログを書いてる2月8日午後1時時点では筋肉痛で体バキバキです。反動がすごひ。

なんだろなこの感じ。

ふぬけた?生活になれきってしまって移動やらなんやらしんどかったけれど、この1年近く感じれてなかった感情が湧いてます。

危ない危ない。大切なことを忘れてしまうところだった。

これが当たり前で、そんな生活を何年もしてきたのに、たった1年ちょい離れただけでこの有様になってしまうなんて。

今出来ることを全力でしてきたわけだけど、それで得たものたくさんあるけど、失ってしまったものもあったんだなと思いました。

そんな失っていた気持ちを思い出せた2日間になりました。来てくれたみんなどうもありがとう。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9668.JPG
配信がないライヴも久々でした。

この1年近く、おれの目の前には小松さんがカメラを向けてくれていたので、一抹のさみしさを感じたりもしたけれど、ライヴがはじまっちまったらそんな想いは遠く彼方へ消え去りました(小松さんごめんね)
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9669.JPG
ライヴってのは刹那的なものだと思ってます。

その瞬間が過ぎたら二度と感じることの出来ない、儚さみたいなのも良さだと思っていて。

この1年、アーカイヴっていう存在のおかげでみんなが自分のタイミングで見返すことが出来たり、個人的にも振り返ることが出来て良かったな〜と思う反面、見逃したら二度と見れないからこそ生まれる熱みたいな思いがさらにライヴを熱くさせてくれてたんだなと、この2本配信がないライヴをしてみて思いました。

あともうひとつ気付いたこともあって。

音がどんなに良くなろうが、技術が発達して会場にいなくてもその場にいるようなシステムが出来ようが、ライヴ会場に向かう道のりだったり、はたまた前日に荷造りしてる時間だったり、ライヴ会場の匂いや雰囲気だったり、ライヴがはじまるの待ってる時間だったり、邪魔な柱や変な作りの会場や、選んだ場所が見えにくかったり空調効かなくて暑かったり効きすぎて寒かったりっていう環境だったりも含めてライヴだったんだよな〜ってこと。

このツワー始まって3本おわったわけですが、曲の完成度はもちろんだけれど、そんな当たり前だったけどふぬけた生活のおかげさまで忘れてしまってた大切なことに気付けたのがとても大きい収穫です。

すでに半分おわってしまって、次は仙台。それが終わったら関東で2本。

ようやくスタートラインに立てたので、残り3本で新たな自分の感覚に出会えるように、全力を出しきりたいと思います。

なんかこんな書き方をすると配信否定派って思われそうだけど、そんなことは全然ないです。

目の前に小松さんいるだけでも十分熱くなれるし、そもそもメンバーと音を出し始めたら勝手に熱くなるし楽しいし、それに配信ライヴは新たな手段としてすごく可能性を感じてるし、それでしか見れない人ももちろんいると思うし知ってくれてライヴを始めて見てくれた人もいると思うし、画面越しでも楽しさかっこよさを伝えれる自信はあるけれど、やっぱりさっき書いた手間だったり空気感も含めてようやくおれが知ってるライヴになるんだよな〜と気付いたので、はやくみんなとその時間を当たり前のように共有出来たらなと思ってます。

川崎ライヴから配信がまた入るので、名古屋大阪仙台を経たコドモドラゴンがどう成長したか、配信組のみんなは楽しみにしておいてください。配信でしか見れないライヴもあるからね。

もちろん会場に来てくれてる人は、ライヴに向けて荷物やらなんやら準備してるところからライヴがはじまってると思うので、その時間も含めて楽しんでもらえたらかけがえのない思い出になると思うので気をつけてきてね。

まずは次の仙台。

仙台という場所もそうだけど、マカナっていうライヴハウスもだいぶお久々なので、楽しみにしてます。

それじゃまた。

め。

↑このページのトップへ