ペタを返してみた!



そして、慣れない行為に戸惑ってペタしてもらってない人にまでペタしてしまった!
マンションのなんちゃらとか、お店のなんちゃらとか。











まだまだですな。










そして気になったんだけど、一日に同じ人にペタをする事は可能なのだろうか。
もし間違えて同じ人に二度ペタしてしまってたら恥ずかしい。















こっぱずかしい。

“なう”ってナンダ。
“フォロー”ってナンダ。





全く意味がチンプンカンプンだよ。





とりあえず、近々ペタってのを返してみようかと思うのだす。
気が向いた瞬間から。





ちょっとばかし、緊張するけど、頑張るどーっ。

寒い。
もうすぐ春の予定なのに。
サムイ。





昨日ミーティングから帰宅したら、トイレの電気がつけっぱなしでテンソン(右斜め下と読む)になったハヤト氏である。
エコ推奨派なハヤト氏としてあるまじき行為なのである。
アルマジロなのである。





話は変わり、先日うちのユメが



ゆ「今日ヒマですかー?」



て電話してきたから、



は「まぁ。なんで?」



と返すと、



ゆ「いやぁ、親戚からお土産で牛タンとかカマボコとかくれたけど、調理する場所も冷蔵庫もないから行こうかなって思って。」



は「…。」









みたいな話があったのよ。
便利な男、ハヤト氏。
どんな扱いだよ。





でさ、ユメは家に来るなり牛タンを焼き始めたからさ、ハヤト氏が気をきかせて


は「ご飯炊いてあげよっか?」



て言ったら、



ゆ「いや、多分なくても平気!寧ろ今すぐ食べたい。」



みたいな事を言ってくるから、まぁいいのかなぁってな感じで、ほっておいたワケ。



でね、ハヤト氏はシャワー浴び終えて腹減ったからご飯を炊いて食べようとしたらね、



ゆ「やっぱ僕も食べていいですか?」



的な言ってくるワケ。
まぁ、ハヤト氏はそうなる事をよんでいたから、



は「いーよ。」



って言ったら、



ゆ「じゃあ、いただきまーす。」



って言って卵かけご飯食べてた。
アイツはハヤト氏に幾度となくお世話になっているワケですが、一体ハヤト氏の事をどう思っているのだろうか。



気になる。
アイツが腹ペコの度にご飯を作ったり、連れてったりしてる気がする。





そろそろユメからの恩返しが来てもいい頃合いですな。















フフっ。















期待しないで待ってみよう。

↑このページのトップへ