_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3322.JPG
おい、お前なにやってんだ。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3316.JPG
こっちだこっちだ。



新木場、Cureフェスお疲れ様でした。



とても緊張して終始口から何か出そうだった。あ゛ぁ゛ー。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3317.JPG
ワンマンツア-も佳境に差し掛かった中での大きなイベント。



コドラさんもどれだけ集まってくれるかなんて未知数の中、恐る恐るフタを開けたらたくさんの仲間が集まってくれてた。
すごく嬉しかった。



しっかし緊張が抜けない。
出た、究極のあがり症。
己龍さんのOA初日で立ったZEPP TOKYOを思い出した。



呼吸が浅くなる。
良くない良くないと自分に言い聞かせても言い聞かせてもなかなか治らない。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3325.JPG
まだまだ自分の知らない世界がたくさんあるんだ。



戦わなきゃならないフィ-ルドはまだまだある。
くそ、やる事山積みだわ。
どうなってんだこの人生。



色んなバンドを見て音を聴いて悔しく思ったり色々考えてしまうのは、自分が未熟だからだ。
だからこそ、もっとコドモドラゴンのハヤトを研ぎ澄まして行く必要がある。
追い込んでこう。それしかねぇ。



歯食いしばって戦ってんのは自分だけじゃない。
よし、やろう。



自分たちの求める音楽を掴みにいこう。





さて、今日は横浜ワンマンだ。
全て吐き出そう。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3293.JPG
柏ワンマンお疲れさん!!



前日の水戸から感じたこと、自分がどうあるべきで、何をやりたいのか、そんな事を考えて、一つずつ答えを見つけてステ-ジに立つまでになんとか整理がついた一日だった。



_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3292.JPG
フロアから帰ってくる声も大っきくて、集まった人数も多かったけど、それ以上に会場のパワ-を感じたよ。



やっぱり返ってくるものがデカいとこっちも倍返ししたくなる。
(お見舞いしてやらねば!!)て心が騒ぎ出すんだ。



そんな事を繰り返して会場内の熱はグングン上がってくんだろね。
最近ステ-ジから降りると今まで以上にヘトヘトになるよ。
いいぶつかり合いができてる証なのか。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3297.PNG
メンバ-もすごく活き活きしててさ、やっぱりそういう時の音て気持ちいいなって思うんだ。



音て不思議なもんで、全てが物理的な話じゃないと思うんだ。
気持ちの乗った音てスゲ-カッコイイし、刺さる。
楽曲にしたって、その時の自分の心境に大きく左右されるもんで、よりドラマチックに聴こえたり、よりアツくなれたり。
そんな精神論的な話もすごく含んでるものだと思ってる。
その空間がみんなで過ごすライブっていう空間だったら最高だな。と思う。



実はこの日の柏公演後「後方の段差付近でどうにもならず辛い思いをした。」との報告を受けてね。
人数が多い会場になるとよくあがる話ではあるけど、ステ-ジに立つ側からしても不可抗力とは言えど、そんな不本意なカタチで誰かのライブの思い出が台無しになるのは避けたいと思ってる自分としては、申し訳ない気持ちになった。



誰が正しいとか、誰が間違ってるとかそういう話じゃないんだろうけど。
もっともっとステ-ジに立つ者としてやれる事があるってことを気づかされてばっかりだ。
改善してかねば。



先にも述べた通り、音楽の楽しみの一つに精神論的な部分も含まれてると思うからこそ、変なストレスは少ない方がいい。
もし、その場にいるみんなの配慮でよりいい空間になるのならそうするべきだ。



セットリストを組む時からそう。
一日のセットリストを組むのに凄く時間をかけて、流れをみんなで確認して。
リハ-サルでも色んな事を想定して。
全ては最高の一日を作る為。



それを威張る気はない。
それが今の自分たちにとって当たり前の事だから。



ライブなんてもんは何があっても楽しくなきゃいけない。
楽しくないライブなんて嘘だ。



その信念を貫く為にもこれからも精進するよ。
つまらん事ぬきにして「最高だっ!!」て言葉に尽きる空間を生み出す為に。



残り少なくなってきた今ツア-。
最後まで全員が完全燃焼できる場を俺は創り出したい。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3296.JPG
前に進む以外、道はねぇ!!
進むぞ!!

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3278.JPG
どっかん。



目に見えない何かに、もがいてもがいて唄う。
叫びたいのは自分の存在意義なのか、単純なハッピ-なのか分からなくなる時がある。



唄う意味を見つけたり、唄う意味を疑ったり、ステ-ジの上って不思議な場所だ。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3275.JPG
目の前にはこれだけの光景が広がってるってのに、何を考える必要があるんだ。



コドモドラゴンの音楽がどれだけ届いてるだろうかとか。
どれだけ俺たちのメッセ-ジを感じてもらえてるだろうかとか。
それと同時に、自分たちはどれだけコドモドラゴンをみんなに伝えれているかって考えたりして。
ゴチャゴチャと面倒臭いくらいに。



音楽初めたての頃、音楽ってもっとシンプルなものだと思ってたんだ。

『それぞれが、それぞれの大好きな音楽を聴いて楽しむ』

只それだけだと思ってた。今もその考えは変わらないけど。
そんな単純な話で全てが片付くわけなくて。
でもそうありたいって今も強く願ってて。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3277.JPG
大好きなものを目の前に大人しくしてられるほど、人間賢くないはずなんだ。



ましてや爆音に包まれて、ド派手な光景が目の前に広がってたら、大人しくいられるハズがない。



そんな空間をもっと創り上げたい。
最終的な答えはシンプルでいいんだよねきっと。



その空間を作るのは楽な事じゃないけど、そこを目指して走り続けるしかない。
その先にきっと、ずっと唄い続けてきた‘‘僕らだけの世界’’がある。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3279.JPG
手を伸ばせば届く距離でぶつかり合う。



それがライブの醍醐味だって言うなら、とことんやり合おう。
そうだ。やり合おう。



もっと求めてくれりゃいい。
もしもコドモドラゴンが、ハヤト氏がヒヨってたら完膚無きまでに叩きのめしてくれればいい。
そんな事が起きない様に俺は全てを背負って先陣をきるから。



なんだこのブログ。
何かを伝えたいんだか、自分に言い聞かせてるんだかわからないね。



でもね、自分の音楽はそんなところから始まったんだ。
世間に向けて唄ってるようで、本当はずっと自分に言い聞かせて自分を保とうと必死だったのかもしれない。



もっと強くなりてーな。
誰かの心を鷲掴みするような音を鳴らしたい。



いや、やろう。やってやろう。
誰かの生きる理由になる音楽を。もっと。



自分が死ぬ気で生み出した音楽の力を信じて、正面からぶつかるしかないわ。



水戸ワンマン、自分の中では今ツア-で一番の転機になった。
ライブの事ばかり考えてたけど、改めて自分を考え直す一日になった。
MCでも話したとおり、みんながいなきゃ絶対に気付けない話なんだ。
一人で音楽やってたって、絶対に気付けなかった。



全ての答えを導き出したわけじゃないけど、まだまだ前に進まなきゃならない理由には十分だ。十分すぎる。
本当にありがとう。みんな。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3274.JPG
今日は柏ワンマン。
ハヤチルだけじゃない、集まってくれるコドラ全員に全てを捧げます。

↑このページのトップへ