_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4093.JPG
青森お疲れさん!!



青森の街がねぶた祭で賑わう中、僕らはライブハウスで死闘を繰り広げてましたよ。と。



青森、いつからかこの会場の気合いと熱量は地方勢の中でも光るものを魅せはじめた。
「ライブ慣れ」なんて言葉は今の青森には存在しない。最早正真正銘のガチンコ感のみ。
お互い手を抜く事を選ばない、そんなつまらない事は考えずに目の前の全てに全力をぶつける。
そんな君たちはかっこいい。



ライブが終わって片付け終わった後にね、外をねぶたの山車(だし)が通ったの。
ちょうど最後の一本道を通るところを見れたんだ。



最後の一本道まで太鼓や笛を鳴らしてみんなで声出して山車引いて。
それがすごくかっこよくてさ。


やっぱ駄目だわ。綺麗な(かっこいい)もん見てかっこいい音聴くと泣きそうになる。
昔っからそうなんだよね。なんなんだろこの感覚。
これが自分の中にある一つの感動てヤツなのかな。



前にライブでも言ったと思うんだけどさ、花火大会も同じ感じ。
花火見てあの音聞いてると泣きそうになる。



俺らが花火やねぶたの山車みたいに綺麗かどうかは分からないけどさ、自分のバンドもそうありたいって思うんだ。

最高の音楽に乗せてデッカイ音出して、カッコイイもん見せつけて、何かを感じとってもらいたい。

その思いはずっと同じ。



この日、先日はじめて叶った青森インストに続いてはじめてコドモドラゴンのライブに参戦してくれたコドラさんもいて。
でもはじめてだろうが古株だろうが、関係なくみんな全力で楽しんでるその姿を見て、それがとにかく嬉しかったよ。
絶対にまた会いに来てくれよ!!



みんながみんな本気だからこそ思う。
俺たちにはまだまだやれる事がある。て。
そう思ったならやるだけなんだ。
豊洲PIT目指して全国を駆け回るこのツア-。
今までと同じでいいわけない。



もっと一人一人に届く音楽を。
もっと一人一人をアツくさせるライブを。



刻一刻と迫るその日を前に、怖気付いてる暇はない。
コドモドラゴンの音楽、ライブを一人でも多くの仲間と共有したい。
それを叶える為に今日も明日も明後日も全力で生きるよ。俺にはそんな人生がお似合いだ。



_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4092.JPG
俺、もっと高く飛べるからね。



コドモドラゴンとコドラっていう仲間がいてくれるなら、俺はもっとやれるよ。
そう思わせてくれるみんなに感謝だ。



まだまだこのツア-は終らない。終わらせない。
今日の仙台、東北ラスト一本。
お前ら全員豊洲PIT連れてくわ!!