月別アーカイブ / 2019年05月

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8432.JPG
みやざき。


_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8433.JPG
くまもと。



お疲れした。
両日共に素敵でした。ありがとう。


宮崎は久しぶりに帰ってこれて、平日の九州はどんなライブになるかと思っていたが、集まる人数に差は出てもそんなものは僕らのライブにとってはなんてことなかった。
地元の人も多かったし、それはこの47都道府県を周るにあたっては凄く意味のあることだから嬉しかったよ。
お互い自然に音楽を楽しめるし、アツくなれる。
みんなしっかり音楽についてきてたし、また一緒に音楽したいなって心からそう思った。
九州でなかなか来れない土地もなんとかして帰ってきたいよね。
こんないいライブができるなら尚更。


熊本は何度目だろか。
47じゃなくても何度か来れてる土地で、その度にいい思い出しかないから何の不安もなかった。
そんな中でも三年前の震災の時に同じくして47で訪れた記憶が濃くて、その時にメッセ-ジを込めて唄った『last』をこの日も贈りたいと思ってた。
小さなことだけど、アレンジも当日になって思いついてそれに変えて。
なかなか披露する機会が多い曲じゃないけど、それでも伝わっていたらいいなと思った。
そして街を見てても少しずつ確実に前に進んでいるんだなって感じたから、それも個人的には嬉しかったし安心した。
フロアの一体感もすごくて終始楽しかったよ。


同じセットリストなんて存在しなくて、集まる仲間も同じ人間で、同じ立ち位置なんてあり得なくて。
ステ-ジに立つ度に色んな事を感じて背負って、それを音にのせて叫ぶけど。
それが少しでも伝わればいいなといつも思います。
そして、みんなが音にのせて気持ちを吐き出せる場になればいいなと。


便利な世の中になったけど、この場所がある事でいかに救われるか。音楽好きな人ならわかるはず。
これからもこの掛け替えのない空間を、時間を大切にしていこう。


またみんなと音楽できるの楽しみにしてます。


それじゃ、またどこかの会場でお会いしましょ。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8406.JPG
おおいた。


『ヘッドバンギングツア-』もいよいよ九州に足を踏み入れました。
九州一本目は大分。
三年ぶりになったけど、多くの人が駆けつけてくれたことに感謝。


みんな終始笑顔。
幸せそうな顔しやがるのさ。
それが嬉しくないわけがないのだよ。
僕らはそれを更に音にのせる。だからみんなはまたその先へ行く…


最終的には関係者席まで煽ってみんなで音楽したね。気持ちよかったです。
この楽しさが理解ってくれたなら、また是非遊びに来て欲しい。
僕らはこの日を超える自分たちを求めて音楽をどこかでやってるから。


もっともっとライブハウスに足を運んでくれる人たちを増やしたい。
これは今の自分の一番の夢なのかもしれない。


昨今CDという文化が薄れ、CDショップが閉店してしまうことも少なくはない中で、このまま何もかもが手軽になってしまったら、いつかライブという文化まで消え失せてしまう気がした。


そうなってたまるかよ。


俺らはライブが好きだ。
あの空間はすごいよ。
一度はあの空間で一緒に同じ空気吸ってみてほしい。
こんな素晴らしい空間があるんだってことを知って欲しい。


だから、是非このブログを読んだ方は勇気を出してライブハウスまで足を運んでいただけたら嬉しいです。
そこから先は僕らにお任せあれ。


これからも自分たちの求める音楽を大切に突き進んで行きたいと思ってるんで、全国の皆さんよろしくお願いします!!

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8356.JPG
たかまつ。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8357.JPG
こうち。


お疲れした。
ここで一度四国を離れるし、綴ります。


まずは高松。
この日で僕らコドモドラゴンはワンマン300回を迎えました。ありがと。
ここまで走り続けれるバンドっていうのは、世の中みてもそんなに沢山はいないんじゃないかって思います。絶対数からの話です。


思い返せば初ワンマンは200人程度の都内のライブハウスでした。
オ-プニングSEが当日になっても完成しなくてハヤトが遅れてきたっていう話をリ-ダ-から聞いて思い出した。そんなこともあったっけ。
昔っから変わらない。バタバタなのも、納得するまで時間を使ってしまう中途半端を嫌う性格も、こんなハヤトを信じて待っててくれるメンバ-も。


世間からしたらまともじゃない感覚だとしても、僕らはそうやって自分たちの音楽を求め続けてきた。
何度も何度も言い合って、それでも『コドモドラゴンという音楽』の為にそれぞれがそれぞれなりに全力で。


そうやって自分たちの理想を追い求めて少しずつ前へ進んでいたらこの日を迎えていたよ。
今のライブの空気感もずっと昔の自分たちからしたら憧れたバンド像で。
今となってはもっとこうしたいがあの頃から比べたら別の次元であるから、またそこへ向かうまで。
まだまだ進化するよ、コドモドラゴンは。


まあ、想い出は振り返るとキリがないからこのへんで。
ライブは初のアルバム収録順での本編と、今までのA面からクジ引きで選んで、その場でセットリストを組んでいったアンコ-ル。
どちらも良かった。
ずっとソ-ルドに届かなかった高松でソ-ルドアウト公演を迎えれた事も嬉しかった。
俺、好きなんです。あのライブハウス。


これを機に、また高松を盛り上げていけたらなって思う。そしてそれがきっかけになって四国を盛り上げていければなと。


そして次に昨日の高知。
三年ぶり、待たせたね。
三年前は深夜に高知に着いて、ライブやってすぐ移動だったから慌ただしかった。
けど今回は少しゆっくりできたよ。


高知でスタジオにも入れたし、城も見れた。
一人でもだいぶ街を歩いたし、カツオも鍋焼らーめんも食べれたから今回のハヤトはわりと高知マスタ-だと思う。


実は高知って個人的に想い出深いところであってね。次来る機会があれば桂浜にも行きたいんだ。
前日天気良かったし、もう少し頑張って行けばよかった。
また今度高知に来たら行きたい。


ライブも楽しかったよ。
300回記念の次だからどうとか比べれないよね。だって、いいライブだったし。比べる事自体がナンセンス。
声もバリッと響いてたし、みんな楽しそうだったし。
久しぶりに歌った曲もよかった(気がする)。


MCで伝えた通り、みんなこれからもよろしく頼むよ。
俺たちの大好きな時間、空間を守り時代を変えるにはみんなの力が必要だ。
ライブハウスに来るまでの高いハ-ドルをなんとか越えてもらえるよう力を合わせてこう。


なんかアツくなりすぎましたね。
文字で感じるより、ライブの方がこの何百倍もアツいんで、是非それを体感しにライブに遊びにきてください。


また一緒に音楽できる日を楽しみにしてます。
それじゃ、また全国のどこかでお会いしましょう。

↑このページのトップへ